サム・メンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サム・メンデス
Sam Mendes
Sam Mendes
本名 Samuel Alexander Mendes
生年月日 (1965-08-01) 1965年8月1日(53歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド レディング
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 ケイト・ウィンスレット (2003年-2010年)
アリソン・バルサム(2017年- )
主な作品
アメリカン・ビューティー
007 スカイフォール
007 スペクター

サミュエル・アレクサンダー・メンデス,CBESamuel Alexander Mendes, CBE1965年8月1日 - )は、イギリス演出家映画監督

来歴[編集]

生い立ち[編集]

バークシャーレディングにて、トリニダード・トバゴおよびポルトガル系の父親ジェームソン・ピーター・メンデス(大学講師)とユダヤ系イギリス人の母親ヴァレリー・ヘレン・バーネット(児童文学作家)の間に生まれる。1970年に両親は離婚し、母親と暮らす。

ケンブリッジ大学卒業後、チチェスター・フェスティバル劇場ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで演出家としてキャリアを始める。

キャリア[編集]

ロンドンニューヨークでいくつもの舞台(『オリヴァー!』『十二夜』『桜の園』『キャバレー』『ブルー・ルーム』等)を演出し、ローレンス・オリヴィエ賞を始め数々の賞を受賞している。2002年まで、ロンドンのドンマー・ウエアハウスの芸術監督を務めた。

1999年公開の映画監督デビュー作『アメリカン・ビューティー』でアカデミー監督賞ゴールデングローブ賞 監督賞を受賞。2000年にはイギリス王室より大英帝国勲章を与えられた。

2003年には、トム・ハンクスポール・ニューマンジュード・ロウといった豪華キャストを揃えた『ロード・トゥ・パーディション、2008年には、レオナルド・ディカプリオと、当時の妻だったケイト・ウィンスレットという『タイタニック』のコンビを主演にした『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を監督し、話題を呼んだ。

2012年には監督を務めた『007』シリーズ第23作『007 スカイフォール』が公開された。本作は『007』シリーズ50周年記念という節目の年の作品であり、制作発表時から大きな注目を浴びていた。そして公開後、イギリス歴代興業1位をアバターを抜いて獲得。第85回アカデミー賞では『007』シリーズとしては、1965年の『007 サンダーボール作戦』以来となる、実に47年振りのアカデミー賞で2部門を獲得。その3年後の2015年には続編となる、『007 スペクター』も監督した。

2019年、再び舞台の演出を務め、『FERRY MAN』で第73回トニー賞を受賞した。

作風[編集]

人間の闇にスポットを当てた描写が多く、主人公が初老男性であることが多いのも特徴である。その影響はクリストファー・ノーランの作風の影響を受けた『007 スカイフォール』でより顕著となっており、主人公と悪役の対比、病を患いながらも戦い抜く主人公像が特徴的である。それゆえか、台詞回しもかなり哲学的なものが多い。

私生活[編集]

女優のジェーン・ホロックスキャメロン・ディアスキャリスタ・フロックハートレイチェル・ワイズなどとの交際を経て、2003年に女優のケイト・ウィンスレット西インド諸島で結婚。同年12月には長男も誕生し、一家でニューヨークで暮らしていたが、2010年3月15日、すでにケイト・ウィンスレットとは別居をしており離婚手続き中であることを弁護士を通じて発表した。

2017年、トランペット奏者のアリソン・バルサムと再婚。

主な作品[編集]

演出[編集]

監督[編集]

製作[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]