キャバレー (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キャバレー』(Cabaret )は、1966年ブロードウェイで初演されたミュージカル。ジョン・カンダー作曲、フレッド・エブ作詞、ハロルド・プリンス演出による。

概要[ソースを編集]

『キャバレー』は、アメリカのクリストファー・イシャーウッドの短編集『ベルリン物語』を、イギリスの劇作家ジョン・ヴァン・ドゥルーテンが『私はカメラだ』という戯曲にしたものをベースにミュージカル化された。ナチスの支配が強まるベルリンで、場末のキャバレー「キットキャットクラブ」を舞台に、歌姫サリーと作家志望のアメリカ人クリフとの恋と破局を描く。同年のトニー賞では最優秀ミュージカル賞、ミュージカル部門最優秀助演男優賞(ジョエル・グレイ)など九部門を受賞、2年10ヵ月のロングラン公演となった。

1993年にはロンドンウエスト・エンドで若手演出家サム・メンデスによってリバイバル上演され、キットキャットクラブのホスト、エムシーを前面に押し出した大胆な演出が評判となった。

1998年3月にはブロードウェイで、かつて1970年代の終わりに存在した伝説的クラブ「Studio 54」をキャバレー風に改装して「キットキャットクラブ」とした斬新なスタイルの劇場でリバイバル公演がスタート、同年のトニー賞で最優秀リバイバルミュージカル賞、ミュージカル部門最優秀主演男優賞(アラン・カミング)など4部門を受賞、この成功をうけて5年10ヵ月のロングラン公演となった。

映像化[ソースを編集]

1972年ボブ・フォッシー監督で映画化された。舞台版とはエンディングが異なる。同年度のアカデミー賞ではサリー役のライザ・ミネリ主演女優賞、舞台版と同じエムシー役を演じたジョエル・グレイ助演男優賞など8部門を受賞した。

日本における舞台公演[ソースを編集]

1982年(日本初演)
  • 博品館劇場で上演。
  • 演出は渡辺浩子、順みつき主演 共演は尾藤イサオ
1993年
  • 前田美波里主演、市村正親、草刈正雄
2004年
  • 真矢みき、錦織一清主演
2007年
2010年
2012年
  • 日生劇場にて上演。
  • 2010年版と同じく、修辞、訳詞、演出を小池が担当。
2017年
  • パルコプロデュースにて上演。演出を松尾スズキが担当[1]
  • EX TEHATER ROPPONGIほか、横浜、大阪、仙台、愛知、福岡で上演予定[2]
  • キット・カット・クラブのシンガーとダンサーはオーディションで決定[1]
主なキャスト
  2007年 2010年 2012年 2017年
サリー・ボウルズ 松雪泰子 藤原紀香 長澤まさみ
MC 阿部サダヲ 諸星和己 石丸幹二
クリフォード・ブラッドショー(クリフ) 森山未來 阿部力 大貫勇輔 小池徹平
シュナイダー夫人 秋山菜津子 杜けあき 秋山菜津子
シュルツ 小松和重 木場勝己 小松和重
エルンスト 村杉蝉之介 戸井勝海 増沢望 村杉蝉之介
コスト 平岩紙 高嶺ふぶき 平岩紙

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]