石井ふく子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしい ふくこ
石井 ふく子
本名 石井 ふく子
生年月日 (1926-09-01) 1926年9月1日(92歳)
出生地 東京府東京市下谷区[1]
(現・東京都台東区下谷
国籍 日本の旗 日本
血液型 A[2]
職業 テレビプロデューサー
演出家
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1961年 -
活動内容 テレビドラマのプロデュース、
舞台演出
著名な家族 伊志井寛(継父)
三升延(母)
主な作品
プロデュースした作品
女と味噌汁
肝っ玉かあさん
ありがとう

渡る世間は鬼ばかり
他多数

石井 ふく子(いしい ふくこ、1926年9月1日 - )は、日本テレビプロデューサー、舞台演出家。東京府東京市下谷区[1](現・東京都台東区下谷)出身。TBSテレビプロデューサー。

来歴・人物[編集]

母は分川本の君鶴と呼ばれた芸者小唄家元になった三升延である。父は劇団新派俳優伊志井寛だが、義父戸籍血縁ともに関係がない。母の三升延が前夫の間に儲けて実祖母の子として届けた連れ子で、伊志井が三升と結婚の際に石井の入籍を拒否したため、のちの三升が養子として迎えた。「戸籍上は伊志井は母である三升の夫であり、石井の父では無い[3]」と、著書「想い出かくれんぼ」で記している。伊志井の没後に遺産の分配を求めて伊志井が認知した実子と騒動するも、継子であるふく子に相続権は存在せずに和解し、のちに「20年以上経過してもなお、母と共に受けた屈辱として、その騒動のことを忘れていない[3]」と前著書で記している。

東京女子経済専門学校を卒業後に、新東宝女優などを経て、1950年日本電建へ入社して宣伝部で務める。1961年TBSテレビへ入社。

プロデューサーとして『肝っ玉かあさん』『ありがとう』を筆頭に、『女と味噌汁』「カミさんと私」「おんなの家」「ぼくの妹に」「はじめまして」「家族」「」「」「」「出逢い」など、数々のホームドラマをヒットさせる(特に脚本家で盟友の橋田壽賀子と協業する「渡る世間は鬼ばかり」は、およそ26年以上も継続される長寿番組として知名度が高い)。

赤木春恵淡島千景山田五十鈴森光子杉村春子山村聰一路真輝熊谷真実長山藍子泉ピン子中田喜子野村真美藤田朋子乙羽信子山岡久乃奈良岡朋子京塚昌子香川京子河内桃子佐藤英夫草笛光子池内淳子若尾文子藤岡琢也宇津井健佐久間良子大空眞弓石坂浩二三田佳子佐良直美吉永小百合波乃久里子大原麗子井上順前田吟岡本信人角野卓造沢田雅美高島礼子音無美紀子東てる美松坂慶子竹下景子坂口良子松村雄基などを起用し、「石井ファミリー」「石井組」などと巷伝される。坂上忍伊藤淳史えなりかずきらは、子役当時より着目していた。

橋田とは公私に渡り間柄が長く、橋田と元TBSテレビプロデューサー岩崎嘉一の結婚に携わり、石井をモデルにして『春よ、来い』の花井涼子役は描かれた。

橋田の作品に大きく影響するほどの親交があり、石井ファミリーと橋田ドラマの常連俳優は、事実上同じである

1974年にTBSを退社後、「TBS専属のフリーランスプロデューサー」の立場[3][4]だったが、2000年代以降は「想いでかくれんぼ」(2000年)、「夫婦」(2006年)、「結婚」(2009年)など、橋田壽賀子脚本・渡哲也主演のスペシャルドラマをテレビ朝日で手掛けている。

1968年11月の新派公演「なつかしい顔」(新橋演舞場)から舞台の演出を手掛けるようになり、以来足掛け40年に渡り386作品を演出。近年は舞台作品の演出が活動の中心になっている。義父の伊志井寛との関係から劇団新派との関わりが深く、京塚昌子を筆頭に新派出身の役者を多く自身のドラマや舞台に起用し、また新派公演の演出も度々担当している。劇場は、名鉄ホール芸術座新橋演舞場明治座帝国劇場飛天近鉄劇場松竹座博多座御園座中日劇場日生劇場ル テアトル銀座・大阪新歌舞伎座・京都南座新宿コマ劇場三越劇場などで演出実績がある。

長年の活動により、過去に3度ギネス世界記録に認定されている[2]1985年に「テレビ番組最多プロデュース」(1,007本)、2014年に87歳342日の「世界最高齢の現役テレビプロデューサー」、2015年に舞台初演作演出本数183作品)。

2014年4月より淑徳大学人文学部表現学科客員教授に就任。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台演出[編集]

  • なつかしい顔(1968年 新橋演舞場 舞台初演出 出演:伊志井寛、水谷良重)
  • 春秋めおと囃子(1973年 名鉄ホール 出演:中村玉緒、長門裕之)
  • 夏のふたり(1976年 御園座 出演:林与一、小川知子)
  • 秋のかげろう(1977年 名鉄ホール 出演:林与一、長山藍子)
  • 花の巴里の橘や(1978年 帝国劇場 京マチ子主演)
  • 花の三角野郎(1980年 名鉄ホール 若山富三郎主演)
  • 幸福(1985年 名鉄ホール 出演:芦田伸介、山岡久乃、沢田雅美、石野真子、広岡瞬)
  • 花のこころ(1986年 帝国劇場 池内淳子主演)
  • お嫁に行きたい!!(1987年 芸術座 池内淳子主演)
  • 春日局(1989年 帝国劇場 佐久間良子主演)
  • 男を金にする女(1991年 芸術座 大原麗子主演)
  • 品川心中(1993年 日生劇場 大原麗子主演)
  • お夏狂乱(1994年 帝国劇場 大原麗子主演)
  • お美津(1995年 新宿コマ劇場 水前寺清子主演)
  • あさき夢みし(1997年 帝国劇場 泉ピン子主演)
  • 規子と弓代(1999年 名鉄ホール 坂口良子主演)
  • 男を金にする女(2000年 南座 古手川祐子主演)
  • 空のかあさま(2001年 芸術座 斉藤由貴主演)
  • 初蕾(2004年 芸術座 京野ことみ主演)
  • 初蕾(2004年 南座 高橋恵子主演)
  • 男を金にする女(2004年 名鉄ホール 竹下景子主演)
  • 娘よ(2005年 ル テアトル銀座 一路真輝主演)
  • 喜和(2005年 名鉄ホール 三田佳子主演)
  • 京紅ものがたり(2006年 新橋演舞場 十朱幸代主演)
  • 忠臣蔵 いのち燃ゆる時(2007年 明治座 松平健主演)
  • 御いのち(2008年 御園座 竹下景子主演)
  • 華々しき一族(2008年 ル テアトル銀座 若尾文子主演)
  • おしん(2009年 御園座 出演:小林綾子、長山藍子)
  • 女の人指し指(2011年 名鉄ホール 若尾文子主演)
  • 女たちの忠臣蔵(2012年 明治座 高島礼子主演)
  • 花嫁2016年 三越劇場 湘南台文化センター市民シアター 高橋惠子 西郷輝彦主演)向田邦子没後35周年 [5]
  • 君はどこにいるの(2017年2月、三越劇場、新歌舞伎座 出演:一路真輝、西郷輝彦、竹下景子[6]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • 離婚・ぼくんちの場合(1983年 TBS 大原麗子主演)
  • おんなは一生懸命(最終回のみに出演)(1988年 TBS 泉ピン子主演)
  • おんなの家(1993年 TBS 杉村春子主演)(東芝日曜劇場が単発ドラマとして最後を迎え、ラストシーンに登場する)
  • 特別対談番組「吉永小百合 石井ふく子 34年の絆」〜山本周五郎生誕100年記念によせて〜 (2003年 TBS)

映画[編集]

受賞・受章歴[編集]

石井ふく子を演じた女優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ms Wendy in This Month 注目の人 プロデューサー/石井ふく子さん”. 月刊ウェンディ(Wendy). 合人社グループ出版局 (2011年4月15日). 2015年9月6日閲覧。→アーカイブ→PDF版(PP.1 - 2)
  2. ^ a b “石井ふく子さん、「最多舞台演出本数」で自身3つ目ギネス記録(全2頁中2頁目)”. SANSPO.COM(サンスポ). (2015年8月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150830/geo15083005030005-n2.html 2015年9月6日閲覧。 《→アーカイブ(P1P2)》
  3. ^ a b c 石井ふく子著「想い出かくれんぼ」1993年・集英社
  4. ^ 経緯は読売新聞・2015年1月29日付け朝刊に掲載されたインタビュー記事「時代の証言者」で述べている。父の死後、相続税の支払いに大金が必要となり、他局でプロデューサーを務めようとするもTBSの社長に怒られたが、大金が必要だと説明するとTBSが用立てることになった。社員に大金を貸与することは難しく、退社後にTBSの専属になり多額の契約金を受け取る経緯とした。大金を前渡しするために「退職+専属契約」とした。
  5. ^ http://www.ints.co.jp/hanayome2016/
  6. ^ “一路真輝と西郷輝彦がいたわり合う父娘に「君はどこにいるの」演出は石井ふく子”. ステージナタリー. (2016年9月22日). http://natalie.mu/stage/news/202677 2016年9月23日閲覧。 
  7. ^ 【追悼2015】女優・原節子さん 最期まで貫いた伝説 生涯独身 隠とん生活 スポーツ報知 2015年12月30日
  8. ^ 第8回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月13日閲覧。
  9. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]