ミロス・フォアマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミロス・フォアマン
Miloš Forman
Miloš Forman
ミロス・フォアマン
本名 Jan Tomáš Forman
生年月日 (1932-02-18) 1932年2月18日
没年月日 (2018-04-13) 2018年4月13日(86歳没)
出生地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア チャースラフ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州
国籍 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督映画プロデューサー脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1953年 - 2011年
活動内容 1975年:『カッコーの巣の上で』でアカデミー監督賞受賞
1984年:『アマデウス』で2度目のアカデミー監督賞受賞
配偶者 ヤナ・ブレイホヴァ(1958年 - 1962年)
Věra Křesadlová(1964年 - 1999年)
マルティナ・フォアマン(1999年 - 2018)
主な作品
ブロンドの恋
カッコーの巣の上で
ラグタイム
アマデウス
ラリー・フリント
マン・オン・ザ・ムーン
 
受賞
アカデミー賞
監督賞
1975年カッコーの巣の上で
1984年アマデウス
カンヌ国際映画祭
審査員特別グランプリ
1971年パパ/ずれてるゥ!
ベルリン国際映画祭
金熊賞
1997年ラリー・フリント
銀熊賞(監督賞)
2000年マン・オン・ザ・ムーン
東京国際映画祭
黒澤明賞
2006年 ヒューマニズムに富み、娯楽性のある作品を多数製作したことに対して
ヨーロッパ映画賞
世界的貢献賞
1997年『ラリー・フリント』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
監督賞
1984年『アマデウス』
英国アカデミー賞
監督賞
1976年『カッコーの巣の上で』
ゴールデングローブ賞
監督賞
1975年『カッコーの巣の上で』
1984年『アマデウス』
1996年『ラリー・フリント』
セザール賞
外国映画賞
1984年『アマデウス』
日本アカデミー賞
最優秀外国語作品賞
1985年『アマデウス』
その他の賞
テンプレートを表示

ミロス・フォアマンMiloš Forman [ˈmɪloʃ ˈforman]、本名:Jan Tomáš Forman、1932年2月18日 - 2018年4月13日[1])は、チェコスロヴァキア出身のアメリカ合衆国映画監督ミロシュ・フォアマンとも。チェコ・ヌーヴェルヴァーグの一員として活動した後アメリカに拠点を移し、アカデミー監督賞を2回受賞している[2]

経歴・人物[編集]

チャースラフ生まれ。第二次大戦中はプロテスタントの両親に育てられたが[3]、実の父がユダヤ人の建築家オットー・コーンであった事を後に知る[4]。養父ルドルフ・フォルマンは大学教授だが反ナチ思想の持ち主としてゲシュタポから尋問を受けた後、禁書を学生に配った罪で逮捕され、ブーヘンヴァルトで死亡。母もアウシュヴィッツで亡くなった[3]。このため、親戚や友人の家を転々として育つ。

1951年プラハの国立映画学校で学び、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの一員として活動。東欧世界を代表する映画監督として認知され、1966年には『ブロンドの恋』、1968年には『火事だよ!カワイ子ちゃん』でアカデミー外国語映画賞にノミネートされた。

チェコ事件を機にアメリカに移住し、英語圏での第一作目となる『パパ/ずれてるゥ!』でカンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリを受賞。1977年にはアメリカの市民権を取得している[5]。同年コロンビア大学の映画学科教授に就任。

1975年の『カッコーの巣の上で』と1984年の『アマデウス』でアカデミー監督賞を受賞[2]

『アマデウス』では作曲家モーツァルトを、『ラリー・フリント』ではポルノ雑誌「ハスラー」創刊者のラリー・フリントを描くなど、しばしば伝記映画を製作している。2006年にはハビエル・バルデム主演の『宮廷画家ゴヤは見た』で画家ゴヤの人生を映画化した。

2018年4月13日[1]、在住先の米国コネチカット州の病院で病気のため逝去[6]。86歳没。逝去は翌14日にフォアマンの妻が公表した[1]

第91回アカデミー賞の、逝去した映画人に哀悼を捧げるコーナー“In Memoriam”(イン・メモリアム)で追悼された[2][7]

その他[編集]

監督作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]