ラブ・ストーリーは突然に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラブ・ストーリーは突然に
小田和正楽曲
収録アルバム Oh! Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に
リリース 1991年2月6日
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル Little Tokyo/ファンハウス
作詞者 小田和正
作曲者 小田和正
プロデュース 小田和正
その他収録アルバム
チャート順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1991年度年間1位(オリコン)
  1. 「Oh! Yeah!」
  2. ラブ・ストーリーは突然に
Oh! Yeah! 収録曲
FAR EAST CLUB BAND SONG
(9)
ラブ・ストーリーは突然に
(10)
Oh! Yeah!
(11)
伝えたいことがあるんだ 収録曲
Oh! Yeah!
(5)
ラブ・ストーリーは突然に
(6)
あなたを見つめて
(7)
自己ベスト 収録曲
Oh! Yeah!
(8)
ラブ・ストーリーは突然に
(9)
my home town
(10)
あの日 あの時 Disc-2 収録曲
恋は大騒ぎ
(3)
ラブ・ストーリーは突然に
(4)
Oh! Yeah!
(5)

ラブ・ストーリーは突然に」(ラブ・ストーリーはとつぜんに)は、小田和正の楽曲。シングル「Oh! Yeah!」のカップリング曲で、両A面シングルとして、「恋は大騒ぎ」以来1年ぶりのリリース。

1991年2月6日に発売された小田和正のソロとして6枚目のシングル「Oh! Yeah!」に収録され、同年1月期に放送されたフジテレビ月9ドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌として起用された。

当初は『「ラブ・ストーリーは突然に」』というように括弧を付けて表記していたが、直後のアルバム『Oh! Yeah!』以降括弧を付けずに表記している。

誕生まで[編集]

『東京ラブストーリー』主題歌の依頼を受けた際、フジテレビプロデューサー大多亮から、オフコース時代の「Yes-No」に似た切ない感じの曲が欲しい、というリクエストがあった。しかし、当時ラブソングを歌うことに辟易していた小田が初めに作った曲は、大多の期待していたものとは違っていた。大多は悩みながらも、小田が気分を害するのを覚悟で別の曲を依頼した。すると小田は、「1週間もらえれば、ぐうの音も出ないような曲を作る」と宣言し、改めて作り直したのがこの曲だった。

最初に作った曲のほうは「FAR EAST CLUB BAND SONG」であり、ベスト・アルバムOh! Yeah!』に収録されている。この曲は1991年3月、フジテレビで放送された単発のオムニバスドラマ『ラブストーリーは突然に』(『東京ラブストーリー』とは別)のテーマ曲として使われた。

2001年にはスケボーキングにより「TOKIO LV」としてリメイクされた。また、2013年には加藤ミリヤ×清水翔太の「LOVE STORY」として一部がサンプリングされた。

ドラマの主題歌として[編集]

佐橋佳幸ギターカッティングによる長めのイントロで始まる。ドラマでは、まずオープニングのタイトルバックで流れるが、この時はイントロが長めにカットされ、イントロ終了近くからスタートしている。またオープニングやドラマ途中などで流れていたドラマ用のミックスと、シングル用のミックスは異なったものであり、ドラマ用のミックスでは、ドラム音などは打ち込み音を強調し、楽器音を前面に押し出したミックスとなっており、シングル用のミックスでは、生ドラム音などの楽器の音圧は抑え目になっており、小田のボーカルを前面に押し出したミックスとなっている(唄い回しも微妙に違う別テイクである)。

ドラマの中では、歌の部分をインストゥルメンタルに変えたバージョンがBGMとして使われた。ドラマ終盤、状況が一変したり、登場人物の心境が大きく変わったりする山場でギターカッティングから始まるこのイントロから歌の部分が毎話挿入され続ける。また、最終回第11話のストーリーのクライマックスである3年後のシーンでのみ、ギターカッティングが完全にミュートされたインストゥルメンタルバージョンが利用され、時間とともに登場人物の環境が一変したことを感じさせるサウンドの演出となっている。

それまでのテレビドラマでは、主題歌と挿入曲には明確な線引きがあり、主題歌がドラマの中で使われることは少なく、挿入されるとしても、インストゥルメンタルにアレンジされたものがBGM的に使われるだけである場合が多かった。

以降、この手法を受け継いだドラマが民放で量産され、特に同じフジテレビの月9枠から、『101回目のプロポーズ』とCHAGE and ASKAの「SAY YES」(1991年)、『素顔のままで』と米米CLUBの「君がいるだけで」(1992年)、『やまとなでしこ』とMISIAの「Everything」(2000年)など、ドラマ・主題歌ともにヒットした作品が次々と生まれた。さらにはNHK連続テレビ小説でも、『ひらり』においてDREAMS COME TRUEの「晴れたらいいね」を起用しヒットを収めている[1]

小田和正の代表曲として[編集]

この曲のヒット以降、ソロアーティストとしての小田和正も「ヒットメーカー」「ビッグアーティスト」の仲間入りをし、小田のもとにドラマ主題歌やCMソングの依頼が相次ぐようになった。

発売14年後、2005年末にNHKが実施した、紅白歌合戦に関連したアンケート・リクエスト、「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」で、「ラブ・ストーリーは突然に」は白組の第44位にランクインした。

小田のコンサートでも、この曲が演奏されるときが最も盛り上がる。何度もコンサートに足を運ぶファンから、初めて来たファンまでを一気に燃え上がらせる瞬間をつくることのできる曲である。

小田自身がTVに出演することが稀なため、発売当時はテレビ番組での披露はされていなかったが、1991年12月3日にフジテレビ系で放送された、『FNS歌謡祭』において、「ラブ・ストーリーは突然に」を、メイン会場とは別の会場からの生中継という形で初披露した。この出演が、小田和正のソロ活動開始後の初のテレビ生出演となった。また、1991年の大晦日に放送された『FNS大感謝祭』においても、この生放送時の映像が放送された。フジテレビで「ラブ・ストーリーは突然に」が紹介される時には、この生放送時の映像が使用される事が多い。また、2000年の『LOVE LOVEあいしてるスペシャル』に小田が出演し、KinKi Kids篠原ともえ吉田拓郎と共に「ラブ・ストーリーは突然に」を披露した。

テレビ朝日クレヨンしんちゃんにおいても、野原みさえ野原ひろしが結婚する前に劇中で流れていた曲でもある[2]

ヒットの記録[編集]

Oh! Yeah!」の売上げは約270万枚[3][4]。当時の日本におけるシングルCDの売上げ記録を更新した。オリコン1991年年間シングルチャート第1位を獲得。プラチナ認定(シングルトラック日本レコード協会[5]

CDタイトルとして併記される[編集]

オリコンでは「Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」と併記されており、現在でも、CD販売サイト・小田和正の公式サイトなどでは併記されている。

CD自体、ジャケット仕様など両A面のつくりをしている(裏表同じ写真が使われ、そこに同じ様式でそれぞれの曲名が記載されている)。CDの背表紙にも、両曲が併記されている。

しかし小田の他シングルCD、「あなたを見つめて」や「いつか どこかで」も、カップリング曲が映画挿入曲であるため、背表紙には両曲が併記され、ジャケットでも文字の大きさなどの扱いが同等になっている。

ユニコーンの「働く男」のシングル盤のように、コンセプト上の意図でカップリングを1曲目・A面曲を2曲目としたわけではない。

フジテレビとレコード会社のファンハウスは、「ラブ・ストーリーは突然に」をA面曲として強くアピールし、販売数につなげたいという意向が強かった。特にフジテレビ側より、ドラマ主題歌の「ラブ・ストーリーは突然に」をA面にするよう強い要請があったが、小田本人は思い入れの強い「Oh! Yeah!」をA面にする決心を固めて譲らなかった。対立した意見を仲裁したファンハウスが、打開策として両A面を提案したが、小田はそのような方法は潔くないと嫌った。しかし最終的には自分が折れることにし、ジャケットの両A面仕様での発売に至った、といういきさつを雑誌に明かしている。

脚注[編集]

  1. ^ ボーカルのあるテーマ曲の採用については『ロマンス』の前例がある。
  2. ^ 1998年4月17日放送「青春時代の父ちゃん母ちゃんだゾ」
  3. ^ 小田和正 - アーティストページ - J-POP 追いかけネットインターネットアーカイブのキャッシュ)
  4. ^ BMG WEB SITE FUN HOUSE(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  5. ^ RIAJ 2015年5月度