恋の掟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋の掟
Valmont
監督 ミロス・フォアマン
脚本 ジャン=クロード・カリエール
ミロス・フォアマン
原作 ピエール・コデルロス・ド・ラクロ
製作 ポール・ラッサム
マイケル・ハウスマン
出演者 アネット・ベニング
コリン・ファース
音楽 ネヴィル・マリネール
撮影 ミロスラフ・オンドリチェク
編集 ネーナ・デーンヴィック
アラン・ヘイム
製作会社 Renn Productions
Timothy Burrill Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年11月17日
日本の旗 1992年10月24日
上映時間 137分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $33,000,000
興行収入 $1,132,112[1]
テンプレートを表示

恋の掟』(こいのおきて、Valmont)は、1989年イギリスフランスの合作映画。なお、日本版DVDタイトルは『コリン・ファースの恋の掟』となっている。

同時期に同じラクロの『危険な関係』の映画化作品であるスティーヴン・フリアーズ版『危険な関係』が制作されたため、かち合わないよう、1年後に公開された作品で、こちらはいささか軽い恋愛映画という傾向が強い作品に仕上がっている。

あらすじ[編集]

貴族時代のフランス。自堕落なメルトゥイユ侯爵夫人は、かつて自分を捨てたジェルクール将軍が今さら清純派に転向して少女セシルを妻に迎えようとしていると知り、復讐の一計を案じる。プレイボーイの悪名高きヴァルモンにセシルを誘惑させ、清純ではない体にしてしまおうというのだ。だが、当のヴァルモンは清純な上に貞淑なトゥールベル夫人攻略に夢中。そこで侯爵夫人は、セシルを攻略できたら我が身をヴァルモンにゆだねると炊きつける一方、セシルの恋人ダンスニーを手なづける。果たして、この多角関係の成り行きやいかに。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連作品[編集]

以下全てラクロの『危険な関係』が原作

参考文献[編集]

  1. ^ Valmont” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]