第50回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第50回ベルリン国際映画祭は2000年2月9日から20日まで開催された。

概要[編集]

第50回目の節目となった2000年のベルリン国際映画祭は、メイン会場がポツダム広場のベルリナーレ・パレスとなった。コンペティション部門には22本の長編映画と11本の短編映画が出品され、ポール・トーマス・アンダーソン監督の群像劇『マグノリア』が金熊賞を受賞した。また、市川崑監督にベルリナーレ・カメラが授与された。

受賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
エニイ・ギブン・サンデー
Any Given Sunday
オリヴァー・ストーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Die Stille nach dem Schuß
(The Legends of Rita)
フォルカー・シュレンドルフ ドイツの旗 ドイツ
独立少年合唱団 緒方明 日本の旗 日本
海へ還る日
El Mar
アグスティ・ビリャロンガ スペインの旗 スペイン
焼け石に水
Gouttes d'eau sur pierres brûlantes
フランソワ・オゾン フランスの旗 フランス
魔女たちの部屋
La chambre des magiciennes
クロード・ミレール フランスの旗 フランス
Love Me レティシア・マッソン フランスの旗 フランス
マグノリア
Magnolia
ポール・トーマス・アンダーソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マン・オン・ザ・ムーン
Man on the Moon
ミロシュ・フォアマン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イギリスの旗 イギリスドイツの旗 ドイツ
五月の雲
Mayis Sikintisi
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン トルコの旗 トルコ
Nebeska Udica
(Sky Hook)
リュピサ・サマンジック ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビアイタリアの旗 イタリア
Paradiso - Sieben Tage mit sieben Frauen
(Paradiso: Seven Days with Seven Women)
ルドルフ・トーメ ドイツの旗 ドイツ
Prime luci dell' alba
(First Light of Dawn)
ルーチョ・ガウディーノ イタリアの旗 イタリア
Russkij bunt
(The Captain's Daughter)
アレクサンドル・プロシュキン ロシアの旗 ロシアフランスの旗 フランス
Signs And Wonders ジョナサン・ノシター フランスの旗 フランス
ザ・ビーチ
The Beach
ダニー・ボイル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イギリスの旗 イギリス
ザ・ハリケーン
The Hurricane
ノーマン・ジュイソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミリオンダラー・ホテル
The Million Dollar Hotel
ヴィム・ヴェンダース ドイツの旗 ドイツイギリスの旗 イギリスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
リプリー
The Talented Mr. Ripley
アンソニー・ミンゲラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
初恋のきた道
我的父親母親
チャン・イーモウ 中華人民共和国の旗 中国
異邦人たち
有時跳舞
スタンリー・クワン 香港の旗 香港日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国

コンペティション外[編集]

日本映画[編集]

コンペティション部門に出品された緒方明の『独立少年合唱団』がアルフレッド・バウアー賞を受賞した。

パノラマ部門で東陽一の『ボクの、おじさん THE CROSSING』、原田眞人の『金融腐蝕列島〔呪縛〕』、フォーラム部門で水戸ひねきの『ホームシック』、犬童一心の『金髪の草原』、SABUの『MONDAY』、中江裕司の『ナビィの恋』、平野勝之の『白 THE WHITE』、槌橋雅博の『TRUTHS: A STREAM』などが上映された。

審査員[編集]

外部リンク[編集]