尾上菊五郎 (7代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しちだいめ おのえ きくごろう
七代目 尾上菊五郎
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏 Kasane Ōgi ni Daki Gashiwa inverted 3.png
生年月日 (1942-10-02) 1942年10月2日(76歳)
本名 寺島秀幸
襲名歴 1. 五代目尾上丑之助
2. 四代目尾上菊之助
3. 七代目尾上菊五郎
出身地 日本の旗 日本 東京府
七代目尾上梅幸
富司純子(女優)
寺島しのぶ(女優)
五代目尾上菊之助
当たり役
青砥稿花紅彩画』の弁天小僧菊之助
京鹿子娘道成寺』の白拍子花子

七代目 尾上菊五郎(しちだいめ おのえ きくごろう、1942年10月2日 - )は、日本の歌舞伎役者。歌舞伎名跡尾上菊五郎」の当代。屋号音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)。

本名は寺島 秀幸(てらしま ひでゆき)。妻は富司純子、長女は寺島しのぶ、長男は五代目尾上菊之助

来歴・人物[編集]

20代の菊之助時代に三之助の一人として人気を博した。またその端整な顔立ちから、NHK大河ドラマ源義経』(1966/昭和41年)を当時最年少で主演した。静御前に扮した藤純子とはこの共演を縁に、後に結婚した。かつては女形中心だったが、年を増すごとに男っぽさが強くなり、立役中心となった。後述の人間国宝も歌舞伎立役として認定されている。

現代歌舞伎のスターにして、お家芸世話物を得意とし、特に江戸っ子の小悪党をやらせたら、右に出る者はいないとまでいわれるほどである。「尾上菊五郎劇団」を主宰して江戸歌舞伎の世話物を今日に伝えることをライフワークとしている。

年譜[編集]

受賞歴[編集]

職歴[編集]

  • 1971年 社団法人日本俳優協会幹事
  • 1977年 社団法人日本俳優協会評議員
  • 1985年 社団法人日本俳優協会理事
  • 1997年 社団法人日本俳優協会常任理事
  • 1999年 社団法人伝統歌舞伎保存会財務理事
  • 2003年 社団法人日本俳優協会専務理事
  • 2009年 社団法人伝統歌舞伎保存会専務理事(現職)
  • 2012年 公益社団法人日本俳優協会理事長(現職)

主な出演作[編集]

歌舞伎[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • わかもと製薬『強力わかもと』 妻・純子、長女・しのぶと出演。
  • ライオン『ホワイトアンドホワイト(歯磨き)』 一家全員で出演。

映画[編集]

尾上菊五郎劇団[編集]

1949年7月に六世尾上菊五郎が死去したのち、菊五郎を座長として公演していた歌舞伎役者が尾上菊五郎劇団の名前での公演を開始した。2015年現在、七代目尾上菊五郎が主宰している。最近では2015年1月に国立劇場で『通し狂言 南総里見八犬伝』を上演した。

脚注[編集]

  1. ^ 尾上菊五郎が体調不良で歌舞伎座休演 今後は未定”. 日刊スポーツ (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  2. ^ “体調不良で休演の尾上菊五郎、舞台復帰へ”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年3月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160312/geo16031210260016-n1.html 2016年3月12日閲覧。 
  3. ^ 『朝日新聞』1987年3月28日(東京本社発行)朝刊、26頁。
  4. ^ NHK放送文化賞に尾上菊五郎、津川雅彦ら6人”. スポニチアネックス (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  5. ^ 妻の富司純子と娘の寺島しのぶとは劇中でも家族を演じた。

外部リンク[編集]