カッコーの巣の上で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッコーの巣の上で
One Flew Over the Cuckoo's Nest
監督 ミロス・フォアマン
脚本 ローレンス・ホーベン
ボー・ゴールドマン
原作 ケン・キージー
『カッコウの巣の上で』
製作 ソウル・ゼインツ
マイケル・ダグラス
出演者 ジャック・ニコルソン
音楽 ジャック・ニッチェ
撮影 ハスケル・ウェクスラー
ビル・バトラー(クレジットなし)
編集 シェルドン・カーン
リンジー・クリングマン
リチャード・チュウ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年11月19日
日本の旗 1976年4月3日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
興行収入 $108,981,275[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

カッコーの巣の上で』(カッコーのすのうえで、原題: One Flew Over the Cuckoo's Nest)は、1975年アメリカ映画

原作は1962年に発表されたケン・キージーのベストセラー小説。精神異常を装って刑務所での強制労働を逃れた男が、患者の人間性までを統制しようとする病院から自由を勝ちとろうと試みるという物語である。

いわゆるアメリカン・ニューシネマの代表作の一つで、アメリカでは興行収入1億ドルを超える大ヒットになった。

1998年にアメリカ映画協会が選出したアメリカ映画ベスト100では20位に、2006年に選出した感動の映画ベスト100では17位に、2007年に選出したアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)では33位にランクインしている。

2012年に英『Total Film』誌が「映画史に残る演技ベスト200(The 200 Greatest Movie Performances of All Time)」を発表し、第1位にこの映画でのジャック・ニコルソンの演技が選ばれた。

あらすじ[編集]

主人公のマクマーフィーは刑務所から逃れるために精神病院に(詐病によって)入院してきた。向精神薬を飲んだふりをしてごまかし、婦長の定めた病棟のルールに片っ端から反抗していく。グループセラピーなどやめてテレビでワールドシリーズを観たいと主張し、他の患者たちに多数決を取ったりなどする。最初は患者たちは決められた生活を望むが、マクマーフィーとともに生活をするうちに彼に賛同するようになる。

またほかの患者と無断で外出し船に乗せて、マクマーフィーの女友達とともに海へ釣りへ行く。こうした反抗的な行動が管理主義的な婦長の逆鱗に触れ、彼女はマクマーフィーが病院から出ることができないようにしてしまう。

ある日患者が騒動を起こした際、止めようとしたマクマーフィーも一緒に、お仕置きである電気けいれん療法を受けさせられてしまう。マクマーフィーは、しゃべることのできないネイティブアメリカンであるチーフとともに順番を待っていたが、実際は彼がしゃべれないフリをしていることに気づき、一緒に病院から脱出しようと約束する。しかしチーフは、自分は小さな人間だとその誘いを断る。

クリスマスの夜、マクマーフィーは病棟に女友達を連れ込み、酒を持ち込んでどんちゃん騒ぎをやる。一騒ぎ終わった後別れようとするときになって、ビリーが女友達の一人を好いていることに気づく。ビリーはマクマーフィーに可愛がられていた。マクマーフィーは女友達に、ビリーとセックスをするよう頼み込み、二人は個室に入っていく。二人の行為が終わるのを待っている間、酒も廻り、ついに寝過ごしてしまう。

翌朝、乱痴気騒ぎが発覚し、そのことを婦長からビリーは激しく糾弾され、母親に報告すると告げられる。そのショックでビリーは自殺してしまう。マクマーフィーは激昂し、彼女を絞殺しようとする。婦長を絞殺しようとしたマクマーフィーは他の入院患者と隔離される。

チーフはついに逃げ出す覚悟をしマクマーフィーを待っていたが、戻ってきたマクマーフィーは病院が行った治療(ロボトミー)によって、もはや言葉もしゃべれず、正常な思考もできない廃人のような姿になっていた。

チーフはマクマーフィーを窒息死させ、「持ち上げた者には奇跡が起きる」とマクマーフィーが言った水飲み台を持ち上げて窓を破り、精神病院を脱走する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

原作はケン・キージー、邦訳が 『カッコーの巣の上で』 という題で冨山房から出ている。邦題は当初「郭公の巣」であったが、後に映画のタイトルに合わせて改題された。なお、原作での主人公はチーフであり、彼の視点から物語は描かれている。映画化に至るまでに監督は非常に苦難の道のりを辿ったと言われる。

タイトルとストーリーの由来[編集]

いずれの邦題も一読して意味を理解することは難しいが、原題は最後にチーフという名の患者が一人 (One) で自由を求めて、cuckoo=crazy、つまり精神病を患う人の集まる精神病院 (the cuckoo's nest) から飛び出して脱出する (flew over) ことを象徴しており、もともとの由来はマザー・グースの詩である。

Vintery, mintery, cutery, corn,
Apple seed and apple thorn;
Wire, briar, limber lock,
Three geese in a flock.
One flew east,
And one flew west,
And one flew over the cuckoo's nest.

またカッコーの巣(cuckoo's nest)は、「精神病院」の蔑称のひとつである[2]

受賞[編集]

作品賞監督賞主演男優賞主演女優賞脚色賞と主要5部門を独占した。ちなみに、これら主要5部門の獲得は1934年に受賞した『或る夜の出来事』以来、実に41年ぶりの快挙であった。

受賞 人物
作品賞 ソウル・ゼインツ
マイケル・ダグラス
監督賞 ミロス・フォアマン
主演男優賞 ジャック・ニコルソン
主演女優賞 ルイーズ・フレッチャー
脚色賞 ローレンス・ホーベン
ボー・ゴールドマン
ノミネート
助演男優賞 ブラッド・ドゥーリフ
撮影賞 ハスケル・ウェクスラー
ビル・バトラー
編集賞 シェルドン・カーン
リンジー・クリングマン
リチャード・チョウ
作曲賞 ジャック・ニッチェ

脚注[編集]

  1. ^ a b One Flew Over the Cuckoo's Nest (1975)” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月2日閲覧。
  2. ^ 『現代思想のパフォーマンス』196頁。

外部リンク[編集]