テレ朝動画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テレ朝動画(テレあさどうが)は、株式会社テレビ朝日コンテンツビジネス局の運営するインターネットテレビ。2009年6月25日に有料動画配信サービス「テレ朝BB」をリニューアルする形でスタートした[1][2]

テレビ朝日で放送された注目番組の無料配信サービス「テレ朝キャッチアップ」に加え、オリジナル番組(有料・無料の両方)の配信を行っている[3]

2010年に有料オリジナル番組としてスタートした『ももクロChan〜Momoiro Clover Z Channel〜』は、2年近くで約7億円というテレビ放送外の収入に貢献したことから[4]、「テレビ朝日社長賞」を受賞[5]。同番組はその後に地上波テレビ放送も開始されたが、「未公開シーン」を含めた有料配信をテレ朝動画で継続している。

システム[編集]

配信システムはFlash Videoを採用しており[6]Microsoft WindowsだけではなくMac OSを搭載したパソコンからも視聴することが可能になっている[6]朝日放送制作のドラマについては、TBS系列時代の作品も一部配信している。

略歴[編集]

  • 2009年6月25日 - 「テレ朝BB」をリニューアルしスタートした[2]。当時はパソコン・NTTドコモの携帯電話から視聴することが可能であった[2]
  • 2009年10月 - J:COMオンデマンド・QTVプラットフォーム・GYAO!ストア向けに配信を開始した[7]
  • 2010年10月28日 - パソコン版をAndroid 2.2から視聴できるよう対応した[8]
  • 2012年4月1日 - 「もっとTV」での配信をスタート。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始(ケータイ Watch)”. Impress Watch (2009年6月26日). 2012年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c テレビ朝日、PC/携帯向け新有料動画配信「テレ朝動画」(AV Watch)”. Impress Watch (2009年6月23日). 2012年3月12日閲覧。
  3. ^ 「バナナTV」「ロンハー」無料オリジナル番組で新展開のテレ朝動画 地上波放送と連携したコンテンツビジネスに可能性(1/3)(マーケジン)”. 翔泳社 (2012年2月24日). 2012年3月12日閲覧。
  4. ^ 早河洋社長 記者会見(10月30日)要旨 - ウェイバックマシンによるアーカイブ(2017年12月1日)
  5. ^ #111(2012/12/14配信)”. テレ朝動画. 2019年5月1日閲覧。
  6. ^ a b テレビ朝日が動画配信サービス『テレ朝動画』地上波ドラマを終了直後に配信(マイナビニュース)”. マイナビ (2009年6月23日). 2012年3月13日閲覧。
  7. ^ “「テレ朝動画」がJ:COM、QTV、GyaO!の有料映像配信サービスでのコンテンツ配信を開始” (PDF) (プレスリリース), テレビ朝日, (2009年10月16日), http://company.tv-asahi.co.jp/contents/press/0156/data/091016-douga.pdf 2012年3月13日閲覧。 
  8. ^ “『テレ朝動画for Android OS2.2』開設!” (PDF) (プレスリリース), テレビ朝日, (2010年10月29日), http://company.tv-asahi.co.jp/contents/press/0187/data/101028-tereasadouga.pdf 2012年3月13日閲覧。 

外部リンク[編集]