青木野枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青木野枝
生誕 1958年
国籍 日本の旗 日本

青木 野枝(あおき のえ、1958年 - )は、東京都出身の彫刻家版画家多摩美術大学客員教授。

を媒介にした空間表現が特徴とされる。 「重量感のある彫刻とは対照的に、軽やかで繊細、流れるような彫刻で知られている」[1] また、「鉄という見た目よりもずっと重い素材を使いながら、時には藤の籠のような、また時には草花のシルエットのような重量を感じさせない彫刻を作り出している。」[2]

鉄は通常、美術用ではなく工業材料として使われるものであるが、自分で切って加工をすると新しく生まれ変わるような感覚がすごく好きと述べている。 [3]


経歴[編集]

主な作品収蔵先[編集]

主な展覧会[編集]

  • 「ユーロパリア1989ジャパン現代日本彫刻展」ミデルハイム野外彫刻美術館(ベルギー)(1989)
  • 「第1回北九州国際ビエンナーレ」(北九州)(1990)
  • 「近作展-19 青木野枝」国立国際美術館(大阪)(1995)
  • 個展「青木野枝展-軽やかな、鉄の森」目黒区美術館(東京)(2000)
  • 個展「熊と鮭に」国際芸術センター青森(青森)(2003)
  • 「越後妻有アートトリエンナーレ2003」新潟県越後妻有(2003)
  • 個展「空の水」入善町下山芸術の森 発電所美術館(富山)(2004)
  • 個展 上海美術館(中国)(2008)
  • 「瀬戸内国際芸術祭」(豊島)(2010)
  • 個展「ふりそそぐものたち」豊田市美術館、名古屋市美術館(愛知)(2012)
  • 個展「ふりそそぐものー有隣荘」大原美術館(岡山)(2013)
  • 「あいちトリエンナーレ」(愛知)(2013)
  • 「ロジカルエモーション」(スイス、ポーランド、ドイツ)(2014)

[5][6]


受賞歴[編集]

  • 第9回倫雅美術奨励賞(創作部門)受賞(1997)
  • 平成11年度(第50回)芸術選奨文部大臣新人賞(2000)
  • 第33回中原悌二郎賞優秀賞(2003)
  • 第20回記念 現代日本彫刻展下関市立美術館(植木茂記念)賞(2003)
  • 第19回 公益信託タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞(2009)
  • 第55回毎日芸術賞(2014)
  • 第40回中原悌二郎賞(2017)

[7]


脚注[編集]

  1. ^ artscapeレビュー 青木野枝”. 福住廉. 2018年3月10日閲覧。
  2. ^ 浅井俊裕 水戸芸術館現代美術センター編 『現代美術事典90s』 水戸芸術館現代美術センター、1997年、11頁。ISBN 4-943825-31-1
  3. ^ 青木野枝「溶断の向こう側に鉄の別姿を求めて」”. マウジン. 2018年3月10日閲覧。
  4. ^ “毎日芸術賞:受賞の6氏決まる 贈呈式は29日”. 毎日新聞. (2014年1月1日). http://mainichi.jp/feature/news/20140101k0000m040161000c.html 2014年8月26日閲覧。 
  5. ^ 浅井俊裕 水戸芸術館現代美術センター編 『現代美術事典90s』 水戸芸術館現代美術センター、1997年、11頁。ISBN 4-943825-31-1
  6. ^ 青木野枝 客員教授 – 多摩美術大学 彫刻学科研究室 NEWS&EXHIBITION”. 多摩美術大学 彫刻学科研究室. 2018年3月10日閲覧。
  7. ^ 青木野枝 公式ページ”. 2018年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]