兼崎涼介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

兼崎 涼介(かねさき りょうすけ、1975年11月20日 - )は、主にテレビドラマ作品の監督演出家広島県生まれ。[1]

来歴[編集]

多摩美術大学美術学部芸術学科映像コースを卒業後、2000年に東映京都撮影所に入所。演出部に所属。『RED SHADOW 赤影』『TANNKA 短歌』など映画作品をはじめ、東映京都制作の数々のテレビシリーズの助監督を務めたのちに、2003年自主映画『自殺キャロット』で監督デビュー。2008年『メタル侍』で商業作品初演出。[1]

2013年以降監督活動を本格化、1月クールの『信長のシェフ』にてテレビシリーズでは初のパイロット&メイン監督を務めた。

監督作品[編集]

テレビ[編集]

  • 科捜研の女9(2009年、東映・テレビ朝日)※テレビ作品初監督 1本担当
  • 科捜研の女10(2010年、東映・テレビ朝日)2本担当
  • 科捜研の女11(2011年 - 2012年、東映・テレビ朝日)2本担当
  • おみやさん9(2012年、東映・テレビ朝日)1本担当
  • 京都地検の女8(2012年、東映・テレビ朝日)1本担当
  • 信長のシェフ(2013年、東映・テレビ朝日)※初のパイロット&最多演出 4本担当
  • 鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-(2013年、東映・フジテレビ)4本担当
  • 科捜研の女13(2013年 - 2014年、東映・テレビ朝日)2本担当 
  • 宮本武蔵(2014年2夜連続放映、東映・テレビ朝日)
  • 信長のシェフ2(2014年、東映・テレビ朝日)2本担当
  • 科捜研の女スペシャル(2014年12月、東映・テレビ朝日)
  • 佐方貞人シリーズ(東映・テレビ朝日)
    • 最後の証人(2015年)
    • 検事の本懐(2016年)
  • 京都人情捜査ファイル(2015年、東映・テレビ朝日)※パイロット&最多演出 4本担当
  • ザ・ドライバー(2015年、東映・テレビ朝日) 
  • 相棒 Season14(2015 - 2016年、東映・テレビ朝日)2本担当
  • 科捜研の女15(2015年 - 2016年、東映・テレビ朝日)2本担当 
  • 科捜研の女春スペシャル(2016年4月、東映・テレビ朝日)
  • 相棒 Season15(2016年 - 2017年、東映・テレビ朝日)3本担当 ※元日スペシャル担当
  • 科捜研の女16(2016年 - 2017年、東映・テレビ朝日)2本担当
  • 遺留捜査第4シリーズ(2017年、東映・テレビ朝日)3本担当
  • 刑事7人第3シリーズ(2017年、東映・テレビ朝日)2本担当
  • 科捜研の女2時間スペシャル(2017年10月、東映・テレビ朝日)

映画[編集]

  • 自殺キャロット(2003年)※初監督作品

オリジナルビデオ[編集]

  • メタル侍(2008年 - 2009年)※全4巻。脚本も兼任

脚注[編集]

[ヘルプ]