岡崎乾二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡﨑乾二郎(おかざき けんじろう、1955年10月24日 - )は、日本の造形作家批評家武蔵野美術大学客員教授。夫人は詩人のぱくきょんみ

略歴[編集]

東京都出身。父親は建築家、母親は発明家。四人兄弟。渋谷区立西原小学校卒業。多摩美術大学彫刻科中退。Bゼミスクール修了。

平面・立体での両面で多彩な創作活動を展開、「ART TODAY 2002 岡﨑乾二郎展」(セゾン現代美術館)をはじめ、内外でさまざまな展覧会を開いてきている。美術領域の表現を越えても建築および景観設計、8ミリ映画「回想のヴィトゲンシュタイン」(1988)から、地域再生計画「灰塚アースワーク・プロジェクト」(1994-)にいたるまで、その活動はきわめて広範囲に及ぶ。2002年のヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展では日本館のテーマ展示「漢字文化圏における建築言語の生成」のディレクターを務めた。2007年には舞踏家トリシャ・ブラウンとのコラボレーション「I Love my robots」でも話題を呼んだ。また、主著『ルネサンス 経験の条件』(2001)のほか、編集・執筆にかかわった美術雑誌『FRAME』(第1-3号、1990-1991年)や共編著『批評空間 増刊号 モダニズムのハードコア』(1995)などは、美術の領域を超えて大きな影響をもった。『ルネサンス 経験の条件』は「歴史的な書物の誕生」[1]浅田彰によって評された。近畿大学国際人文科学研究所の活動の一環として主任ディレクターを務めた四谷アート・ステュディウムは、新しい教育・創造活動の拠点として注目されていた。

主な活動[編集]

  • 8ミリ映画「回想のヴィトゲンシュタイン
  • 美術雑誌「FRAME」(第1-3号)編集執筆
  • コンピュータ・アート・ワーク「Random Accidental Memory」
  • 「灰塚アースワーク・プロジェクト」企画制作
  • ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」日本館ディレクター(コミッショナー:磯崎新、テーマ:「漢字文化圏における建築言語の生成」)
  • 近自然公園「日回り舞台」
  • ART TODAY 2002 岡崎乾二郎(セゾン現代美術館)
  • おととい橋(羽地大橋)
  • なかつくに公園
  • 表象(2007-年刊、表象文化論学会責任編集)、01・04に討議参加
  • 小田急ロマンスカー・GSE シート張地デザイン[2]

主な著書[編集]

単著[編集]

  • 『ルネサンス 経験の条件』 筑摩書房, 2001/文藝春秋〈学藝ライブラリー〉, 2014。解説斎藤環

共著[編集]

  • 『和英対峙 現代美術演習』共著, 1989, 現代企画室
  • 『「批評空間」増刊号 モダニズムのハードコア:現代美術批評の地平』共同編著, 1995, 太田出版
  • 『現代日本文化論11 芸術と創造』共著, 1997, 岩波書店
  • 『20-21世紀 DESIGN INDEX』共著, 2000, INAX出版
  • 『必読書150 』共著, 2002, 太田出版
  • 『漢字と建築』共同編著, 2003, INAX出版
  • 『絵画の準備を!』松浦寿夫との対談, 2005, 朝日出版社
  • 『トリシャ・ブラウン―思考というモーション』共同編著, 2006, ときの忘れもの
  • 『芸術の設計―見る/作ることのアプリケーション』編著, 2007, フィルムアート社

共著による絵本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「共同討議 『ルネサンス 経験の条件』をめぐって」( 大澤真幸田中純・岡崎乾二郎・浅田彰)『批評空間』III-1, 2001.10 pp.121-162及びi-mode-critique[1]
  2. ^ “小田急電鉄の新型「ロマンスカー・GSE(70000形)」車両用シートを納入” (プレスリリース), 株式会社オカムラ, (2018年4月20日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201804203157 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]