マン・オン・ザ・ムーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マン・オン・ザ・ムーン
Man on the Moon
監督 ミロス・フォアマン
脚本 スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー
製作 ダニー・デヴィート
ステイシー・シェア
マイケル・シャンバーグ
製作総指揮 ハワード・ウェスト
ジョージ・シャピロ
マイケル・ハウスマン
出演者 ジム・キャリー
ダニー・デヴィート
音楽 R.E.M.
撮影 アナスタス・N・ミコス
編集 アダム・ブーム
クリストファー・テレフセン
リンジー・クリングマン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月22日
日本の旗 2000年6月10日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
日本の旗 日本
言語 英語
製作費 $82,000,000[1]
興行収入 $47,434,430[1]
テンプレートを表示

マン・オン・ザ・ムーン』(Man on the Moon)は、1999年アメリカ映画。若くして癌で亡くなった実在のコメディアン、アンディ・カウフマン伝記映画。生前のカウフマンと交流のあったダニー・デヴィートが製作にも関わり、カウフマンのマネジャーのジョージ・シャピロ役で出演している。

映画のタイトルはバンドR.E.M.が1992年に発表した、カウフマンのことを歌った曲「マン・オン・ザ・ムーン」から。

なお、カウフマンのブレインだったボブ・ズムダが執筆したノンフィクション作品が日本では『マン・オン・ザ・ムーン』の題名で翻訳刊行されているが、これは映画の原作ではなく、映画製作とほぼ同時刊行された「Andy Kaufman Revealed!」(1999年)という題名の著書である。

ストーリー[編集]

アンディ・カウフマンは、風変わりなコメディアンとして人気を博していた。持ちネタは『グレート・ギャツビー』の朗読、プレスリーのものまねであった。

ある日、彼は、あからさまに女性蔑視発言をして全米の女性を挑発し、本気で女性チャレンジャーとレスリングするという、おかしな企画の番組を始めた。その企画のきっかけとなった女性リンと結婚。男性プロレスラージェリー・ローラーとも戦い、首を損傷した。

アンディはまた、デブで毒舌の中年男のラウンジ歌手「トニー・クリフトン」も登場させ、「トニーは自分でなく別人だと」として混乱を広げる。

そんなある日、彼は自分が病魔に冒されていることに気づく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

クレジットなし

受賞[編集]

ドキュメンタリー[編集]

本映画の撮影中に撮られていたメイキング映像を元にしたNetflixオリジナル・ドキュメンタリー映画『ジム&アンディ』(en:Jim & Andy: The Great Beyond)が、スパイク・ジョーンズ製作、クリス・スミス監督により作られ、Netflixで2017年11月17日に映像公開。また第74回ヴェネツィア国際映画祭第42回トロント国際映画祭オフィシャルセレクション作品となった。

本作の撮影中のジム・キャリーは、アンディや「トニー・クリフトン」になりきっており、生前のアンディを知っていた関係者たちも、どこまでが真実でどこまでが虚構か、わからなくなっていたことが明かされる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Man on the Moon”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年1月9日閲覧。

外部リンク[編集]