コードナンバー108 7人のリブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コードナンバー108 7人のリブ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日22:00-22:54
放送期間 1976年10月5日-12月28日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
プロデューサー 小林利雄
林宏樹
出演者 ジュディ・オング
前田美波里
牧れい
毬杏奴
山内えみ子
ミッチー・ラブ
野際陽子
ナレーター 内海賢二
テンプレートを表示

コードナンバー108 7人のリブ』(コードナンバーいちまるはち しちにんのリブ)は、1976年10月5日-12月28日まで、関西テレビ火曜日22:00-22:54枠で放送された、宣弘社制作のテレビドラマ。全13話。

概要[編集]

国際秘密捜査機関の7人の美女が、活躍するスパイ・アクション。第1 - 2話では国際的な要人暗殺事件や亡命政権のドラマを字幕を多用して描くなど、『キイハンター』+『プレイガール』+『Gメン'75』という雰囲気も漂う異色の作品であった[1]。またアメリカのテレビドラマ『チャーリーズ・エンジェル』からの影響もあったとされる[1][注釈 1]。タイトルの「リブ」はウーマン・リブに由来する[1]

当初、東京以外に香港マニラヨーロッパでも海外ロケを行う予定であったが、香港はエンディングテーマのみ。劇中ロケはシンガポールタイのみだった。タイ編では同社製作の『闘え!ドラゴン』(倉田保昭主演)にも出演していたヤン・スエがゲスト出演。彼は翌年以降、倉田がレギュラー出演した『Gメン'75』の香港、マカオロケ編の常連出演者となる。外国語を多用するドラマであったため、キャスト選定については語学力を考慮したという[2][3]

プロデューサーの田村正蔵は、女優と海外ロケで予算をかけすぎ、さらにキャセイパシフィック航空とタイアップしていたにも関わらず飛行機が落ちるシーンを入れたため残りの予算が入らなかったと証言している[1]

全26話の予定であったが、視聴率低迷により13話で打ち切りとなった[4]。宣弘社の3代目社長の小林隆吉は、「凝りすぎてイメージとはだいぶ違うものになった」と述べている[5]。スタッフ・キャストの多くは次番組『事件(秘)お料理法』へ引き継がれたが、実制作は本作品でも監督を務めた外山徹が率いるSMCに替わったため、本作品が宣弘社の事実上の最終作品である[5][4]

2014年12月24日にTCエンタテインメントより3枚組のDVD-BOXが発売された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • 3度目のカラッ風」(オープニング主題歌[注釈 2]
  • 貴方(あなた)」(エンディング主題歌[注釈 3]
作詞島武実作曲宇崎竜童編曲:山本幸三郎、唄:植田ひとみ
発売:東芝EMI株式会社 ETP-10104

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル ゲスト出演 脚本 監督
1 1976年
10月5日
生きたまゝ葬れ 泉晶子
ジュリー・コアラズカ
フレッド・ボサート
デニス・ファレル
エンベル・アルテンバイ
押川国秋 外山徹
2 10月12日 太陽に向かって撃て アレキサンダー
杉本美樹
セラシィ・ゲラーネ
ジョン・ヒース
カール・アッサム
エレン・トンプソン
中村孝雄
三角八郎
チコ・ローラント
3 10月19日 狼よ、死に急ぐな 本郷功次郎
北川美佳
富田仲次郎
ジョー・ラー
戸塚孝
原田君事
清川新吾
高橋勝
4 10月26日 野望に燃えたまゝ葬れ 工藤堅太郎
リチャード・ボーン
テレサ・ニシノ
ジミー・ショー
三島史朗
達純一
平泉征
鈴木俊継
5 11月2日 弔鐘は真昼に鳴る 川地民夫
モニック・トリンクル
ヤン・エリック
テッド・ロープ
クリスチャン・ディヒテンベルグ
ドミニック・リブネ
ダニエル・シュベルツ
ラリィー・ジョプン
ジム・ロングネック
押川国秋
長谷部安春
長谷部安春
6 11月9日 クレオパトラの涙 南原宏治
ヤンスー
アランヤー
ノイ・ブォウ
柏倉敏之 吉川一義
7 11月16日 危険なバカンス トーマス:天本英世
ユカ:中島葵
8 11月23日 赤いバラとギター アラン:クロード・チアリ 和久田正明 高橋勝
9 11月30日 スパイの出発(たびだち) ハワード:デビッド・フリードマン
古賀:川合伸旺
塙五郎
佐藤肇
佐藤肇
10 12月7日 黄金は欲望の輝き 中丸忠雄
玉井:鹿内孝
毛利:山本麟一
永原秀一 鍛冶昇
11 12月14日 ドン(首領)の最後 エンベル・アルテンバイ
水垣:蟹江敬三
宮間:木村元
押川国秋 原田雄一
12 12月21日 明日なき者よ、眠れ 戸梶:浜田晃
荻原紀
押川国秋
荒木芳久
外山徹
13 12月28日 友情(こころ)よ、永遠に! 阿久津:今井健二
唐沢:亀石征一郎
白木:内田勝正
イブ・ローラント
原田雅子
和久田正明

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本作品の放送当時は『チャーリーズ・エンジェル』は日本では未放送であった[1]
  2. ^ 東芝EMI株式会社が発売した当時のシングル盤(ETP-10104)では、B面に収録。
  3. ^ 東芝EMIが発売した当時のシングル盤(ETP-10104)では、A面に収録。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 石橋春海 2014, pp. 101-103, 「1976 コードナンバー108 7人のリブ」
  2. ^ 週刊TVガイド 1976年10月8日号(53ページ)での本作の紹介記事より。
  3. ^ 石橋春海 2014, pp. 104-107, 「宣弘社作品を彩ったヒロインInterview ジュディ・オング」.
  4. ^ a b 宣弘社フォトニクル 2015, pp. 54-55, 「七人のリブ」
  5. ^ a b 石橋春海 2014, p. 113, 「インタビュー 小林隆吉 宣弘社代表取締役」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関西テレビ 火曜日22:00 - 22:54
前番組 番組名 次番組
お耳役秘帳
(1976.4.6 - 9.28)
コードナンバー108 7人のリブ
(1976.10.5 - 12.28)
事件(秘)お料理法
(1977.1.4 - 3.29)