青い鳥 (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青い鳥』(あおいとり)は、モーリス・メーテルリンク同名の童話劇を原作とする劇団四季のミュージカル作品。 1969年に初演された。

1985年に内容を大幅に改訂し、青山劇場のこけら落とし公演として、スペクタクル・ミュージカル『ドリーミング』となり、当時としては異例の3ヶ月ロングラン上演がなされ、民放でテレビ放送もされた。

1994年には再び改訂し再演された。1985年版と同様、青山劇場の舞台機構をすべて使用した作品の為、青山劇場と愛知県芸術劇場以外の劇場では上演されなかったが、1996年に一部演出を変更し『ドリーミング SAPPORO』として北海道(札幌JRシアター)で上演。この演出で他の劇場でも上演が可能となり、大阪でも上演された。

2003年には『青い鳥』のタイトルに戻り、ファミリーミュージカルとなる。それまでは、浅利慶太の演出によって上演されていたが、2003年版の演出は加藤敬二によるものである。加藤敬二がファミリーミュージカルの演出を担当したのは本作が初。新作として衣装、装置などが一新されたが、楽曲はそれまでの『青い鳥』『ドリーミング』のものをアレンジしたものである。2003年版はNHKホールでのテレビ放送用上演および全国公演がなされた。

2009年10月には『ドリーミング』(浅利慶太演出)としてJR東日本アートセンター四季劇場[秋]で上演された。楽曲、装置などは、それまでの『青い鳥』『ドリーミング』を踏襲して再構成したものとなっているが、未来のこどもたち役として子役を起用したのは初めてである。このときの公演がDVD化されている。

スタッフ[編集]

  • 原作 モーリス・メーテルリンク
  • 脚色 劇団四季文芸部

『青い鳥』(1969年~)

『ドリーミング』(1985年)

『ドリーミング』(1994年~)

  • 演出 浅利慶太
  • 作詞 イルカ・岩谷時子・小椋佳・林光・宮川泰・劇団四季文芸部
  • 音楽監督 渋谷森久 
  • 作曲 イルカ・小椋佳・渋谷森久・鈴木邦彦・内藤法美・林光・三木たかし・宮川彬良・宮川泰
  • 編曲 宮川彬良・寺嶋民哉
  • 振付 加藤敬二

『青い鳥』(2003年)

  • 監修 浅利慶太
  • 構成・演出・振付 加藤敬二
  • 作詞 イルカ・岩谷時子・林光・劇団四季文芸部
  • 音楽構成 鎮守めぐみ 
  • 作曲 イルカ・渋谷森久・鈴木邦彦・内藤法美・林光・三木たかし・宮川彬良・宮川泰

『ドリーミング』(2009年)

  • 演出 浅利慶太
  • 作詞 イルカ・岩谷時子・小椋佳・林光・劇団四季文芸部
  • 音楽構成 鎮守めぐみ 
  • 作曲 イルカ・小椋佳・渋谷森久・鈴木邦彦・内藤法美・林光・三木たかし・宮川彬良・宮川泰
  • 編曲 宮川彬良・寺嶋民哉
  • 振付 加藤敬二

主なキャスト[編集]

『ドリーミング』(1985年プログラムより)

『ドリーミング』(1994年~)

『ドリーミング』(2009年)

『青い鳥』(2012年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]