デブラ・グラニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デブラ・グラニック
Debra Granik
Debra Granik
2010年
生年月日 (1963-02-06) 1963年2月6日(56歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ケンブリッジ
民族 ユダヤ人[1]
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
主な作品
ウィンターズ・ボーン
足跡はかき消して

デブラ・グラニック(Debra Granik、1963年2月6日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家である。日本語では「デブラ・グラニク」と表記されることもある[2]

経歴[編集]

1963年2月6日[3]マサチューセッツ州ケンブリッジに生まれる[3]

ブランダイス大学にて政治を学んだ[4]。1985年に同大学を卒業したのち、約10年間にわたり、結婚式や政治的な行進の撮影など、フィルム関係の仕事にたずさわる[5]。彼女が最初に給与を得た仕事は、レジ係に手根管症候群の予防方法を教えたり、有害生物駆除作業員に防護服の着用方法を教えたりするための安全衛生ビデオの製作だった[6]。その後、ニューヨーク大学へ進学し、映画を学ぶ[5]。同大学で修士号を取得した[4]

2004年、ヴェラ・ファーミガ主演の『Down to the Bone』で長編映画監督デビュー[7]。2010年、ジェニファー・ローレンス主演の『ウィンターズ・ボーン』を手がける[8]。2014年には、ドキュメンタリー映画『Stray Dog』を監督した[9]

フィルモグラフィー[編集]

長編映画[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kaminer, Michael (2011年1月25日). “Jews Sweep Academy Award Nominations”. The Forward. 2016年5月14日閲覧。
  2. ^ ダルデンヌ兄弟が選ぶお気に入り映画、「赤線地帯」「ゼロ・グラビティ」ほか20本”. 映画ナタリー (2015年6月2日). 2016年5月14日閲覧。
  3. ^ a b Debra Granik”. AlloCiné. 2016年5月14日閲覧。
  4. ^ a b Niccum, Jon (2015年4月16日). “‘Winter’s Bone’ director returns to Missouri in her latest movie at Kansas City FilmFest”. The Kansas City Star. 2016年5月14日閲覧。
  5. ^ a b Stern, Marlow (2014年10月24日). “Life After ‘Winter’s Bone’: Debra Granik on Finding J. Law and the Plight of the Female Director”. The Daily Beast. 2016年5月14日閲覧。
  6. ^ Purcell, Andrew (2011年2月24日). “The nominees: 'I must keep a vow. I'm going to watch a circus'”. The Guardian. 2016年5月14日閲覧。
  7. ^ Schager, Nick (2015年1月26日). “Vera Farmiga and Debra Granik shared a breakthrough at Sundance 2004”. The A.V. Club. 2016年5月14日閲覧。
  8. ^ Oldham, Stuart (2010年6月11日). “Q&A: ‘Winter’s Bone’ star Jennifer Lawrence”. Variety. 2016年5月14日閲覧。
  9. ^ Thompson, Anne (2014年6月27日). “Debra Granik Goes Rogue with First Doc 'Stray Dog'”. Indiewire. 2016年5月14日閲覧。
  10. ^ McCarthy, Todd (2004年1月25日). “‘Primer’ tops Sundance”. Variety. 2016年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]