この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

あいちトリエンナーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あいちトリエンナーレ
Aichi Triennale
中心会場の愛知芸術文化センター
イベントの種類 美術展覧会
初回開催 2010年
会場 愛知芸術文化センター
名古屋市美術館
長者町会場
納屋橋会場
東岡崎駅会場
康生会場
松本町会場
主催 あいちトリエンナーレ実行委員会
公式サイト

あいちトリエンナーレ英語: Aichi Triennale)は、愛知県2010年から3年ごとに開催されている国際芸術祭。主催はあいちトリエンナーレ実行委員会。

経緯

2007年2月4日に行われた愛知県知事選挙で再選を果たした神田真秋は、国際芸術祭の開催をマニフェストに掲げていた[1]。同年9月、2010年秋に愛知県芸術文化センターを中心に開く骨格が発表され[2]、翌2008年2月には芸術祭を3年ごとに行うトリエンナーレとすることが決定した[3]。当時の呼称は「あいち国際芸術祭」だった[4]。同年7月29日、国立美術館館長を務める建畠晢芸術監督とすることが決定した[5]。10月14日、芸術祭の名称を「あいちトリエンナーレ」とすることが決まった[6]

第1回トリエンナーレは、2010年開催に向けて準備が進められていたが、2008年秋ごろからのトヨタショックなどにともなう県内の景気後退を受けて、2009年度予算編成では3億1800万円の予算要求のうち4割がカットされる事態となった[7]。2009年3月6日、愛知県議会は総事業費を従来から3割削減した13億8000万円とし、愛知県が8億5000万円、名古屋市が2億8000万円、残りを事業収入で賄うとする議案を可決した[8]

あいちトリエンナーレ2010

納屋橋会場

概要

テーマ 都市の祝祭 Arts and Cities
会期 2010年8月21日~10月31日
会場 愛知芸術文化センター名古屋市美術館、長者町会場、納屋橋会場、
名古屋城オアシス21、中央広小路ビル、七ツ寺共同スタジオ
芸術監督 建畠晢国立国際美術館館長)
参加アーティスト 131組[9]
入場者数 57万2023人[9]
主催 あいちトリエンナーレ実行委員会、愛知芸術文化センター、名古屋市美術館

プレイベント

  • 2009年8月15日から10月25日にかけて、愛知県立芸術大学で教鞭を執り、数々の現代芸術家を教えた櫃田伸也と教え子の作品を展示する「放課後のはらっぱ -櫃田伸也とその教え子たち-」が愛知県美術館名古屋市美術館で開かれた。
  • 同年8月8日から9月23日にかけて、「うしろの正面 -アーティストたちの誠実な遊戯-」が愛知芸術文化センターで開かれた。
  • 同年10月10日から11月15日にかけて、「長者町プロジェクト2009」が長者町会場で開催された。

会場

  • メーン会場を愛知県美術館が入居する愛知芸術文化センターとし、名古屋市美術館と長者町、納屋橋の各会場で主に展示が行われた。長者町会場は、空きビルが目立つ繊維問屋街の長者町(名古屋市中区錦2丁目)の空きビルの内部や壁面を利用したもので、各所を回れるようになっていた。また、納屋橋会場は、納屋橋近くの元ボウリング場のビル(中区1丁目)を利用したもの。
  • 開催期間中は、あいちトリエンナーレ2010のラッピングをしたベロタクシーが会場間を走行しており、環境に配慮した乗り物として来場者の足となっていた。このほか、草間彌生のデザインした水玉模様のプリウス「草間の水玉プリウス」がシャトル運行に3台、アーティストの送迎に1台使われたほか、愛知芸術文化センターに1台展示された[10]

その他

あいちトリエンナーレ2013

あいちトリエンナーレ2013の最終日、松本町会場の松應寺

概要

テーマ 揺れる大地 - われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活
会期 2013年8月10日~10月27日
会場 愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、納屋橋会場、
東岡崎駅会場、康生会場、松本町会場
芸術監督 五十嵐太郎東北大学大学院工学研究科教授)
参加アーティスト 122組[16]
入場者数 約62万人[16]
主催 あいちトリエンナーレ実行委員会

プレイベント

会場

  • 長者町エリアでは、地下鉄伏見駅の入口や地下街で、台湾の打開連合設計事務所によるトリックアートが展示された[20]
  • 納屋橋エリアでは、納屋橋会場である東陽倉庫テナントビルに13名と1組(2名)、大名古屋ビルヂングに1名、計16名のアーティストの作品が展示された。

その他

  • 記録映画作家の土本典昭の『原発切抜帖』(1982年)、写真家の細江英公の『へそと原爆』(1960年)、劇作家のサミュエル・ベケットの『クワッド』(1981年)、映画監督のチャオ・イエの『ジャライノール』(2008年)など、映像作品がいくつか上映された[21][22]
  • 現代美術家のやなぎみわの演劇『ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ』、第54回岸田國士戯曲賞受賞劇作家の柴幸男の『日本の大人』などが上演された。
  • 建築家の藤森照信宮本佳明青木淳石上純也藤村龍至らが作家として参加した。
  • 前回のトリエンナーレに続いて、斉と公平太デザインの「長者町くん」が参加。週末になると長者町会場に現れ、愛嬌をふりまいた[23]
  • 最終日の2013年10月27日、岡崎市ではちょうちん行列が行われ、松本町会場の松応寺で「クロージングイベント また逢う日まで」が開催された。同イベントにはオカザえもんも参加した[24]
  • 芸術監督の五十嵐太郎が2013年度の芸術選奨新人賞芸術振興部門を受賞した。

あいちトリエンナーレ2016

岡崎公園会場(ペンタルム・ルミナリウム)

概要

テーマ 虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅 Homo Faber: A Rainbow Caravan
会期 2016年8月11日~10月23日
会場 愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、栄会場、名古屋駅会場
PLAT会場、水上ビル会場、豊橋駅前大通会場
東岡崎駅会場、康生会場、岡崎公園会場、六供会場
芸術監督 港千尋多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授)
参加アーティスト 119組
入場者数 ---
主催 あいちトリエンナーレ実行委員会

あいちトリエンナーレ2019

名鉄豊田市駅の下に設けられたインフォメーション・センター
愛知県美術館(愛知芸術文化センター内)
円頓寺商店街の会場
円頓寺商店街に設けられたインフォメーション・センター

概要

2019会場略地図
1
愛知県芸術文化センター(A)
2
名古屋市芸術創造センター(A)
3
アートラボあいち(A)
4
Live & Lounge Vio(A)
5
名古屋市美術館(N)
6
伊藤家住宅(S)
7
那古野一丁目長屋(S)
8
なごのステーション(S)
9
円頓寺銀座店舗跡(S)
10
円頓寺商店街・円頓寺本町商店街(S)
11
円頓寺駐車場(S)
12
幸円ビル(S)
13
那古野二丁目長屋(S)
14
メゾンなごの808(S)
15
なごのアジール(S)
16
ふれあい館えんどうじ(S)
17
まちなか農園えんどうじ(S)
18
なごのキャンパス体育館(S)
19
ミッドランドスクエアシネマ(S)
略地図
1
豊田市美術館
2
名鉄豊田市駅下
3
新とよパーク
4
シティプラザ
5
喜楽亭
6
豊田市民ギャラリー
7
旧豊田東高等学校
8
豊田市民文化会館
9
とよた大衆芸術センター[TPAC]
テーマ 情の時代 Taming Y/Our Passion
会期 2019年8月1日~10月14日
会場 愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、名古屋市内のまちなか(四間道円頓寺)、
豊田市豊田市美術館及び豊田市駅周辺)
芸術監督 津田大介
参加アーティスト 79組[25]
入場者数 ---
主催 あいちトリエンナーレ実行委員会

特色

2019年3月27日、芸術監督の津田大介は名古屋市内で記者会見を開き、参加する国内外79組の作家を「男女平等」に選考したと発表した[25][26]。2018年8月に東京医科大学が入試で女性が不利になるように点数操作をしていた問題が報じられたこと、さらに医療の現場から点数操作を擁護する声が上がったことに津田はショックを受けたという。「この国には荒療治が必要だ」。津田は考えを改め、それまで採用を保留していたメキシコのアーティスト、モニカ・メイヤーも入れることとした(メイヤーに対してはフェミニズムのメッセージが勝ちすぎるという意見があった)[27]

美術の世界はさまざまな男女比の偏りがあると言われる。美術館の館長の8割超は男性だが、実務を担う学芸員の6割超は女性。東京芸術大学では2018年度の入学者は女性が6割以上を占めたが、教員は男性が8割を超える。実行委員会ではこうした男女不平等の是正を目指すと称した[28]

映像プログラムでは、アレハンドロ・ホドロフスキー監督最新作の『ホドロフスキーのサイコマジック』や、空族富田克也監督最新作で、2019年のカンヌ国際映画祭批評家週間出品作の『典座 TENZO』、崔承浩が監督したドキュメンタリー映画『共犯者たち』などが上映される[29][30]

企画展「表現の不自由展・その後」の中止

プログラムの一部として企画展「表現の不自由展・その後」が2019年8月1日より開催された[31]。2015年に民間のギャラリーで開催された「表現の不自由展」では、「慰安婦」問題天皇戦争植民地支配憲法9条・政権批判などのテーマを持ち、公共の文化施設で展示不許可になった作品を展示していたが、本企画展では、それらの作品の「その後」に加え、2015年以降、新たに公立美術館などで展示不許可になった作品を展示していた[32]

しかし、8月2日には事務局に電話などで批判が集まった[33]。主催者である愛知県の発表によると、中には電話で県職員を恫喝・脅迫する者、職員の名前を聞き出してネットで誹謗中傷する者や「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」と京都アニメーション放火事件を匂わせるFAXを送付する者もいたという[33]。会場である愛知県芸術文化センターの立地自治体である名古屋市の河村たかし市長は「日本国民の心を踏みにじる行為」と展示を批判し、あいちトリエンナーレ2019実行委員会会長である大村秀章愛知県知事に対し、「適切な対応」を求める抗議文を提出した[34]

そうした中、あいちトリエンナーレ2019実行委員会は8月3日を最後に当該展示の中止を決定した[35]。これに対し、当該企画展の実行委員会のメンバーが「戦後最大の検閲事件となる」として、抗議文を発表した[36]。あいちトリエンナーレの主催者として企画展の中止を決定した大村知事は、5日の記者会見で「憲法21条違反の疑いが極めて濃厚」「憲法21条を全く理解していないと思わざるをえない」と主張し、知事宛の文書を送付した河村市長と愛知維新の会を批判した[37]。河村は作品選別経緯公開の必要性を唱えるとともに「憲法21条は何でもやってよいものではない」と反論している[38][39]。また、あいちトリエンナーレ事務局自体が報道機関に対して原稿の事前提出を要求するなどの「報道への検閲」を行っているとの告発があった[40]

8月15日、芸術監督の津田大介は、「《平和の少女像》は悪化する日韓関係を背景に、《遠近を抱えて》は、昭和天皇をコラージュした自作を焼くという表現が昭和天皇への冒涜とされ、双国のヘイトの戦場になりました。」とし、混乱を招いたことを謝罪し、展示中止を決定したことの責任は重く受け止めるとした上で、それらの展示は芸術監督として現場のリスクを減らす判断よりも不自由展実行委員会の判断を尊重したものであったと説明した[41][注釈 1] 。また、企画展に先立って2019年4月に放送されたニコニコ生放送における東浩紀との対談にて東から「(昭和)天皇が燃えたりしてるのか?」「税金でそういう展覧会するのはどうか?」との問いに「2代前なら歴史上の人物かなみたいな」「防弾チョッキ必要かも」などと発言し批判されていた件についても反省の弁を述べた[43]

企画展に対する批判の動き

麗澤大学教授の八木秀次(憲法学)が「わが国の『国民統合の象徴』である天皇の人格を汚す内容だったのは明らか」、ジャーナリストの門田隆将が「展示は明らかに日本に対するヘイトだった」などと批判した[44]

首都大学東京教授の宮台真司(社会学者、映画批評家)が、今回の問題の本質は、税金が使われて公共の場で展示される「パブリックアート」の矛盾であるところ、矛盾する二側面を両立させるには工夫が必要だが、エログロの表現が入らず特定の政治的価値に沿う作品ばかりでは、政治的対立を超えた衝撃で人をつなげず、社会の日常に媚びたパブリックアートに堕すると批判した[45]。展示中止については、警察との連携やボディーチェックなどの対処をせずに中止したトリエンナーレ実行委員会や津田芸術監督は未熟すぎると批判しつつ、民衆、芸術家と政治家の劣化を世界中にさらして終わるわけにはいかないと主張した[45]

週刊文春は、8月3日から5日まで「『慰安婦』少女像の展示に賛成ですか? 反対ですか?」とアンケート調査を行い、810人からの回答を得て、「賛成」は16.2%、「反対」は74.9%という結果であったことを発表した[46]

同年8月7日、慰安婦を表現した少女像について「大至急撤去しろや、さもなくば、うちらネットワーク民がガソリン携行缶持って館へおじゃますんで」などと記した脅迫文書をファックスで送った会社員が逮捕された[47]

同年8月14日、愛知県は、芸術祭実行委員会や県庁の各部署などに8月5~9日にかけて届いた脅迫メール770通について、県警東署に被害届を提出し、受理された[48]。脅迫メールには「県庁等にサリンとガソリンをまき散らす」「県内の小中学校、高校、保育園、幼稚園にガソリンを散布し着火する」「県庁職員らを射殺する」などと書かれていた[48]

展示中止に対する批判の動き

2019年8月5日、日本漫画家協会が声明文を公開し、暴力行為の予告により展示物が撤去されたことや、政治的な圧力ともとれる発言が見られた経緯に苦言を呈した[49]

同年8月11日、全国の憲法学者91人が共同声明を出し、河村の言動を「表現の自由の重要性について全く理解を欠いたもの」と批判した。また、菅義偉官房長官が国の助成金交付に関して「事実関係を確認、精査して適切に対応したい」と述べた8月2日の会見の発言にも言及し、「自分が気に入らないという理由だけで禁止し、抑制しようとするもの」と述べた[50]。また8月21日、京都弁護士会が会長声明を出した[51]

同年8月19日、同月16日までに日本や世界各国から集まった2万6000人余りの展示再開を求める署名が、発起人の美術家により愛知県へ提出された[52]

同年8月20日までに、あいちトリエンナーレに出展していた海外作家11組の作品が、「表現の不自由展・その後」の中止に抗議の意を示すため、展示辞退・一時中止となった[53]。海外作家らは、8月12日、抗議の声明を発表し、「私たちが検閲を受けた作家と共にあることを公に示すために、表現の不自由展が中止されている間は、私たちの作品もトリエンナーレで展示しないことを運営に要求します」と一時中止の理由を述べていた[53]

同年8月29日、日本美術家連盟が声明を発表し、美術を含む表現の多様性こそ多角的な視点から状況の変化に応じた柔軟な考え方を生み出す土壌となるとしたうえで、国民が一方向を向いたかつてと同じ轍(てつ)を踏まないためにも、表現の多様な場を守る必要があるとなどと訴えた[54][55]

本企画展で展示されていた『平和の少女像』は、元ジャーナリストのスペインの実業家が購入した[56][57]。世界各国で何らかの理由で美術館などから撤去、展示中止となった作品の一つとして、バルセロナに開館予定の"Freedom museum"(自由の博物館)に展示する予定という[56][57]

アムネスティ・インターナショナル日本は「公人による発言や匿名の脅迫者による圧力によって市民の表現の自由が侵害され続けていることに、あらためて深刻な懸念を表明する」との声明を発表した[58]

企画展の概要

「表現の不自由展・その後」に出品した作家と作品[60][61]
作家名 作品名 形態 備考
安世鴻 重重―中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」の女性たち 写真 日本敗戦後、中国に置き去りにされた朝鮮人の日本軍「慰安婦」被害者たちを収め、韓国伝統韓紙ハンシに焼きつけられたモノクロ写真(公式サイト)[62]
大浦信行 遠近を抱えて PartII 版画・映像 富山県立近代美術館による大浦の作品の焼却を彷彿させるシーンがある(公式サイト)[63]昭和天皇御真影を大写しにして、ガスバーナーで燃やし、燃え残りの灰を足で踏みつぶす映像(産経新聞)[44]
大橋藍 アルバイト先の香港式中華料理店の社長から「オレ、中国のもの食わないから。」と言われて頂いた、厨房で働く香港出身のKさんからのお土産のお菓子 テキスト・菓子
岡本光博 落米のおそれあり 絵画
キム・ソギョン
キム・ウンソン
平和の少女像 造形 旧日本軍の慰安婦を象徴する少女像[61]
(非公開) 9条俳句 色紙
小泉明郎 空気 #1 絵画
嶋田美子 焼かれるべき絵 / 焼いたもの 版画・写真 昭和天皇の御真影の顔を剥落した銅版画加工[44]。「顔の剥落により、この像は誰でもないという匿名性も帯びる。戦争責任を天皇という特定の人物だけではなく、日本人一般に広げる意味合いが生まれる」(公式サイト)[64]
白川昌生 群馬県朝鮮人強制連行追悼碑 造形
趙延修 償わなければならないこと 絵画
Chim↑Pom 気合100連発 映像
中垣克久
時代ときの肖像―絶滅危惧種 idiot JAPONICA 円墳―
造形0
永幡幸司 福島サウンドスケープ 映像
藤江民 Tami Fujie 1986 work 版画
マネキンフラッシュモブ パフォーマンス 映像
横尾忠則 ラッピング電車の第五条案「ターザン」 写真
横尾忠則 暗黒舞踏派ガルメラ商会 版画

脚注

  1. ^ 「中日新聞」 2007年2月21日朝刊、県内総合 19頁
  2. ^ 「中日新聞」 2007年9月26日朝刊、県内版 22頁
  3. ^ 「中日新聞」 2008年2月27日夕刊、1面岐阜 1頁
  4. ^ 「中日新聞」 2008年3月22日朝刊、県内版 24頁
  5. ^ 「中日新聞」 2008年7月30日、朝刊三社 25頁
  6. ^ 「中日新聞」 2008年10月15日、朝刊県内版 18頁
  7. ^ 「中日新聞」 2009年1月15日、朝刊県内版 18頁
  8. ^ 「中日新聞」 2009年2月7日、朝刊県内版 24頁
  9. ^ a b c 「中日新聞」 2010年11月1日、朝刊二社 28頁
  10. ^ 「中日新聞」 2010年8月4日、夕刊二社 10頁
  11. ^ 「中日新聞」 2010年5月7日、朝刊県内版 20頁
  12. ^ “入場者50万人突破 トリエンナーレ、目標大幅に上回る”. 中日新聞 CHUNICHI Web (中日新聞社). (2010年10月27日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20101027/CK2010102702000095.html [リンク切れ]
  13. ^ 「中日新聞」 2010年9月24日、夕刊ニ社 12頁
  14. ^ アーティスト - パフォーミング・アーツあいちトリエンナーレ2010公式サイト
  15. ^ 映像プログラムの上映スケジュールあいちトリエンナーレ2010公式サイト
  16. ^ a b “MAINICHI芸術食堂:あいちトリエンナーレ2013評 アート通じ社会考え /愛知”. 毎日新聞. (2013年11月6日). http://mainichi.jp/feature/news/20131106ddlk23040120000c.html 2013年12月13日閲覧。 
  17. ^ 斉と公平太 Kouheita Saitoあいちトリエンナーレ2010公式サイト
  18. ^ 現代美術作家が生み出した、白と黒のパブリック・アート!?「オカザえもん」とは何なのか?Special Interview : 斉と公平太WEBマガジン「LIVERARY」
  19. ^ ニュース あいちトリエンナーレ2013プレイベント「オープンアーキテクチャー」の参加者募集!!あいちトリエンナーレ2013公式サイト
  20. ^ アーティスト 打開連合設計事務所あいちトリエンナーレ2013公式サイト
  21. ^ あいちトリエンナーレ2013 映像プログラムあいちトリエンナーレ2013公式サイト
  22. ^ ニュース 映像プログラムの上映スケジュールが決定しましたあいちトリエンナーレ2013公式サイト
  23. ^ “62万人が訪れた「あいちトリエンナーレ2013」閉幕。オカザえもんのセンパイ「長者町くん」”. コロカル(マガジンハウス. (2013年10月28日). http://colocal.jp/news/25518.html 2013年12月19日閲覧。 
  24. ^ “「あいちトリエンナーレ」閉幕-岡崎はちょうちん行列、松本町会場でフィナーレ”. 岡崎経済新聞. (2013年10月28日). http://okazaki.keizai.biz/headline/999/ 2013年12月13日閲覧。 
  25. ^ a b 山田泰生 (2019年3月27日). “あいちトリエンナーレ、国内外79組の作家を「男女平等」に選考 芸術監督・津田大介さん”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20190327/k00/00m/040/343000c 2019年4月18日閲覧。 
  26. ^ 千葉恵理子、伊藤恵里奈 (2019年4月2日). “あいちトリエンにも#MeTooの潮流 作家男女半々に”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM3W53MCM3WOIPE01J.html 2019年4月18日閲覧。 
  27. ^ 中村かさね (2019年3月27日). “「あいちトリエンナーレ2019」でジェンダー平等が実現 芸術監督の津田大介さんのこだわりの理由とは”. ハフポスト. https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5c9ab498e4b08c450ccd7da6 2019年4月18日閲覧。 
  28. ^ “あいちトリエンナーレ「男女平等」 均等に作家招待”. 中日新聞. (2019年3月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019032702000055.html 2019年4月18日閲覧。 
  29. ^ “ホドロフスキー最新作、空族「典座」など15作品 あいちトリエンナーレ映像プログラム”. 映画.com. (2019年7月31日). https://eiga.com/news/20190731/9/ 2019年8月1日閲覧。 
  30. ^ チェ・スンホ(A82) | あいちトリエンナーレ2019
  31. ^ 時事通信社. “「表現の不自由展」で少女像も=「あいちトリエンナーレ」開幕”. https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080100983 
  32. ^ Aichi Triennale Organizing Committee, 表現の不自由展・その後, https://aichitriennale.jp/artist/after-freedom-of-expression.html 
  33. ^ a b “表現の不自由展”中止へ。大村知事、京アニ放火事件を意識したことも明かす【あいちトリエンナーレ】”. ハフポスト (2019年8月3日). 2019年8月4日閲覧。
  34. ^ “「表現の自由は日本の民主主義の根幹」大村知事一問一答”. 朝日新聞デジタル. (2019年8月6日). https://www.asahi.com/articles/ASM854H8QM85OIPE00T.html 2019年8月10日閲覧。 
  35. ^ “「表現の不自由展」中止に 少女像作品めぐり抗議が殺到”. 朝日新聞デジタル. (2019年8月3日). https://www.asahi.com/articles/ASM833DC1M83OIPE003.html 2019年8月3日閲覧。 
  36. ^ 表現の不自由展、中止に実行委が抗議「戦後最大の検閲」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2019年8月4日閲覧。
  37. ^ 大村知事「河村市長の主張は憲法違反の疑いが極めて濃厚」…県には”京アニ放火”に言及した脅迫メールも”. AbemaTimes. 2019年8月5日閲覧。
  38. ^ 河村たかし市長「展示は良いと堂々と言って」 大村知事に反発”. ハフポスト (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
  39. ^ 大村氏「行政に限界」、少女像展示中止 河村氏には反論”. 日本経済新聞. 2019年8月5日閲覧。
  40. ^ 「表現の不自由」あいちトリエンナーレが「報道検閲」”. ソーシャル・イノベーション・マガジン!「オルタナ」. 2019年8月6日閲覧。
  41. ^ 津田大介@tsuda 2019年8月15日twitter[1]
  42. ^ 「週刊新潮」2019年8月15・22日号。
  43. ^ 「どんな批判も甘んじて受け入れる」 津田大介氏が「お詫び」と「報告」 2019年08月16日 ハフポスト
  44. ^ a b c 不自由展、作品に「不快」批判 天皇肖像燃やす表現 来場者「悪意に満ちていた」 愛知の芸術祭、企画展中止 2019.8.10 産経新聞
  45. ^ a b 尾沢智史 (2019年8月9日). “宮台真司さん「津田大介氏は未熟過ぎ、騒動は良い機会」”. 朝日新聞デジタル. 2019年8月25日閲覧。
  46. ^ 74%が反対「慰安婦少女像」の芸術祭展示問題アンケート結果発表 2019年8月5日 週刊文春
  47. ^ 田中恭太、山本知佳 (2019年8月8日). “表現の不自由展に脅迫ファクス送った疑い、会社員を逮捕”. 朝日新聞デジタル. 2019年8月15日閲覧。
  48. ^ a b 竹田直人 (2019年8月14日). “「サリンとガソリンをまき散らす」など脅迫メール770通、愛知県が被害届提出 「表現の不自由展」巡り”. 毎日新聞. 2019年8月15日閲覧。
  49. ^ 「表現の不自由展・その後」の中止をめぐり日本漫画家協会が声明文 表現の自由の大切さ強調”. exciteニュース (2019年8月6日). 2019年8月23日閲覧。
  50. ^ “憲法学者91人、河村市長らの言動批判 表現の不自由展”. 朝日新聞. (2019年8月13日). https://www.asahi.com/articles/ASM8F5FDHM8FOIPE01H.html 2019年8月13日閲覧。 
  51. ^ 声明 「表現の不自由展・その後」展示中止に関する会長声明(2019年8月21日)”. 京都弁護士会 (2019年8月21日). 2019年8月23日閲覧。
  52. ^ トリエンナーレ 少女像など展示再開求め2万6000余署名提出”. NHK (2019年8月19日). 2019年8月21日閲覧。
  53. ^ a b 冨田すみれ子 (2019年8月20日). “展示一時中止・辞退となったトリエンナーレ11作品のその後。作品の一部を破ったり新聞で覆って抗議も”. BuzzFeed News. 2019年8月24日閲覧。
  54. ^ 企画展中止に美術家連盟声明「表現の多様な場守る必要」”. 朝日新聞 (2019年8月29日). 2019年8月30日閲覧。
  55. ^ 声明「あいちトリエンナーレ2019・「表現の不自由展・その後」の中止について」[2019.08.29]”. 日本美術家連盟 (2019年8月29日). 2019年8月30日閲覧。
  56. ^ a b 冨田すみれ子 (2019年8月15日). “トリエンナーレの少女像、スペインの実業家が購入 バルセロナで撤去された作品集め博物館開館へ”. BuzzFeed News. 2019年8月15日閲覧。
  57. ^ a b Andrés González (2019年8月14日). “Statue of 'comfort women' pulled from Japan exhibit finds new home”. Reuters. 2019年8月15日閲覧。
  58. ^ 日本:戦時性暴力の被害女性たちの歴史と人権をテーマとする表現への攻撃が続いていることに深刻な懸念”. アムネスティ・インターナショナル. 2019年9月17日閲覧。
  59. ^ 表現の不自由展、中止に実行委が抗議「戦後最大の検閲」朝日新聞 DIGITAL
  60. ^ 「中日新聞」 2019年8月4日、朝刊 1頁
  61. ^ a b 表現の不自由展、中止 あいちトリエンナーレ(2019年8月4日朝刊一面)”. 中日新聞 (2019年8月4日). 2019年8月19日閲覧。
  62. ^ 安世鴻”. 表現の不自由展・その後. 表現の不自由展・その後実行委員会. 2019年8月24日閲覧。
  63. ^ 大浦信行”. 表現の不自由展・その後. 2019年8月24日閲覧。
  64. ^ 嶋田美子”. 表現の不自由展・その後. 2019年8月24日閲覧。
[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 一方で週刊新潮の取材によると、「『御影焼却』映像の作家・大浦信行」は、作品を津田に見せたところ「ぜひ出品して欲しい」と言われ、「天皇燃えてますね!」なんて津田は笑っていましたと述べたことが伝えられている[42]

参考文献

  • 各会期ごとに発行の公式ガイドブック及び開催報告書など
  • 吉田隆之 『トリエンナーレはなにをめざすのか 都市型芸術祭の意義と展望』 水曜社(文化とまちづくり叢書)、2015年8月(ISBN 978-4880653648

外部リンク