女たちの特捜最前線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女たちの特捜最前線
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 濱龍也
伊藤寿浩
脚本 深沢正樹
出演者 高島礼子
宮崎美子
高畑淳子
女たちの特捜最前線〜警察食堂極秘会議〔パイロット版〕
放送時間 土曜 21:00 - 23:06(126分)
放送期間 2015年12月19日(1回)
エンディング スキマスイッチスカーレット
外部リンク 公式サイト
連続ドラマ
放送時間 木曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2016年7月21日 - 8月25日(6回)
エンディング 阿部真央「女たち」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

女たちの特捜最前線』(おんなたちのとくそうさいぜんせん)は、2015年12月19日テレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」にて『女たちの特捜最前線〜警察食堂極秘会議』(おんなたちのとくそうさいぜんせん けいさつしょくどうごくひかいぎ)のタイトルで単発放送され、2016年7月21日から同年8月25日まで連続ドラマとして「木曜ミステリー」枠で放送された[1]日本の刑事ドラマである。主演は高島礼子。同局でかつて1977年から1987年にかけて放送された、二谷英明主演の刑事ドラマ『特捜最前線[2]とはストーリー上無関係である。

「京都府警女子会」メンバーが警察署内でゲットした極秘捜査情報を持ち寄って女性ならではの視点から事件の謎を解いていく[3]。このドラマの主役は、表立って動く刑事や制服警官ではなく「内勤の」警察事務職員たちである。したがって、主役たちは実際に現場に出ることなく噂話や内部情報「だけ」で事件の謎を解くことになる。

登場人物[編集]

京都府警女子会[編集]

室町 京子(むろまち きょうこ)〈49〉
演 - 高島礼子
京都中央警察署の総務課勤務の警察官(既婚)。「京都府警女子会」会長。階級は巡査長[4]
一条 弥生(いちじょう やよい)〈53〉
演 - 宮崎美子[5]
京都中央警察署の広報課勤務の警察官。階級は巡査長[4]
夫は6年前に愛人と家を出て行方不明。
八坂 美鈴(やさか みすず)〈57〉
演 - 高畑淳子[6]
京都中央警察署の食堂勤務の嘱託署員(独身)。京都府警の元刑事。「京都府警女子会」顧問。
ナルシー加藤は京都府警洛北警察署時代の相棒。

京都中央警察署[編集]

梅垣 紀夫(うめがき のりお)〈54〉
演 - 相島一之
広報課課長。弥生の上司。上司のご機嫌伺いしか頭にないため、ニックネームは「コメツキバッタ」。
松林 智之(まつばやし ともゆき)〈51〉
演 - 飯田基祐
総務課課長。京子の上司。電球を替える事しか頭にないため、ニックネームは「デンスケ」。
里中 徹(さとなか とおる)〈45〉
演 - 増澤ノゾム
中堅刑事。
神崎 佳奈(かんざき かな)〈26〉
演 - 近野成美[7][8]
若手刑事。
杉村 伶香(すぎむら れいか)〈22〉
演 - 杉浦琴乃[9]
総務課の女子署員。京子の部下[10]。松林課長のお気に入り。
峰岸 千晶(みねぎし ちあき)〈21〉
演 - 泉川実穂[9](連続ドラマ)
食堂勤務の女子署員。美鈴の部下。
岡島 秀幸
演 - 桝本圭作
刑事。
加藤 修一郎(かとう しゅういちろう)〈53〉
演 - 渡辺いっけい(連続ドラマ)
刑事課課長。ナルシストのため、ニックネームは「ナルシー加藤」。

その他[編集]

室町 大輔(むろまち だいすけ)〈53〉
演 - 冨家規政
京子の夫。京日デパートの営業社員。

ゲスト[編集]

土曜ワイド劇場[編集]

「夫・恋人・上司に殺人容疑!? 悩めるアラフィフ女3人が“ここだけの話よ”の井戸端会議で連続殺人を解く!!」
  • 如月真弓(イベント会社社長・京都府警女子会のアドバイザー) - 中田喜子(高校生期:植野瑚子[11]
  • 宮沢志保(料理教室講師・京料理研究家・京料理「古都はなや」店主) - 藤吉久美子[12]
  • 下坂徳次郎(老舗「下坂呉服店」店主) - 大和田伸也(大学生期:山田俊)
  • 藤堂孝則(京都中央警察署 署長) - 横光克彦
  • 徳永幸一(菊華の隣人) - 小林正寛
  • 玉山健一(京都中央警察署 食堂の料理人) - 近江陽一郎
  • 須山義和(ジャーナリスト) - 川口力哉
  • 京都中央警察署 副署長 - 浅田祐二
  • 京都中央警察署 刑事 - 井上久男
  • 京都中央警察署 婦人警官 - たかはしあいこ[13]
  • 百瀬一平(京都法文大学の元学生・故人) - 村中龍人
  • 菊華(京都の芸妓・本名「常盤正美」) - 中原果南(幼少期:かわさき鈴乃[14]
  • 徳永芳江(幸一の妻) - 北原佐和子
  • 桐生忠義(京都中央警察署 刑事課長) - 平岳大

連続ドラマ[編集]

第1話「京都嵐山・激流下り殺人!? 女3人が井戸端会議で推理」
  • 須賀里美(旅行代理店「京都洛北トラベル」主任・元カミナリ族・京都府警女子会メンバー) - 渡辺えり
  • 倉沢博光(理沙子の婚約者) - 忍成修吾
  • 吉崎俊二(「京都洛北トラベル」社員) - 松田悟志
  • 田辺理沙子(「京都洛北トラベル」元社員・児童養護施設「心風園」出身・故人) - 吉谷彩子(幼少期:河井心絆[15]
  • 西村稔(京都中央警察署三条坂交番 巡査) - 北口裕介
第2話「結婚式で新郎の母が殺人!? 女3人が遺体発見で大混乱」
  • 児玉早苗(邦明の母・菓子司「慈包堂」店主・京都府警女子会メンバー) - 前田美波里
  • 児玉邦明(新郎・京都中央警察署生活安全課 警察官) - 黄川田将也(幼少期:南口夏輝
  • 野口博之(京極不動産 営業部長) - 伊嵜充則
  • 竹村輝夫(高級和菓子屋「竹村香芝堂」元店主・故人) - 峰蘭太郎
  • 村山朝美(新婦・パティシエール) - たかはしあいこ
  • 小田切直也(京極不動産 社長・「竹村香芝堂」元社員) - 原田大二郎
第3話「死を呼ぶ愛情弁当!? 四角いハンバーグは美男子を殺す」
第4話「京都ミステリースポット連続殺人!? 落ちても死なない断崖絶壁」
  • 牧村登志子(かざみ保育園 園長) - 石野真子
  • 柳沢亮平(かざみ保育園 保育士・旧姓「峰村」) - 桜田通[19](幼少期:西條魁馬
  • 久松隆三郎(久松隆三郎建設 社長・「名会谷の崖」から転落死) - 太田雅之
  • 漆原辰則(漆原地域土建 社長・「名会谷の崖」から転落死) - 寺岡知彦
  • 峰村光康(亮平の父・20年前「名会谷の崖」から飛び降り自殺) - 山田永二
  • 峰村麻衣子(亮平の母・20年前「名会谷の崖」から飛び降り自殺) - 田中千尋
  • 篠塚芳美(ライフスタイルスーパーアドバイザー・京都府警女子会名誉会員) - 瀬奈じゅん
第5話「完全犯罪」
最終話「最後の井戸端会議!お悩み相談殺人事件」
  • 河原崎時恵(カフェ「エレプハース」店主・通称「壬生寺町の菩薩さま」) - 大地真央
  • 矢代瑠璃子(金山の元恋人) - 遠藤久美子
  • 田野倉吾郎(資産家・1ヵ月前刺殺) - 白井滋郎
  • 相原つばさ(京都賀茂川女学院高等学校の生徒) - 増田璃子
  • 河原崎めぐみ(時恵の娘・20年前の京都賀茂川女学院高等学校に在学中自殺) - 山田あみ[21]
  • 金山源次郎(田野倉が経営しているクラブの雇われ店長) - 松澤一之

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

土曜ワイド劇場
放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
2015年12月19日 夫・恋人・上司に殺人容疑!?
悩めるアラフィフ女3人が“ここだけの話よ”の井戸端会議で連続殺人を解く!!
深沢正樹 濱龍也 12.4%[24]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)
連続ドラマ
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2016年7月21日 京都嵐山・激流下り殺人!? 女3人が井戸端会議で推理 深沢正樹 濱龍也 11.6%[25]
第2話 7月28日 結婚式で新郎の母が殺人!? 女3人が遺体発見で大混乱 8.7%[26]
第3話 8月04日 死を呼ぶ愛情弁当!? 四角いハンバーグは美男子を殺す 伊藤洋子 伊藤寿浩
第4話 8月11日 京都ミステリースポット連続殺人!? 落ちても死なない断崖絶壁 深沢正樹
第5話 8月18日 完全犯罪 山本むつみ 濱龍也
最終話 8月25日 最後の井戸端会議!お悩み相談殺人事件 深沢正樹 6.6%[27]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

脚注[編集]

  1. ^ アラフィフ“3熟女”が競演 高島礼子、宮崎美子、高畑淳子が新たな謎解きミステリー”. テレビドガッチ (2016年6月7日). 2016年6月9日閲覧。
  2. ^ 初期は水曜22時枠で放送され、1985年10月に『ニュースステーション』の開始で木曜21時枠に放送枠を移動している。
  3. ^ 高島礼子・宮崎美子・高畑淳子、熟女トリオが事件を解決 連ドラ化”. ORICON STYLE (2016年6月7日). 2016年6月9日閲覧。
  4. ^ a b 階級章より。
  5. ^ 女たちの“特報”最前線(4)宮崎美子、京都・夏の風物詩、貴船の川床は「別世界」”. ORICON STYLE (2016年8月18日). 2016年8月19日閲覧。
  6. ^ 女たちの“特報”最前線(1) 高畑淳子が「一緒に映りたくない」出演者とは?”. ORICON STYLE (2016年7月28日). 2016年8月19日閲覧。
  7. ^ ドラマの告知♡ - 近野成美オフィシャルブログ 2015年12月18日
  8. ^ 女たちの“特報”最前線(2) 元おはガール・近野成美、刑事役で本領発揮”. ORICON STYLE (2016年8月4日). 2016年8月19日閲覧。
  9. ^ a b 女たちの“特報”最前線(3)高島礼子の「Sな感じ」に刺激を受ける後輩女優”. ORICON STYLE (2016年8月11日). 2016年8月19日閲覧。
  10. ^ 杉浦琴乃 - Twitter 2015年12月19日
  11. ^ プロフィール - 劇団東俳
  12. ^ プロフィール - 劇団青年座
  13. ^ たかはしあいこ - Twitter 2015年12月19日
  14. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  15. ^ 新着情報 - ピカロエンタープライズ 2016年7月11日
  16. ^ ひとつあっぷしました。 - 戸田恵子オフィシャルブログ 2016年7月4日
  17. ^ お知らせ - 川村陽介オフィシャルブログ 2016年8月2日
  18. ^ 出演情報 - ピカロエンタープライズ
  19. ^ 分け与えエンド - 桜田通オフィシャルブログ 2016年8月12日
  20. ^ たまには顔出しまーす。 - 松田沙紀オフィシャルブログ 2016年8月17日
  21. ^ 明日放送です! - 山田あみオフィシャルブログ 2016年8月24日
  22. ^ 阿部真央、高島礼子主演ドラマで初主題歌 全国ツアー日程も発表”. ORICON STYLE (2016年7月19日). 2016年7月28日閲覧。
  23. ^ 土曜ワイド劇場ではプロデューサー
  24. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2016年1月4日). 2016年6月9日閲覧。
  25. ^ “高島礼子主演ドラマ『女たちの特捜最前線』初回11.6%の好発進”. ORICON STYLE. (2016年7月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2075509/full/ 2016年7月22日閲覧。 
  26. ^ “高島礼子主演「女たちの特捜最前線」第2話は8.7% 初回は2桁視聴率”. スポニチアネックス. (2016年7月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/29/kiji/K20160729013052930.html 2016年7月29日閲覧。 
  27. ^ “気遣う声挙がる中…高畑淳子出演「女たちの特捜最前線」最終回6・6%”. スポニチアネックス. (2016年8月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/26/kiji/K20160826013232530.html 2016年8月26日閲覧。 

外部リンク[編集]

テレビ朝日 木曜ミステリー
前番組 番組名 次番組
警視庁・捜査一課長
(2016.4.14 - 2016.6.23)
女たちの特捜最前線
(2016.7.21 - 2016.8.25)
科捜研の女
(第16シリーズ)
(2016.10.20 - 2017.3.9)