アラン・ヒューム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラン・ヒューム
Alan Hume
本名 George Alan Hume
生年月日 (1924-10-16) 1924年10月16日
没年月日 (2010-07-13) 2010年7月13日(85歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランド, ロンドン
職業 撮影監督
活動期間 1942年 - 1998年
テンプレートを表示
Alan Hume
B.S.C.
雇用者Cineguild Productions (1940s)
著名な実績Carry On films
Return of the Jedi (1983)
Octopussy (1983)
A View to a Kill (1985)
子供4

アラン・ヒューム, BSCAlan Hume, 1924年10月16日 - 2010年7月13日[1])は、イギリス撮影監督[2]イギリス撮影監督協会会員。

キャリア[編集]

ヒュームは、1942年にデンハム・フィルム・スタジオ英語版で働き始め、1940年代後半にはシネギルド・プロダクション英語版に移籍し働いていた。第二次世界大戦中に英国海軍艦隊航空隊に召集される前の初期の作品には、『Oliver』や『The First of the Few』(1942年)などがある。戦後は、『大いなる遺産』(1946年)、『マデリーン 愛の旅路英語版』(1950年)、『情事の終り英語版』(1955年)などで撮影技師を務めた。1960年代には、1961年の『Carry On Regardless』を皮切りに、成功を収めたコメディ映画シリーズ『Carry On』の撮影監督を務め、最終的にはアーネスト・スチュワード英語版と交互に同シリーズの正撮影監督を務めた。

1960年代には、ホラー映画『吸血鬼の接吻』(1962年、ハマー・フィルム)、『テラー博士の恐怖』(1965年、アミカス・プロダクション英語版)などの撮影を担当している[3]。その後の作品としては、『Checkered Flag or Crash』(1977年)、『007 ユア・アイズ・オンリー』(1981年)、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)、『007 オクトパシー』(1983年)、『007 美しき獲物たち』(1985年)、『暴走機関車』(1985年)、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(1988年)、『旅する女 シャーリー・バレンタイン英語版』(1989年)などがある。

私生活[編集]

ヒュームには4人の子供がいたが、息子の一人であるリンゼイは、10代後半のときに交通事故で亡くなった。他の2人の息子と娘のポーリンは、彼の後を継いで映画界に入り、活躍している。

主なフィルモグラフィ[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.imdb.com/name/nm0401727/news#ni3287219
  2. ^ Alan Hume”. The New York Times (2013年). 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月20日閲覧。
  3. ^ Stevens, Christopher (2010). Born Brilliant: The Life of Kenneth Williams. John Murray. p. 389. ISBN 978-1-84854-195-5 

関連文献[編集]

外部リンク[編集]