成田豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なりた ゆたか
成田 豊
Gthumb.svg
生誕 1929年9月19日
忠清南道天安郡
死没 2011年11月20日(満82歳没)
死因 肺炎
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部
職業 実業家
活動期間 1953 - 2011
肩書き 電通名誉相談役
任期 電通社長1993 - 2002
電通会長2002 - 2007
前任者 木暮剛平
後任者 俣木盾夫
取締役会 電通
宗教 キリスト教
宗派 カトリック教会
配偶者
子供 成田哲(長男)

成田 豊(なりた ゆたか、1929年9月19日 - 2011年11月20日)は、日本の実業家。大手広告代理店電通グループの会長、ならびに電通の最高顧問を務めた。2010年6月より電通名誉相談役。1993年から長年にわたり電通のトップに君臨した。

経歴[編集]

1929年、日本統治下の忠清南道天安郡(現在の天安市)生まれ。父清臣は石川県出身・朝鮮総督府鉄道勤務。母ソメは佐賀県出身。従来、京城府(現在の大韓民国ソウル特別市)生まれと一般に言われてきたが、正確な出生地は天安(ソウルの南約100kmにある街。本人の告白によれば、細かな説明をするのが面倒で京城生まれと言ってきたという)。ついで、羅州郡古幕院(光州の近く)、永同郡黄澗(大田から約60kmにある街)と鉄道員の父親の転勤に従って朝鮮半島を転々。小学3年のとき京城へ。終戦後日本へ渡る。佐賀県にて青年期を過ごす[1]

旧制京城中学校3年(1945年)まで京城で育つ。梶山季之小説家)が京城中学時代の友人。中学3年から海軍兵学校予科に合格し内地に一人入学したが直ぐに終戦。終戦後は母親の実家佐賀県神埼郡(現神埼市千代田町へ引揚。海軍兵学校予科から佐賀中学校編入。

1946年佐賀高等学校 (旧制)入学。1953年、東京大学法学部卒業、同年電通入社。

1971年に新聞雑誌局長に就任[2]。 1981年に取締役、後に取締役常務に就任。 1985年に取締役専務に就任[3]1993年、第9代代表取締役社長に就任。2002年、第2代代表取締役会長。2004年、電通最高顧問、電通グループ会長に就任。2009年、韓国政府から修交勲章光化章を、日本政府から旭日大綬章を受章。

2011年11月20日、肺炎のため東京都文京区の病院で死去[4]。82歳没。没日付で従三位に叙された[5]

役職[編集]

人物像[編集]

電通の新聞雑誌局長や営業総務担当取締役などを経て、1993年に社長に就任。2001年株式上場汐留新本社移転などを指揮した。社団法人日本広告業協会の会長も務め、名実共に日本広告界のトップである。この他にTBSの役員なども務めていた。

韓国が遅れて招致に乗り出した2002年のサッカー・ワールドカップでは、日韓共同開催を主導した。また、「日韓交流おまつり」を支援し、東京六本木で開催された2009年、2010年と実行委員長をつとめた[6]

中国進出など電通の日本国外への積極進出を進めてきた。「日韓友情年2005」実行委員会では副委員長を務め、2007「日中文化・スポーツ交流年」実行委員会でも副委員長を務めた。「日韓友情年2005」サイトにて、「私は中学3年までソウルで生まれ育った為、子ども時代のふるさととして思い浮かんで来るのは韓国の風景である」という旨の記述をしている

消費者金融大手武富士武井保雄会長とは親交があり、武富士の不祥事を追及するジャーナリスト宅盗聴事件の際、武井の依頼で電通第三マーケティング・プロモーション局次長をメディア対策のために出向させ、批判を浴びた。

東大野球部では、マネージャーだった与謝野馨の先輩にあたり、与謝野が招集した安心社会実現会議座長を務めた[7]

受章[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 私の履歴書」 日本経済新聞 2008年8月掲載
  2. ^ 電通報 第4715号 電通、 2011年12月5日
  3. ^ 電通110年物語 電通、 2010年4月5日
  4. ^ 成田豊氏死去=元電通社長 ウォール・ストリート・ジャーナル 2011年11月20日
  5. ^ 官報第5702号、2011年12月16日閲覧
  6. ^ 中央日報「日本人3万人がキムチを漬ける」
  7. ^ 読売新聞 2011年2月6日付3面
  8. ^ 韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問 中央日報 Joins.com 2009-03-25