メガ・シャークVSメカ・シャーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メガ・シャークVSメカ・シャーク
MEGA SHARK VS MECHA SHARK
監督 エミール・エドウィン・スミス
脚本 H・ペリー・ホートン
ホセ・プレンデス
製作 デヴィッド・マイケル・ラット
製作総指揮 デヴィッド・リマウィー
撮影 アレクサンダー・イェレン
製作会社 アサイラム
公開 2014年
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 メガ・シャークVSクロコザウルス
次作 メガ・シャークVSグレート・タイタン
テンプレートを表示

メガ・シャークVSメカ・シャーク』(メガ・シャーク バーサス メカ・シャーク、原題:MEGA SHARK VS MECHA SHARK)は、アメリカ合衆国ビデオ映画。『メガ・シャークVSクロコザウルス』の続編。

あらすじ[編集]

メガ・シャークとクロコザウルスとの戦いから数年。エジプトまで運ばれてきた氷山から、突如としてメガ・シャークが出現する。三度復活したメガ・シャークを前に、国連は全海域の封鎖を決定。猛威を振るうメガ・シャークを倒すため、最新兵器「メカ・シャーク」が出撃する。だが、圧倒的な強さを誇るメガ・シャークの前にメカ・シャークと軍は苦戦する。はたして人類はメガ・シャークを倒すことができるのだろうか。

登場する怪獣[編集]

メガ・シャーク
三度人類の前に現れた巨大サメ。今回は二匹目である。氷山の中から突如復活した。劇中で全長60メートルと説明されている。前作同様、凄まじいまでのパワーで人類を追い詰める。
メカ・シャーク
対メガ・シャーク用に開発された最終兵器。乗員は1名で、人工知能によって制御される。主武装は魚雷。陸上モードにも変形可能。メガ・シャークに対抗できるだけの性能を持つが、実戦ではトラブル続きでまともに機能せず、メガ・シャークに苦戦を強いられる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ロージー エリザベス・ローム 早川舞
ジャック クリストファー・ジャッジ 黒澤剛史
エングルバーグ提督 マット・レーガン
マクニール デボラ・ギブソン

テレビ放送[編集]

2015年12月31日、2:05 - 3:35(JST)、テレビ東京にて「年忘れロードショー」として地上波初放送[1]二ヶ国語放送)。

脚注[編集]

  1. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年1号 80頁

外部リンク[編集]