間違えられた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
間違えられた男
The Wrong Man
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 マクスウェル・アンダーソン
アンガス・マクファイル
原作 マクスウェル・アンダーソン
出演者 ヘンリー・フォンダ
ヴェラ・マイルズ
音楽 バーナード・ハーマン
撮影 ロバート・バークス
編集 ジョージ・トマシーニ
配給 ワーナーブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年12月23日
日本の旗 1957年6月19日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $1,200,000
テンプレートを表示

間違えられた男』(まちがえられたおとこ、The Wrong Man)は、1956年アメリカ合衆国の映画

ストーリー[編集]

ニューヨークのクラブで働くミュージシャンのマニーは、妻ローズと共に貧しい生活を送っていた。妻のために歯の治療費を借りようと、マニーはローズの保険証書を持って保険会社のオフィスを訪ねる。しかし、そのオフィスに2度も強盗に入った男にマニーがそっくりだったため、警察により連行されてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マニー ヘンリー・フォンダ 小山田宗徳
ローズ ヴェラ・マイルズ 真山知子
フランク・オコーナー アンソニー・クエイル 仁内建之
バワーズ ハロルド・J・ストーン
ジーン・コンフォーティ ネヘマイア・パーソフ 内海賢二
チューズデイ・ウェルド

ヒッチコックの登場シーン[編集]

本作では、冒頭のスタジオでライトを背に浴びながら登場する。いつもなら、作品内でユーモラスに登場しているが、本作は内容が非常にシリアスであるために、『これは、実際に起こった出来事を基にした映画です』と珍しく生真面目に語っている。

備考[編集]

  • ゴルゴ13』には『間違われた男』というタイトルのシナリオがある。
  • 古畑任三郎』に「間違えられた男」というサブタイトルのエピソードがある。

外部リンク[編集]