植草克秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
植草克秀
出生名 植草克秀
別名 カッちゃん
出生 1966年7月24日(49歳)
出身地 日本の旗 日本,千葉県千葉市中央区
学歴 明治大学付属中野高等学校定時制中退
ジャンル J-POP
職業 歌手俳優
担当楽器
活動期間 1980年 - 現在
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
1985年 - 1992年
ポニーキャニオン
1993年 - 1996年
ジャニーズ・エンタテイメント
1997年 - 現在)
事務所 ジャニーズ事務所
共同作業者 少年隊

植草 克秀(うえくさ かつひで、1966年7月24日[1] - )は、ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループ少年隊」のメンバー千葉県千葉市[2]中央区[要出典]出身。愛称はカッちゃん血液型・O型[1]身長170cm。1980年2月に事務所に入所[2]

2児(兄妹)の父であり(2010年12月に離婚、親権は妻が持つ[3])、息子は元ジャニーズJr.俳優樋口裕太[注釈 1]。少年隊でのイメージカラーは黄色。

人物・来歴[編集]

千葉市立葛城中学校卒業。東京学館浦安高等学校から明治大学付属中野高等学校定時制へ転入、のちに中退。[要出典]

1985年、錦織一清東山紀之とともに少年隊のメンバーとして『仮面舞踏会』でレコードデビュー[2]

1988年、PLAYZONE88カプリッチョにて初主演。1989年、PLAYZONE89Againにて2年連続主演。

1994年7月24日に元モデルと入籍を発表したが、2010年12月上旬に離婚。植草自身が12月22日発売の女性誌のインタビューで明かした[4]。2013年10月に2歳年下の女性と再婚し、同月に女児が誕生している[3]

趣味は釣りレーシングカート

エピソード[編集]

  • ダンスが不得手であったため、『PLAYZONE』が始まったころよく居残りレッスンをさせられていた。
  • 1987年事故で骨折したために、PLAYZONE'87 TIME-19 の公演を3日間休んだ。
  • 1993年放送『さすらい刑事旅情編VI』の北海道を舞台にした第11話、地獄谷温泉噴出池でのロケ中に遊歩道を踏み外し、足に大火傷を負って入院生活を余儀なくされた。仕事復帰後も暫くの間は車椅子を使用する場面も見られた。入院の際に甲斐甲斐しく身の回りの世話をしてくれた、交際していた女性との結婚の意志を固めた時期であるという。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカルアドベンチャー『ザ・サスケ』(1985年4月 - 5月・梅田コマ劇場) - 田黄三郎 役
  • 少年隊ミュージカル PLAYZONEシリーズ(1986年 - 2008年・青山劇場、1988年 - 2005年・大阪フェスティバルホール、1989年愛知厚生年金会館、2007年 - 2008年梅田芸術劇場
  • 藤十郎とお梶(1989年10月・日生劇場) - 坂田織部 役
  • かたき同志(1995年5月・芸術座) - 清太郎 役
  • 渡る世間は鬼ばかりシリーズ - 本間英作 役
    • 渡る世間は鬼ばかり(1999年5月・芸術座)
    • 渡る世間は鬼ばかり=21世紀版=(2002年1月 - 2月・芸術座)
    • 渡る世間は鬼ばかり(2006年1月・明治座
  • ワンス・アポン・ァ・マットレス(2000年11月・青山劇場) - プリンス・ドーントレス 役
  • 簪マチ子(2003年9-10月・芸術座) - 桜井刑事 役
  • 女たちの忠臣蔵(2006年9月・明治座、11月・名鉄ホール) - 大石瀬左衛門 役
  • Endless SHOCK帝国劇場) - オーナー・ウエクサ 役[2] ※特別出演
    • 2009年2月5日 - 3月30日
    • 2010年2月14日 - 3月30日、7月4日 - 7月31日
    • 2011年2月5日 - 3月31日
    • 2012年1月7日 - 1月31日(博多座)、2月7日 - 4月30日(帝国劇場)
    • 2015年9月18日 - 9月30日(梅田芸術劇場)、10月7日 - 31日(博多座) - 途中降板の前田美波里に代わり急遽出演決定[7]
  • シー・ラヴズ・ミー(2009年12月12日 - 2010年1月31日・シアタークリエ) - スティーブン・コダリー 役※特別出演
  • 33の変奏曲(2010年10月8日-10月31日・ル テアトル銀座 by PARCO、11月4日 - 11月7日・シアター・ドラマシティ) - マイク・クラーク 役
  • 朗読劇「ラヴ・レターズ」(2011年11月24日・PARCO劇場
  • ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜(2013年1月6日 - 13日・青山劇場、1月26日・梅田芸術劇場メインホール) - 主演・伊藤博文 役[8]
  • 40カラット(2013年9月2日 - 15日・大阪松竹座、9月18日 - 24日・東京芸術劇場プレイハウス) - ビリー 役[9]

ラジオ[編集]

  • 植草克秀の冒険ロフト (文化放送
  • 植草克秀のSOUND CALL (文化放送)

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 長男の植草裕太(樋口 裕太)がジャニーズ事務所に入り、同グループ主演ミュージカル『PLAYZONE2007』で俳優デビューした。

出典[編集]

  1. ^ a b Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2015年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e 植草克秀 (2012年3月29日). 【植草克秀】顔のシワを大切に生きる!ミュージカルで好演. インタビュアー:やなぎ喬. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20120329/peo1203290733000-n1.htm 2015年6月11日閲覧。 
  3. ^ a b “植草克秀昨年10月に再婚、女児誕生していた”. Sponichi Annex. (2014年4月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/15/kiji/K20140415007978090.html 2015年6月11日閲覧。 
  4. ^ 少年隊・植草克秀 離婚の原因は「ひと言では説明できない」Newsポストセブン(小学館)
  5. ^ “植草刑事、死す…「はぐれ刑事―」復活の特別編で”. スポーツ報知. (2006年12月20日). オリジナル2007年1月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070123022814/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20061220-OHT1T00063.htm 2015年6月11日閲覧。 
  6. ^ 植草克秀さんが「真夜中のパン屋さん」にゲスト出演!”. NHK ONLINE. NHK (2013年5月22日). 2015年6月11日閲覧。
  7. ^ “前田美波里 骨折で堂本光一の主演舞台休演 植草克秀が代役に”. Sponichi Annex. (2015年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/17/kiji/K20150917011154710.html 2015年9月18日閲覧。 
  8. ^ クランクイン! (2012年12月22日). “少年隊、植草克秀座長の舞台の公開稽古で、紫吹淳が来年の結婚を宣言!?”. ハリウッドチャンネル株式会社. 2013年7月17日閲覧。
  9. ^ “薮宏太、植草克秀が大地真央にメロメロ「恋してしまう」”. Sponichi Annex. (2013年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/19/kiji/K20130919006645900.html 2015年6月11日閲覧。 

関連項目[編集]