京都人情捜査ファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都人情捜査ファイル
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 兼崎涼介
濱龍也
渡辺勝也
脚本 吉本昌弘
李正姫 他
出演者 高橋克典
松下由樹
松平健
ナレーター 下條アトム
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
2時間スペシャル
放送時間 土曜 21:00 - 23:06(126分)
放送期間 2015年4月25日(1回)
プロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日、ゼネラルプロデューサー)
池田邦晃(テレビ朝日)
塚田英明東映
エンディング 山下達郎「マイ・ガーディアン・エンジェル」
連続ドラマ
放送時間 木曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2015年4月30日 - 6月4日(6回)
プロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日、ゼネラルプロデューサー)
池田邦晃(テレビ朝日)
塚田英明(東映)
エンディング 山下達郎「マイ・ガーディアン・エンジェル」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

京都人情捜査ファイル』(きょうとにんじょうそうさファイル)は、2015年4月25日テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」にて単発放送され、同月30日から6月4日までテレビ朝日系「木曜ミステリー」にてレギュラー放送された刑事ドラマである[1][2]。主演は高橋克典

京都府警察本部内にある「犯罪被害者支援室」がドラマの舞台。凶悪な犯罪に巻き込まれた被害者や遺族に、事件の捜査や裁判の進捗、適応される法的制度などさまざまな情報を提供し、相談に応じながら生活の手助けをするセクションであり、京都のみならず全国の警察本部に実在するものである。

本作は、今までの刑事ドラマとは異なり、事件で断たれてしまった人たちの希望と絆を軸に、犯罪被害者支援室に属する警察官たちの活躍を描いた人情ドラマであり、時代劇のような勧善懲悪的要素も盛り込まれているという。

登場人物[ソースを編集]

京都府警警務部・犯罪被害者支援室[ソースを編集]

戸隠 鉄也(とがくれ てつや)
演 - 高橋克典
京都府警警務部・犯罪被害者支援室・戸隠班の班長。階級は警部補。元は京都府警五条中央署[注 1]刑事だった。過去に妻が通り魔事件の被害者となった際、遅々として進まない捜査状況から捜査員に食ってかかった。その際に大阪府警支援室の篠崎に支えてもらった経験から、岩瀬に「捜査権を持った支援活動をしたい」と直訴し、支援室に異動してきた。
吉崎 仁美(よしざき ひとみ)
演 - 松下由樹
京都府警警務部・犯罪被害者支援室の室長。階級は警視。臨床心理士の資格を持つ。
清水 安裕(しみず やすひろ)
演 - 尾美としのり
戸隠班メンバー。元・左京署刑事課の刑事。
星野 佳世(ほしの かよ)
演 - 高部あい[3][4]
戸隠班メンバー。元・洛西署交通課の刑事。
花園 健(はなぞの けん)
演 - 鈴木貴之
戸隠班メンバー。元・サイバー犯罪対策課の刑事。

京都府警察[ソースを編集]

仲田 周平(なかた しゅうへい)
演 - 渡辺邦斗
捜査一課の刑事。
加藤 善浩(かとう よしひろ)
演 - 石丸謙二郎
捜査一課・係長。
岩瀬 厚一郎(いわせ こういちろう)
演 - 松平健
京都府警・警務部長。階級は警視長。戸隠の捜査権要請に対して、必ず自分に許可を取った上でという条件付きで非公式に許可した。

その他[ソースを編集]

篠崎 郁夫 / ナレーション
演 - 下條アトム
戸隠が犯罪被害者遺族となった時に彼を支えた、元大阪府警犯罪被害者支援室。階級は警部補。

ゲスト[ソースを編集]

土曜ワイド劇場
第一部
第二部
連続ドラマ
第1話
  • 藤川駿(雅彦の息子) - 濱田龍臣
  • 香山瑠未(「Global Scene」人事部社員) - 三津谷葉子
  • 浦沢博之(「Global Scene」新規ビジネス開発室社員) - 東根作寿英
  • 掛川司(「Global Scene」社長) - 林泰文
  • 坪井敏和(「Global Scene」人事部長) - 金剛地武志
  • 藤川雅彦(「Global Scene」新規ビジネス開発室社員) - 難波圭一
  • 茂田浩一(「Global Scene」新規ビジネス開発室社員) - 瀬野和紀
  • 上原信孝(「Global Scene」新規ビジネス開発室社員) - ドヰタイジ
  • 山村光雄(「Global Scene」新規ビジネス開発室社員) - 西村匡生
  • 武内俊明(「Global Scene」新規ビジネス開発室社員) - 高杉佳幸
  • 三島恒幸(みしま紡績社長) - 高橋弘志
第2話
第3話
第4話
  • 倉澤あかり(葉山の婚約者) - 市川由衣(幼少期:井上愛梨[5]
  • 倉澤誠一(あかりの養父・和菓子屋「倉澤」社長) - 中丸新将
  • 直江裕二(倉澤の副社長) - 徳井優
  • 中村耕平(あかりの兄・ガラス工房「ほのお」の職人) - 草野康太(幼少期:三輪虎太郎[6]
  • 葉山慎吾(「倉澤」取締役) - 武田航平
  • 野島豊(「倉澤」社員) - 増田修一朗
  • 屋敷田英和(美砂の愛人) - いわすとおる
  • 中村美砂(耕平とあかりの実母・ヘアカット「ナカムラ」店主) - 林英世
  • 伊藤由香(「倉澤」社員) - 渋谷めぐみ
  • 笹井友美(「倉澤」社員) - 潮田由香里
第5話
  • 河原佐智子(真の娘・風間コーポレーション社員) - 福田沙紀(幼少期:中元明希[7]
  • 河原真(ホームレス・河原酒店の元主人) - 螢雪次朗
  • 風間俊明(風間コーポレーション社長) - 大谷亮介
  • 真壁剛(風間コーポレーション社長秘書) - 鈴木裕樹
  • 風間健介(俊明の息子) - 西興一朗
  • タツ(ホームレス) - 田井克幸
  • ピンキー(ホームレス) - 本山力
  • 峯岸奈々(クラブ「ワイルドパンチ」元ホステス・故人) - 田中良子
最終話

スタッフ[ソースを編集]

放送日程[ソースを編集]

土曜ワイド劇場
放送日 サブタイトル 脚本 監督
4月25日 実在する犯罪被害者支援室の活躍を初ドラマ化!
通り魔&身代金誘拐〜悲劇の家族を救うため結成された特捜チーム〜
壊された心、必ず取り返します!
吉本昌弘(第一部)
松本美弥子(第二部)
兼崎涼介(第一部)
濱龍也(第二部)
連続ドラマ
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[注 2]
File.1 4月30日 被害者に一番近い警察官たちを、知っていますか? 李正姫 兼崎涼介 7.9%[13]
File.2 5月07日 伝統芸能巡る父娘の壮絶バトル!殺された陶芸家と美しき姉妹 吉本昌弘 濱龍也 7.7%
File.3 5月14日 双子殺人事件〜歩く兄の死体!古民家か消えた血染めの庭石 李正姫
(脚本協力:遠山絵梨香)
兼崎涼介 5.4%
File.4 5月21日 悪夢のウェディング花嫁狙うストーカーとベールの下の別の顔 吉本昌弘
小川眞住枝
7.4%
File.5 5月28日 最終章!完全犯罪の報酬〜余命1ケ月の娘と交わす最後の約束 高山直也 渡辺勝也 6.8%
Last File[14] 6月04日 最後の支援〜復讐に燃える鬼刑事の罠!放たれる裁きの銃弾 吉本昌弘 兼崎涼介 5.3%
平均視聴率 6.7%[15](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 実際の下京警察署に相当する。
  2. ^ 全放送回と平均の出典。

出典[ソースを編集]

  1. ^ 高橋克典がテレビ朝日・木曜ミステリー枠に初登場!”. Smartザテレビジョン (2015年2月19日). 2015年5月18日閲覧。
  2. ^ 松平健の“京都案内”に高橋克典ワクワク感いっぱい”. Smartザテレビジョン (2015年4月14日). 2015年5月18日閲覧。
  3. ^ 高部あい (2015年4月30日). 高部あい「マイペースだと思われています(笑)」. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/57878/ 2015年5月18日閲覧。 
  4. ^ 高部あい (2015年4月30日). 見どころは「“女”を使って事件を解決するシーン」. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/58262/ 2015年5月18日閲覧。 
  5. ^ NEWSエンターテインメント - Twitter 2015年5月20日
  6. ^ プロフィール - Door
  7. ^ プロフィール - 劇団東俳
  8. ^ プロフィール - アイランドプロモーション
  9. ^ “山下達郎、高橋克典主演ドラマに新曲書き下ろし”. 音楽ナタリー. (2015年4月6日). http://natalie.mu/music/news/143151 2016年1月7日閲覧。 
  10. ^ 池田邦晃 (2015年4月25日). 高橋克典主演の人情ドラマPが語る制作の裏側!(1). (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/58064/ 2015年5月18日閲覧。 
  11. ^ 池田邦晃 (2015年5月7日). 高橋克典主演ドラマPが語る2「魅力は骨太さと優しさ」. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/58374/ 2015年5月18日閲覧。 
  12. ^ 池田邦晃 (2015年5月14日). 高橋克典ドラマPが語る3「人情という言葉を広めたい」. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/58722/ 2015年5月18日閲覧。 
  13. ^ 京都人情捜査ファイル:初回視聴率7.9% 高橋克典主演の刑事ドラマ まんたんウェブ. 2015年5月2日閲覧。
  14. ^ “人情ドラマ”最終回で高橋克典のとびきりの笑顔!?”. Smartザテレビジョン (2015年6月3日). 2015年6月21日閲覧。
  15. ^ “2015年ドラマ年間視聴率 21位以下は視聴率一桁台がズラリ! ドラマ復興の鍵は?”. 週刊女性PRIME. (2015年12月27日). http://www.jprime.jp/articles/-/6569?page=2 2016年1月20日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]

テレビ朝日 木曜ミステリー
前番組 番組名 次番組
出入禁止の女
〜事件記者クロガネ〜

(2015.1.15 - 2015.2.26)
※この作品まで19:58開始
京都人情捜査ファイル
(2015.4.30 - 2015.6.4)
※この作品から20:00開始