電通四季劇場[海]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]
The Dentsu Shiki Theatre, UMI

Caretta Shiodome and Shiodome Annex.jpg
電通四季劇場[海]の入居するカレッタ汐留

情報
開館 2002年12月
客席数 1,216(公式)
用途 劇団四季の公演
運営 劇団四季
所在地 105-0021
東京都港区東新橋一丁目8番2号
位置 北緯35度39分54.1秒 東経139度45分44.4秒 / 北緯35.665028度 東経139.762333度 / 35.665028; 139.762333座標: 北緯35度39分54.1秒 東経139度45分44.4秒 / 北緯35.665028度 東経139.762333度 / 35.665028; 139.762333
アクセス 該当項目参照
外部リンク 大同生命ミュージカルシアター 電通四季劇場[海]
テンプレートを表示

電通四季劇場[海](でんつうしきげきじょう[うみ]、英語The Dentsu Shiki Theatre, UMI)は、東京都港区に存在する劇場である。

概要[編集]

汐留シオサイトに建てられた電通本社ビルに併設の都市型複合施設「カレッタ汐留」に、劇団四季にとっては浜松町の四季劇場・に続き、首都圏3番目のホールとして、2002年(平成14年)12月にオープンした[1]

客席数は公式には1,216席。1階の前方部分は車椅子に対応することができ、座席を取り外すことで車椅子スペースが約50席確保できる。また、客席と舞台の一体感が高まるよう、2階席最前列は、1階席中央あたりにまでせり出す舞台設計となっている[1]オーケストラピットは最大25名ほどの演奏者が入れることができる。

こけら落し公演は、マンマ・ミーア![1]

[海] という劇場名は、電通の代表取締役社長(当時)の成田豊による命名である。成田はかつて海軍兵学校で学んでおり、海に対する思い入れが強いことが理由である[2]

2015年5月開幕した『アラジン』より劇場名が『大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]』となった。大同生命は同公演の特別協賛企業でもある[3]

2023年1月10日~8月初旬まで、長期保守点検が予定されている。[4]

上演記録[編集]

アクセス[編集]

鉄道

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『リアルエステートマネジメントジャーナル』ビーエムジェー、2003年1月。 
  • 浅利慶太 『劇団四季主宰者の戦後史 時の光の中で』文藝春秋〈文春文庫〉、2009年1月。ISBN 4167753413 

外部リンク[編集]