間違えられた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
間違えられた男
The Wrong Man
The-Wrong-Man-poster.jpg
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 マクスウェル・アンダーソン
アンガス・マクファイル
原作 マクスウェル・アンダーソン
出演者 ヘンリー・フォンダ
ヴェラ・マイルズ
音楽 バーナード・ハーマン
撮影 ロバート・バークス
編集 ジョージ・トマシーニ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年12月23日
日本の旗 1957年6月19日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $1,200,000
テンプレートを表示

間違えられた男』(まちがえられたおとこ、The Wrong Man)は、1956年アメリカ合衆国の映画

ストーリー[編集]

ニューヨークのクラブで働くミュージシャンのマニーは、妻ローズと共に貧しい生活を送っていた。妻のために歯の治療費を借りようと、マニーはローズの保険証書を持って保険会社のオフィスを訪ねる。しかし、そのオフィスに2度も強盗に入った男にマニーがそっくりだったため、警察により連行されてしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

ヒッチコックの登場シーン[編集]

Alfred Hitchcock's The Wrong Man trailer 01.png

本作では、冒頭のスタジオでライトを背に浴びながら登場する。いつもなら、作品内でユーモラスに登場しているが、本作は内容が非常にシリアスであるために、『これは、実際に起こった出来事を基にした映画です』と珍しく生真面目に語っている。

備考[編集]

  • ゴルゴ13』には『間違われた男』というタイトルのシナリオがある。
  • 古畑任三郎』に「間違えられた男」というサブタイトルのエピソードがある。
  • 金曜エンタテイメント』で1993年11月に、片岡鶴太郎の主演ドラマ『間違えられた男』が放送された。内容は現代の日本において、クリーニング店を経営している主人公が大手クリーニング店の進出で経営が苦しくなり、金策に走る途中で信用金庫を襲った強盗犯に間違えられ、さらにもう一件の強盗事件の犯人として警察から追及されるが、犯行が起こった2か月前の当日には妻子に知られたくない秘密があるがために、無実を叫ぼうにも警察やマスコミから信じてもらえない中、妻は主人公を救うべくかつて自分に求愛した弁護士に助けを求めるというものである。

外部リンク[編集]