ロバート・アルドリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロバート・アルドリッチ
Robert Aldrich
本名 Robert Burgess Aldrich
生年月日 (1918-08-09) 1918年8月9日
没年月日 (1983-12-05) 1983年12月5日(満65歳没)
出生地 クランストン
死没地 ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Harriet Foster (1941-1965)
Sibylle Siegfried (1966-?)

ロバート・アルドリッチRobert Aldrich, 1918年8月9日 - 1983年12月5日)は、アメリカ合衆国ロードアイランド州クランストン出身の映画監督ロバート・オルドリッチとも表記する。

略歴[編集]

祖父ネルソン・アルドリッチ共和党保守派の上院議員ロードアイランド州選出)であり、父親は出版業界で働いていた。また、ニューヨーク州知事や、第41代合衆国副大統領を務めたネルソン・アルドリッチ・ロックフェラーは従兄に当たる。

ヴァージニア大学では経済学を専攻していたがドロップアウト、1941年RKOで使い走りとして映画界に入る。ジャン・ルノワールエイブラハム・ポロンスキージョゼフ・ロージーの元で働き、チャーリー・チャップリンの『ライムライト』などの助監督を経て、1954年『Big Leaguer』で監督デビューを果たす。同年、自身のプロダクション、アソシエイツ・アンド・アルドリッチを設立。

『ベラクルス』等の西部劇で認知される。ヨーロッパに渡った1960年前後の不振の時期の後、アメリカに戻ると不敵さに狡猾さを加え独自の路線を進んでいく。いずれの時代においても人間の執念や憎悪などをダイナミックに描き、自身の容貌さながらの骨太の映画を撮り続けた。

1983年12月5日、ロサンゼルスの病院に腎不全によって死去。

創刊以来ライバル関係にあるフランスの二大映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」「ポジティフ」双方から支持された数少ない映画監督である。

主な監督作品[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]