前田美波里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まえだ びばり
前田 美波里
生年月日 1948年8月8日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
血液型 O型[要出典]
ジャンル 女優映画テレビドラマ舞台
配偶者 マイク真木(1968年 - 1976年)[1]
著名な家族 真木蔵人(長男)[2]
事務所 オスカープロモーション

前田 美波里(まえだ びばり、1948年8月8日 - )は、日本女優神奈川県鎌倉市出身[1]O型[要出典]。父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフ[2]美波里という名前は、父方の祖母の名前「ビバリー」から名付けている[要出典]オスカープロモーション所属。身長169cm[3]。遠縁に冨士眞奈美がいる(冨士眞奈美の母方の叔母が前田美波里の母のいとこと結婚)[4]。また岸惠子も遠縁にあたる(前田美波里の母のいとこが岸惠子の母方のいとこの妻の弟)[4]

来歴・人物[編集]

アメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれ、働きに出ていた母親に代わり、鎌倉に住む祖父母の元で礼儀や作法、しつけなど厳しく育てられ、小学校は三井財閥の令嬢のために作られたと言われる聖ミカエル学園に通う[5]。小学4年生の時、友達の影響でクラシックバレエに憧れ[5]、鎌倉のエリアナ・パヴロワの弟子・野口力子の元でバレエを習い始める[6]。そして将来バレリーナになるためには鎌倉にいるよりも東京で勉強した方がいいのではないかと思い、上京[7]。高校生の時に芸能プロダクションに所属し、「堀内完ユニークバレエ団」に通う[5]

1963年、文化学院在学中に芸術座ミュージカル「ノー・ストリング」のPRを兼ねて東宝が募集した"ミス・ノー・ストリング"に優勝し、東宝現代劇に8期生として入団。翌年の1964年にミュージカル「ノーストリングス」で初舞台を踏む[1]

1966年、18歳の時に資生堂のサマー化粧品「太陽に愛されよう」キャンペーンガールとして起用され人気を博す[1][8]。そのハワイロケがきっかけで知り合った[5]マイク真木1968年に20歳で結婚[1][9]。思わぬ勢いで名前が売れてしまったことへの戸惑いや[9]、水着写真ばかりを求められることに嫌気がさしていたこともあり、一時仕事を辞めてアメリカで旅をしながら1年半を過ごす[5]

1971年から1972年までNHKの『ステージ101』でMCを夫のマイク真木と共に務めるなどしたものの、ミュージカルがその頃の日本ではあまり定着していなかったため、一番やりたかった踊る仕事ができなかった[5]。観客からアプローズ(喝采)を受けることが無い生活に耐えきれず葛藤した末、舞台を中心に活動を再開することを決意[5]。厳しい世界で生き残るためには家庭との両立は難しいと考え、当時3歳だった息子の真木蔵人を残して1人で家を出る[9]。1976年にマイク真木との離婚が成立[10]

29歳で芸能界復帰するが、ミュージカル関係の仕事はやはりゼロ[7]。それなら自分から行くしかないと他の仕事を全て断り、劇団四季の『コーラスライン』のオーディションに全てを賭けて挑むも落選[9]。しかしそれでも諦めきれず頼み込んで3か月稽古を続けたところ、演出家の浅利慶太に呼び出され、開始10〜15分でいなくなる役でもやる気があるかを問われ、「やります!」と即答した[5][9]。そして父母が離婚して辛い日々のなかバレエが支えだったという自身と境遇が似た女の子の役を射止める[5]。この時の経験や舞台の基礎的な部分の習得は宝物であり、人生観を大きく変えたという[5][9]

2008年4月、ニュージーランド政府観光局の初代オピニオンリーダーに就任[2]

2008年10月21日からは41年振りに資生堂のCMに出演している[8]

2013年4月からスポーツニッポン紙上で「我が道」を連載。

劇団四季東宝をはじめとした様々な舞台やテレビドラマやCMなど各方面で活躍中である。

受賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他テレビ番組[編集]

舞台・ミュージカル[編集]

他多数

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. ふたりの浜辺(1961年12月、コロムビア、P-5)※演奏:井上宗孝とシャープ・ファイヴ
    (c/w 愛のカデンツァ)
  2. いいことばかりないわ(1970年、フィリップス、FS-1152)
    作詞:岩谷時子 / 作曲:三木たかし / 編曲:高見弘
    (c/w あなただけでいいの)
  3. たった一度の人生(1971年、フィリップス、FS-1195)※共演:マイク真木
    作詞:安井かずみ / 作曲:R. Germani / 編曲:ボブ佐久間
    (c/w 気楽に行こう)※共演:マイク真木
  4. 恋のベラリンダ(1978年、キング、GK-161)
    作詞:杉紀彦 / 作曲:Zagar Ouerencic
    (c/w すてきなあなた)
  5. 誰にでも口づけを(1978年、キング、GK-238)
    作詞:小椋佳 / 作曲:小椋佳
    (c/w 涙の色)
  6. 優しい関係(1981年、ワーナー、L-1511W)
    作詞:八坂裕子 / 作曲:難波弘之 / 編曲:難波弘之
    (c/w ラスト・シーンはいらない)
  7. 日曜はダメよ!(Never On Sunday)(1984年10月5日、キャニオン、7A0412)
    作詞:Joe Darion / 訳詞:岩谷時子 / 作曲:Manos Hadjidakis / 編曲:青木望
    (c/w ヤ・ハラ(Ya Chara Bye Bye Bye))

オリジナル・アルバム[編集]

  1. マイクと美波里のアメリカ紀行(1971年、フィリップス、FS-8097)※共演:マイク真木
  2. BIBARI〜前田美波里ファースト(1976年11月21日、キング、SKA-153)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “サワコの朝:舞台に全てを捧げた前田美波里の、胸に秘めた葛藤と覚悟に迫る!”. 毎日新聞. (2016年3月16日). http://mainichi.jp/articles/20160316/org/00m/200/011000c 2016年3月18日閲覧。 
  2. ^ a b c 前田美波里. Interview vol.34 女優 前田美波里さん ニュージーランドは何度でも訪れたい、魅力あふれる国です。. インタビュアー:グルービー美子. ニュージー大好き.com.. オリジナルの2014-12-15時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141215094622/http://nzdaisuki.com/nature/series/001/034.php 2016年3月18日閲覧。 
  3. ^ 前田美波里オフィシャルブログ&プロフィール”. 2013年9月14日閲覧。
  4. ^ a b 『女性自身』1981年5月14日・21日合併号。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 前田美波里. 278号 注目の人 女優/前田美波里さん. (インタビュー). Wendy-net.. https://www.wendy-net.com/nw/person/278.html 2015年11月19日閲覧。 
  6. ^ a b 前田美波里 (2009年8月26日). 前田美波里インタビュー. インタビュアー:関口紘一. DANCE CUBE.. http://www.chacott-jp.com/magazine/interview-report/interview/post-8.html 2015年11月19日閲覧。 
  7. ^ a b 7月6日〜7月10日の「サロンdeくにまる」のゲストは前田美波里さん”. くにまるジャパン. 文化放送 (2015年7月5日). 2015年11月19日閲覧。
  8. ^ a b “前田美波里が41年ぶりに資生堂CM”. nikkansports.com. (2008年10月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20081021-421282.html 2013年9月14日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f 前田美波里 (2011年2月21日). ミュージカル女優・前田美波里が軽やかなステップで歩む、人生という名の舞台!. (インタビュー). はいから.. http://www.hi-carat.co.jp/column/interview/201102/entry22902.html 2015年11月19日閲覧。 
  10. ^ “マイク眞木&前田美波里 38年前の離婚真相「お互い若かった」”. Sponichi Annex. (2014年9月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/08/kiji/K20140908008896130.html 2014年12月13日閲覧。 
  11. ^ [鈴木福]剛力彩芽と12歳差カップルに 「マクダルのカンフーようちえん」吹き替えで”. マイコミジャーナル. 2012年3月9日閲覧。
  12. ^ フジ『ラスト・シンデレラ』前田美波里、山本裕典がゲスト出演”. ORICON STYLE (2013年5月9日). 2013年5月14日閲覧。
  13. ^ 草なぎ剛主演ドラマ『スペシャリスト2』、上川隆也、黒谷友香、前田美波里らを迎えスケールアップして今夜放送!”. テレビドガッチ (2014年3月8日). 2014年3月9日閲覧。
  14. ^ ミュージカル『アプローズ』 東京グローブ座公演 開幕!”. Web Magazine OPENERS (2008年9月30日). 2014年12月14日閲覧。
  15. ^ 堂本光一、座長舞台『Endless SHOCK』上演1000回に向けて発進”. ORICON STYLE (2013年2月5日). 2013年5月14日閲覧。
  16. ^ “前田美波里メロメロ「光一ファン!」”. nikkansports.com. (2013年2月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130204-1080875.html 2014年12月13日閲覧。 
  17. ^ “前田美波里 転倒し左肩骨折…堂本光一主演舞台を降板”. Sponichi Annex. (2015年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/18/kiji/K20150918011154970.html 2015年9月18日閲覧。 
  18. ^ “今年降板の前田美波里 来年「SHOCK」再登板で「恩返しを」”. Sponichi Annex. (2015年11月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/19/kiji/K20151119011532710.html 2015年11月20日閲覧。 
  19. ^ “前田美波里 65歳でガガに触発されレオタード風衣装披露”. SANSPO.COM. (2013年12月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131213/oth13121315180020-n1.html 2014年3月9日閲覧。 
  20. ^ 前田美波里 (2014年1月23日). 前田美波里インタビュー!ブロードウェイ・ミュージカル『イン・ザ・ハイツ〜そして、僕は、歌い、踊りだす〜』〔インタビュー〕. インタビュアー:町田麻子. e+Theatrix!.. http://etheatrix01.eplus2.jp/article/385839756.html 2014年12月13日閲覧。 
  21. ^ 前田美波里 (2014年9月18日). 乙女な中年女性たちの恋のバトル!『淑女のロマンス』 前田美波里インタビュー. インタビュアー:宮田華子. 演劇きっく.. http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51935042.html 2014年12月13日閲覧。 
  22. ^ “前田美波里が初のボーイズレビュー挑戦”. スポーツ報知. (2014年12月12日). オリジナル2014年12月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141216105937/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141212-OHT1T50098.html 2016年3月18日閲覧。 
  23. ^ “若者に問う生と死 「ペール・ギュント」再生の舞台 演出・白井晃 主演・内博貴”. 産経ニュース. (2015年6月20日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150620/ent1506200015-n2.html 2015年9月18日閲覧。 
  24. ^ VAMPIRE HUNTER D”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  25. ^ 資生堂『エリクシール プリオール』発表会【前田美波里】”. 女性自身 (2009年5月22日). 2013年9月14日閲覧。
  26. ^ 60代女性向けに化粧ブランド 資生堂、団塊世代に狙い”. 47NEWS (2008年10月21日). 2013年9月14日閲覧。
  27. ^ POND'S | 美肌倶楽部 | POND'Sの歴史”. ユニリーバ. 2013年9月14日閲覧。
  28. ^ 古谷一行「元気に復帰」、前田美波里・小芝風花と新CM発表会”. リアルライブ (2012年4月14日). 2013年9月14日閲覧。
  29. ^ “前田美波里、上戸彩の叔母役で登場!「クリアアサヒ」新CM”. zakzak. (2013年4月10日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130410/enn1304101213011-n1.htm 2013年5月14日閲覧。 

外部リンク[編集]