この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

水沢エレナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

みずさわ えれな
水沢 エレナ
Erena Mizusawa from acrofan.jpg
水沢 エレナ
プロフィール
別名義 各務 英礼奈
愛称 エレナ
生年月日 1992年3月21日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 AB型
公称サイズ(2011年6月時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
スリーサイズ 80 - 57 - 85 cm
カップサイズ B
股下 / 身長比 83 cm / 48.8 %
靴のサイズ 24.5 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
その他の記録
早稲田アカデミーイメージモデル
モデル: テンプレート - カテゴリ

水沢 エレナ(みずさわ エレナ、Erena, Mizusawa、1992年3月21日 - )は、愛知県名古屋市出身のファッションモデル女優オスカープロモーション所属。

過去には各務 英礼奈(かがみ えれな)名義で活動していた。

経歴

  • 2003年、小学館「ちゃお」にて、『ニーナを探せ!!モデルオーディション』 ニーナ賞を受賞し、デビュー。
  • 2006年、ティーン誌「CANDy」(白泉社)のモデルを経て、「Seventeen」(集英社)の専属モデルとして活動した。
  • 2007年春頃からは、女優の活動も始める。BS-i恋する日曜日 卒業〜春の嘘』でドラマデビュー。
  • 2008年、『東京少女 水沢エレナ』で連続ドラマ初主演を果たす[1]
  • 2008年8月、TBS系にて『恋空』の連続ドラマ版で、主人公の美嘉役に抜擢される。
  • 2010年3月3日、日出中学校・高等学校を卒業。
  • 2010年6月に、初の写真集『リアル』が発売。
  • 2011年
    • 5年間専属モデルを務めていたSeventeenを4月号(3月1日発売)にて卒業し、non-no(同4月20日発売の6月号より)の専属モデルとなる。
  • 2013年
    • non-no専属モデルを5月号(3月19日発売)にて卒業し、同月末アミューズを退社。同年7月よりオスカープロモーションに所属[2][3][4]
  • 2014年
    • 1月28日発売の3月号よりOggi小学館)専属モデルとなった。
  • 2018年
    • 8月に『LOVEあいちサポーターズ あいち親善大使』に委嘱[5]

人物

  • 父親は日本人で、母親は韓国人。特技は、韓国語。インタビューで、韓国語を披露したこともある[6]
  • 犬を飼っている。名前は『紅』[7]
  • 多くの人を感動させられる女優を目指しており、目標とする女優として、事務所の先輩(当時)でもある上野樹里の名前を挙げている[8]。同世代で気になる女優は、北乃きい[9]
  • ドラマプロデューサー丹羽多聞アンドリウは、水沢について「近い将来、ポスト上野樹里と呼べるような女優になるのではないか」と語っている[10]
  • チャームポイントは、大きな口。昔は好きではなかったが、周囲の人間から褒められるうちに、チャームポイントだと思えるようになった[8]
  • 一人っ子である。
  • キウイアレルギーだが、ゴールドキウイは好き。
  • 俳優の小出恵介(共演作品は『風が強く吹いている』・『JIN-仁-』・『奇跡の動物園〜旭山動物園物語〜』2010)と同じ所属事務所ということもあり共演が多い。
  • Perfumeファンの一人で、ライブを観覧している。2013年3月までは事務所も同じだった。
  • アレルギーである。

性格・嗜好

出演

テレビドラマ

アミューズ所属時代
オスカー移籍後

配信ドラマ

映画

アミューズ所属時代
オスカー移籍後

CM

web

  • 卒業までにしたい3つのこと(2010年2月1日 - 3月1日、LISMO Channel) - 結衣 役

広告

MV

バラエティ番組

  • 1分間のドラマCM(2010年8月17日 - 19日、TBS)
  • ローマを夢見たアンコールワット 東南アジア最大覇権王朝の栄光と真実〜すべての道はアンコールワットに通ず〜(2011年1月1日 - 2日、TBS)
  • 東京上級デート(2014年1月15日、テレビ朝日)
  • 東京上級デート2(2014年4月23日、テレビ朝日)

雑誌

写真集

ラジオ

イベント

脚注

  1. ^ a b マイコミジャーナル. “『東京少女 水沢エレナ』で連続ドラマ初主演-女優・水沢エレナ”. 2008年8月4日閲覧。
  2. ^ 水沢エレナ オスカープロモーション所属のお知らせ - 2013年7月5日オスカープロモーション公式HP(2013年7月9日閲覧)
  3. ^ 映画.com (2013年7月27日). “水沢エレナ、オスカーに移籍し歌手志願「自信あります」”. 2013年9月5日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞デジタル (2013年7月26日). “水沢エレナ:移籍後初の公の場に「いろいろな私見せたい」”. 2013年9月5日閲覧。
  5. ^ 水沢エレナ「名刺を持つのは初めて」あいち親善大使 - 日刊スポーツ、2018年8月8日
  6. ^ アイトピックス!. “水沢エレナ CMで注目度UP!14歳美少女がムービーインタビューに登場”. 2008年8月4日閲覧。
  7. ^ STモのみんなでブログ☆水沢エレナ. “我が家のセレブな妹です!?”. 2008年8月4日閲覧。
  8. ^ a b 毎日jp. “水沢エレナ:“大口美少女”目標は先輩・上野樹里「東京少女」会見”. 2008年8月4日閲覧。
  9. ^ a b c 2008年4月号「日経エンタテインメント!」(日経BP社)
  10. ^ マイコミジャーナル. “水沢エレナ「感動を与える女優になりたい」 - ドラマ『東京少女』記者会見”. 2008年8月4日閲覧。
  11. ^ マイナビニュース (2008年5月2日). “『東京少女 水沢エレナ』で連続ドラマ初主演 -女優・水沢エレナ”. 2013年9月5日閲覧。
  12. ^ モデルプレス (2014年10月17日). “水沢エレナ、人生初のベリーショート姿披露「一気に気持ちが変わる」”. 2014年11月23日閲覧。
  13. ^ CinemaCafe.net (2014年11月21日). “セクゾン・中島が主演『黒服物語』第5話に水沢エレナが元・新宿No.1キャバ嬢役で登場!”. 2014年11月23日閲覧。
  14. ^ ORICON STYLE (2016年5月25日). “武井咲、滝沢秀明と7月期連ドラで初共演 禁断愛描く「私にできるのだろうか」”. 2016年5月25日閲覧。
  15. ^ dTV×FODドラマ「Love or Not」メイキング”. フジテレビONE/TWO/NEXT (2017年4月11日). 2017年4月11日閲覧。

注釈

  1. ^ オムニバス作品。合計5人の人物を演じる。
  2. ^ 特に役名がなく夢の3人組の1人として出演した。
  3. ^ non-no TV内のミニドラマ作品。

外部リンク