山本むつみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 むつみ(やまもと むつみ)は、日本の脚本家北海道旭川市出身。

山本 むつみ
プロフィール
出身地 日本の旗 北海道旭川市
主な作品
テレビドラマゲゲゲの女房
八重の桜
コウノドリ
小吉の女房

人物[編集]

北海道旭川北高等学校から北海道大学教育学部に進学し、卒業後は、東京のアスキーなどで編集者をしながら、シナリオ・センター「シナリオ作家養成講座」を受けた。2001年、『川留め騒動始末』の脚本がBKラジオドラマ脚本賞佳作に選ばれ、翌2002年四国放送公募の入選作『阿波藍の唄が聴こえる』が開局50周年記念ラジオドラマとして放送された。

2003年、第31回NHK創作ラジオドラマ脚本懸賞に『唐木屋一件のこと』で応募し、最優秀賞を受賞。その受賞をきっかけに翌2004年、『御宿かわせみ』でテレビドラマの脚本家デビュー。その後も編集者と脚本家を兼業したが、2006年の『結婚式へ行こう!』より脚本家専業に。2010年前期のNHK連続テレビ小説ゲゲゲの女房』で広く注目を集め[1]2013年には、NHK大河ドラマ八重の桜』の脚本を担当した[2]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~(2017年、ショウゲート)

ラジオドラマ[編集]

舞台作品 [編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」制作発表!”. NHK (2009年4月22日). 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ a b “2013年度NHK大河『八重の桜』主演に綾瀬はるか「日本中を元気に」 脚本は『ゲゲゲ』の山本むつみ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年6月22日). https://www.oricon.co.jp/news/89123/full/ 2019年4月29日閲覧。 
  3. ^ 土曜ドラマ「トップセールス」”. NHK. 2019年4月29日閲覧。
  4. ^ “堺雅人が伝説の剣豪を熱演! 骨太時代劇「塚原卜伝」が今秋より放映開始”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2011年9月14日). https://www.walkerplus.com/article/24593/ 2019年4月29日閲覧。 
  5. ^ 北海道発スペシャルドラマ「大地のファンファーレ」”. NHK. 2019年4月29日閲覧。
  6. ^ 新春ワイド時代劇「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!」”. テレビ東京. 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ “産科医の奮闘描く「コウノドリ」TVドラマ化!主演は綾野剛”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年8月10日). https://natalie.mu/comic/news/156492 2019年4月29日閲覧。 
  8. ^ 金曜8時のドラマ 石川五右衛門 第六話【市川海老蔵主演!】(テレビ東京、2016/11/18 20:00 OA)の番組情報ページ”. テレビ東京. 2019年4月29日閲覧。
  9. ^ 内野聖陽、渾身の一作 “人間”を描いた重厚な刑事ドラマ『ヘヤチョウ』 12月17日(日)よる9時放送”. 東映 (2012年12月6日). 2019年4月29日閲覧。
  10. ^ 小説『Aではない君と』初の映像化!佐藤浩市・天海祐希 ヒューマン・サスペンス大作!”. テレビ東京 (2018年6月7日). 2019年4月29日閲覧。
  11. ^ 山本むつみオリジナル脚本!英雄・勝 海舟を育てた型破りな夫婦の物語 BS時代劇「小吉の女房」”. NHKオンライン (2018年5月30日). 2019年4月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 雑誌『ドラマ』2010年11月号収録「特別インタビュー」