デビー・ギブソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デボラ・ギブソンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
デビー・ギブソン
Debbie Gibson
Debbie Gibson adjusted.jpg
デビー・ギブソン(2008年)
基本情報
出生名 Deborah Ann Gibson
別名 デボラ・ギブソン(Deborah Gibson)
生誕 (1970-08-31) 1970年8月31日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨークブルックリン
ジャンル ポップ・ミュージックダンス・ポップポップ・ロック、ラテン・フリースタイル
職業 シンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優
担当楽器 ボーカル、ピアノ
活動期間 1986年 -
レーベル アトランティック・レコード
SBK/EMI
SMEJ
Dauman Music
共同作業者 ティファニー
マルティカ
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
トミー・ペイジ
公式サイト debbiegibsonofficial.com
1980年代のデビー・ギブソン

デビー・ギブソン(Debbie Gibson、本名:Deborah Ann Gibson、1970年8月31日 - )は、アメリカ合衆国の歌手、ミュージカル女優。2曲の全米ナンバーワン・ヒットを持つ[1]

略歴[編集]

ニューヨークブルックリン生まれ。幼少時からピアノを習い、また作曲の才能も発揮する。1986年に16歳でアトランティック・レコードと契約し、同年12月にデビー・ギブソン名義でデビュー曲「オンリー・イン・マイ・ドリームス」を発表。この曲は1987年Billboard Hot 100で4位の大ヒットを記録[1]。そして、1987年に自身で作詞、作曲、プロデュースも手がけたデビュー・アルバム『アウト・オブ・ザ・ブルー』をリリースした。

1988年、4枚目のシングル「フーリッシュ・ビート」が全米1位となり[1]、一躍アイドルとしてスターダムにのし上がった。同時期に同じく十代の女性歌手としてティファニーがデビューし、ライバル関係と目されるようになる。同年、麗美の全米デビュー・シングル「スピード・オブ・ライト」(映画『ミスター・アーサー2』、日本テレビ系列あきれた刑事』挿入歌)を提供。『ビルボード』誌のダンス・チャート”CLUB-PLAY"で14位、全米ダンスセールスチャート”12inch Single SALES"で19位を記録した。

1989年、2枚目のアルバム『エレクトリック・ユース』はアルバムチャート1位、シングルの「ロスト・イン・ユア・アイズ」も1位の大ヒットとなる[1]。『エレクトリック・ユース』は日本でもオリコン洋楽アルバムチャートで1989年2月20日付から2週連続1位を獲得した[2]

1990年TBS系列で放送された浅野ゆう子いしだあゆみ共演のドラマ『男について』のテーマ曲として、山下達郎の曲にデビー・ギブソンが英詞をつけた「ウィズアウト・ユー」を大ヒットさせた[3]。この曲は日本以外では発表されなかったため、海外のファンが日本のCDを手に入れようと苦労したと言われている。

そんなデビー・ギブソンもライバルのティファニーに差を付けたかと思われたが、その人気は長く続かなかった。

その後は主にミュージカル女優として活動、『レ・ミゼラブル』『グリース』などに出演する。その傍らアルバムもリリースし、アイドルのイメージから脱却するため芸名をデボラ・ギブソンと変えた。現在もミュージカル、音楽の両方で活動中。

2006年、元ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックジョーダン・ナイトとデュエットし、ビルボード・アダルトコンテンポラリーチャートの24位に入って久々に表舞台に登場した。

2010年には、デビー・ギブソン名義でJ-POPの男性ボーカル曲のカバー・アルバム『MS.VOCALIST』を日本でリリースした。

2011年、テレビ映画『メガ・パイソンVSギガント・ゲイター』にてティファニーと共演した。かつてのライバル関係をそのままに脚本に活かした内容となっており、2人の乱闘シーンも収められている。この映画の前にデビーはテレビ映画『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』に主演し、ティファニーもテレビ映画『メガ・ピラニア』に出演しており、この両作品が話題となったことでこれらの2作品を製作しているアサイラムにより製作されている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • アウト・オブ・ザ・ブルー』 - Out of the Blue (1987年)
  • 『エレクトリック・ユース』 - Electric Youth (1989年)
  • 『エニシング・イズ・ポッシブル』 - Anything Is Possible (1990年)
  • 『ボディ・マインド・ソウル』 - Body Mind Soul (1993年)
  • 『シンク・ウィズ・ユア・ハート』 - Think With Your Heart (1995年)
  • 『ムーンチャイルド』 - Deborah (1996年)
  • 『M.Y.O.B.』 - M.Y.O.B. (2001年)
  • Colored Lights: The Broadway Album (2003年)
  • 『MS.VOCALIST』 - Ms. Vocalist (2010年)
※日本限定発売のカバー・アルバム。「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)、「SAY YES」(CHAGE and ASKA)、「I LOVE YOU」(尾崎豊)、「浪漫飛行」(米米CLUB)、「Suddenly〜ラブ・ストーリーは突然に〜」(小田和正)、「TRUE LOVE」(藤井フミヤ)、「瞳をとじて」(平井堅)、「桜坂」(福山雅治)、「HOWEVER」(GLAY)、「ロビンソン」(スピッツ)、「世界中の誰よりきっと」(中山美穂WANDS)などのカバーを収録。

シングル[編集]

  • 「オンリー・イン・マイ・ドリームス」 - "Only in My Dreams" (1986年)
  • 「シェイク・ユア・ラヴ」 - "Shake Your Love" (1987年)
  • 「アウト・オブ・ザ・ブルー」 - "Out of the Blue" (1988年)
  • フーリッシュ・ビート」 - "Foolish Beat" (1988年)
  • 「ステーイング・トゥゲザー」 - "Staying Together" (1988年)
  • 「ロスト・イン・ユア・アイズ」 - "Lost In Your Eyes" (1989年)
  • 「エレクトリック・ユース」 - "Electric Youth" (1989年)
  • 「ノー・モア・ライム」 - "No More Rhyme" (1989年)
  • 「ウイ・クッド・ビー・トゥゲザー」 - "We Could Be Together" (1989年)
  • 「ウィズアウト・ユー」 - "Without You" (1990年)
  • 「エニシング・イズ・ポッシブル」 - "Anything Is Possible" (1990年)
  • 「ミラクル」 - "This So-Called Miracle" (1991年)
  • 「ワン・ハンド, ワン・ハート」 - "One Hand, One Heart" (1991年)
  • 「ワン・ステップ・アヘッド」 - "One Step Ahead" (1991年)
  • 「イン・ヒズ・マインド」 - "In His Mind" (1992年)
  • 「ルージング・マイセルフ」 - "Losin' Myself" (1992年)
  • 「アイズ・オブ・ザ・チャイルド」 - "Eyes of the Child" (1993年)
  • 「ショック・ユア・ママ」 - "Shock Your Mama" (1993年)
  • 「フリー・ミー」 - "Free Me" (1993年)
  • 「かわらぬ想い」 - "For Better or Worse" (1995年)
  • 「ムーンチャイルド」 - "Moonchild" (1997年)
  • 「ナチュラリー」 - "Naturally" (1998年)
  •  "Only in My Dreams 1998" (1998年)
  • 「ホワット・ユー・ウォント」 - "What You Want" (2000年)
  • 「ユア・シークレット」 - "Your Secret" (2001年)
  •  "Naked" (2005年)

フィルモグラフィ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2009 メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス
Mega Shark vs Giant Octopus
エマ・マクニール
2011 メガ・パイソンVSギガント・ゲイター
Mega Python VS. Gatoroid
ニッキー・ライリー
2014 メガ・シャークVSメカ・シャーク
Mega Shark Versus Mecha Shark
エマ・マクニール

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Debbie Gibson - Awards : AllMusic
  2. ^ オリコンのデータ協力による “全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1” の洋楽コンピが登場!、ソニーミュージック、2017年8月8日。
  3. ^ 第一生命保険のCMソングとして山下が制作した曲(「さよなら夏の日」。後に自身のアルバム『ARTISAN』に収録)を提供したものだが、実際には曲の使用許諾を出した程度のもので、メロディーラインはデビー・ギブソン側のスタッフによって大幅な改変が加えられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]