シドニー・ルメット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シドニー・ルメット
Sidney Lumet
Sidney Lumet
本名 Sidney Arthur Lumet
生年月日 (1924-06-25) 1924年6月25日
没年月日 (2011-04-09) 2011年4月9日(86歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フィラデルフィア
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督演出家俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1939年 - 2007年
配偶者 リタ・ガム(1949年 - 1955年)
グロリア・ヴァンダービルト(1956年 - 1963年)
ゲイル・ルメット・バックリー[1](1963年 - 1978年)
メアリー・ギンベル(1980年 - 2011年)
著名な家族 バルーク・ルメット(父)
エイミー・ルメット(長女)
ジェニー・ルメット(次女)
主な作品
十二人の怒れる男
質屋
未知への飛行

セルピコ
オリエント急行殺人事件
狼たちの午後
ネットワーク
エクウス
ウィズ
プリンス・オブ・シティ
デストラップ 死の罠
評決
モーニングアフター
旅立ちの時
その土曜日、7時58分
 
受賞
アカデミー賞
名誉賞
2005年 脚本家、俳優、そして映画に尽くし続けてきた貢献に対して
ヴェネツィア国際映画祭
パシネッティ賞
1981年プリンス・オブ・シティ
ベルリン国際映画祭
金熊賞
1957年十二人の怒れる男
国際カトリック映画事務局賞
1957年『十二人の怒れる男』
ニューヨーク映画批評家協会賞
監督賞
1981年『プリンス・オブ・シティ』
生涯功績賞
2007年
ロサンゼルス映画批評家協会賞
監督賞
1975年狼たちの午後
1976年ネットワーク
生涯功労賞
2007年
AFI賞
アメリカ映画ベスト100(第66位)
1998年ネットワーク
ゴールデングローブ賞
監督賞
1976年『ネットワーク』
ブルーリボン賞
外国語作品賞
1959年『十二人の怒れる男』
その他の賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
監督賞
1982年『評決』
ビリー・ワイルダー賞
1996年
全米監督協会賞
D・W・グリフィス賞
1992年
備考
ハリウッド名声の歩道
テンプレートを表示

シドニー・ルメットSidney Lumet1924年6月25日 - 2011年4月9日)は、アメリカ合衆国映画監督演出家。 女優・脚本家のジェニー・ルメットは3番目の妻ゲイルとの間に生まれた2人の娘の2人目。

経歴[編集]

子役時代のルメット

幼少期[編集]

シドニー・ルメットは1924年6月25日ペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれた。彼の両親はポーランドユダヤ人で、イディッシュ劇場の演劇人だった。なお、父のバルーク・ルメット (Baruch Lumetは息子が監督した『質屋』(1964年)と『グループ』(1966年)の2作品に出演している。幼少の頃一家でニューヨークに移り住み、以後そこを拠点にすることになる。

ルメットは4歳で子役としてラジオドラマに出演。5歳でイディッシュ芸術劇場の舞台を踏み、10代から子役としてブロードウェイの舞台に立った。1939年には映画にも出演している。1942年コロンビア大学に入学するが、同時に陸軍に入隊し第二次世界大戦に従軍した。終戦後はオフ・ブロードウェイイーライ・ウォラックユル・ブリンナーたちと俳優グループを結成。このグループはのちにアクターズ・スタジオの母胎となったという。

演出家として[編集]

俳優活動に飽きたらなくなったルメットは、1950年代に演出家に転向する。CBSで黎明期のテレビドラマの制作に手腕を発揮し、売れっ子演出家となった。この頃のルメットは5年間に約500本の作品を演出したという。

十二人の怒れる男』での成功[編集]

テレビ局を辞めたあと、1957年公開の劇映画『十二人の怒れる男』で監督を務める。劇映画としては初監督作品であったが、それまでにテレビドラマの演出で培ってきた能力を十分に発揮し、密室劇を舞台に陪審員制度を通して人の良心を問い質した本作でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞し、アカデミー監督賞にもノミネートされ、一躍人気監督の仲間入りを果たす。テレビ演出家から転じた映画監督としては草分け的存在であり、同時に非ハリウッド系の映画勢力であるニューヨーク派の旗手としての活躍が始まる。

1960年代[編集]

1960年代に入ると、多くの文芸作品を映画化するようになる。

1962年の『夜への長い旅路』ではキャサリン・ヘプバーンを主演に迎えて家族の愛憎を描き、第15回カンヌ国際映画祭で彼女を含む主要キャスト全員が演技部門で賞を独占するという快挙を成し遂げる。

1964年にはホロコーストがテーマの『質屋』と東西冷戦における核の恐怖を描いた『未知への飛行』の2本を発表。前者では主演のロッド・スタイガーベルリン国際映画祭男優賞をもたらす等の批評的成功を収めるが、後者ではスタンリー・キューブリック監督作『博士の異常な愛情』と公開時期がぶつかってしまい、似通った内容のために公開時期がずらされるという憂き目に遭い、評価も興行収入も微妙な結果となってしまう。

1970年代[編集]

1970年代に入ると、アメリカン・ニューシネマの波に乗りながらも、娯楽映画でも力を発揮していく。

警察の汚職に立ち向かった実在する刑事を題材にした社会派映画『セルピコ』(1973年)と、実際に起きた銀行強盗を描いた『狼たちの午後』(1975年)では、アル・パチーノを主演に起用して迫真の演技を引き出させ、パチーノと共に高い評価を獲得。アガサ・クリスティの名作を映画化した『オリエント急行殺人事件』(1974年)では、小説の知名度に匹敵するキャスト(アルバート・フィニーイングリッド・バーグマンショーン・コネリーローレン・バコール等)を起用して大ヒットを記録し、イングリッド・バーグマンには3度目のオスカーをもたらす。また、マスメディアの裏側と狂気に焦点を当てた『ネットワーク』(1976年)では、出演俳優3名にオスカーをもたらした上に興行的・批評的成功も収めることにも成功。毎年コンスタントに様々なジャンルの作品を発表しながらも同時に高い評価と興行的成功を収め、更には俳優にも高い評価をもたらすことから、アメリカ映画の中でも巨匠の地位を確立していく。

その後も『エクウス』(1977年)では主演のリチャード・バートンにアカデミー賞ノミネートをもたらし、自身にとっては初となるミュージカル映画ウィズ』(1978年)では、成功とまではいかなかったものの、助演で出演したマイケル・ジャクソンは高い評価を獲得した。

1980年代から晩年[編集]

1980年代に入っても精力的に映画を発表する。『プリンス・オブ・シティ』(1981年)と『評決』(1982年)では再びアカデミー賞にノミネートされ、社会派監督としての評価を更に高める。1988年の『旅立ちの時』でもリヴァー・フェニックスアカデミー助演男優賞にノミネートされる等の評価を獲得するが、1990年代に入ると嘗てのような評価を得られなくなっていき、特に1999年公開の『グロリア』は主演女優のシャロン・ストーンゴールデンラズベリー賞にノミネートされるなど駄作の烙印を押され、ルメット自身も終わった監督だと見なされる結果となる。

しかし、最後の作品となった2007年の『その土曜日、7時58分』では往年の緊張感溢れる演出が復活し、批評家たちからも傑作と評価されルメット健在を印象付けた。

ルメットはアカデミー監督賞に4度、英国アカデミー賞監督賞に3度、カンヌ国際映画祭パルム・ドールに4度ノミネートされたが、これらはいずれも受賞には至らなかった。しかし2005年にはその生涯における業績を評価され、アカデミー名誉賞を贈られた。

2011年4月9日リンパ腫のためニューヨークの自宅で死去[2][3]。86歳没。

作風[編集]

自身の出身地でもあるニューヨークを舞台に硬派な社会派映画作品を撮り続けた。また、リアリズムに徹した骨太な演出が特徴であり、役者に対しても徹底的な役へのアプローチを求めた[4]

監督作品[編集]

左から製作年度、映画の邦題、原題の順に記述する。

受賞歴[編集]

※本来はプロデューサーが受取人である作品賞の受賞・ノミネートも含む。

部門 作品 結果
ベルリン国際映画祭 1957年 金熊賞 『十二人の怒れる男』 受賞
国際カトリック映画事務局賞 受賞
アカデミー賞 1957年 作品賞 『十二人の怒れる男』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1975年 作品賞 『狼たちの午後』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1976年 作品賞 『ネットワーク』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1981年 脚色賞 『プリンス・オブ・ザ・シティ』 ノミネート
1982年 作品賞 『評決』 ノミネート
監督賞 ノミネート
2006年 名誉賞 - 受賞
ゴールデングローブ賞 1957年 作品賞 (ドラマ部門) 『十二人の怒れる男』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1973年 作品賞 (ドラマ部門) 『セルピコ』 ノミネート
1975年 作品賞 (ドラマ部) 『狼たちの午後』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1976年 作品賞 (ドラマ部門) 『ネットワーク』 ノミネート
監督賞 受賞
1981年 作品賞 (ドラマ部門) 『プリンス・オブ・ザ・シティ』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1982年 作品賞 (ドラマ部門) 『評決』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1988年 作品賞 (ドラマ部門) 『旅立ちのとき』 ノミネート
監督賞 ノミネート
英国アカデミー賞 1957年 作品賞 『十二人の怒れる男』 ノミネート
1966年 『丘』 ノミネート
英国作品賞 ノミネート
国連賞 『未知への飛行』 ノミネート
1967年 『質屋』 ノミネート
1968 英国作品賞 『恐怖との遭遇』 ノミネート
1974年 作品賞 『オリエント急行殺人事件』 ノミネート
監督賞 ノミネート
『セルピコ』 ノミネート
1975年 作品賞 『狼たちの午後』 ノミネート
監督賞 ノミネート
1976年 作品賞 『ネットワーク』 ノミネート
監督賞 ノミネート
全米監督協会賞 1957年 長編映画監督賞 『十二人の怒れる男』 ノミネート
1962年 長編映画監督賞 『夜への長い旅路』 ノミネート
1964年 長編映画監督賞 『質屋』 ノミネート
1973年 長編映画監督賞 『セルピコ』 ノミネート
1974年 長編映画監督賞 『オリエント急行殺人事件』 ノミネート
1975年 長編映画監督賞 『狼たちの午後』 ノミネート
1976年 長編映画監督賞 『ネットワーク』 ノミネート
1992年 D・W・グリフィス賞英語版 - 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 1957年 作品賞 『十二人の怒れる男』 次点
監督賞 次点
1964年 作品賞 『質屋』 次点
1976年 『ネットワーク』 次点
1981年 作品賞 『プリンス・オブ・ザ・シティ』 次点
監督賞 受賞
脚本賞 次点
2007年 生涯功労賞 - 受賞
カンザスシティ映画批評家協会賞 1981年 監督賞 『プリンス・オブ・ザ・シティ』 受賞
全米映画批評家協会賞 1981年 作品賞 『プリンス・オブ・ザ・シティ』 2位
監督賞 2位
脚本賞 3位
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 1982年 監督賞 『評決』 受賞
1996年 ビリー・ワイルダー賞 - 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 1975年 作品賞 『狼たちの午後』 受賞
監督賞 受賞
1975年 作品賞 『ネットワーク』 受賞
監督賞 受賞
2003年 生涯功労賞 - 受賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 女優レナ・ホーンの娘。
  2. ^ 巨匠シドニー・ルメット監督、86歳で死去 『十二人の怒れる男』『狼たちの午後』など社会派ドラマで高い評価”. シネマトゥデイ (2011年4月10日). 2020年11月17日閲覧。
  3. ^ 米映画監督 シドニー・ルメット氏死去 「十二人の怒れる男」 産経新聞 2011年4月10日閲覧
  4. ^ 百科事典『マイペディア』の「シドニー・ルメット」の項目より

外部リンク[編集]