真夜中の警視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真夜中の警視
ジャンル テレビドラマ
脚本 橋本忍新藤兼人池田一朗石森史郎白坂依志夫 ほか
演出 小野田嘉幹松尾昭典長谷部安春井上昭
出演者 原田芳雄中野良子門岳五郎菅貫太郎 ほか
オープニング A・ケーシー『真夜中は青いバラ』
製作
プロデューサー 加藤哲夫
制作 関西テレビ放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年4月3日〜1973年5月15日
放送時間 火曜日22:00〜22:55
放送枠 関西テレビ制作・火曜夜10時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 7

真夜中の警視』(まよなかのけいし)は、1973年4月3日から同年5月15日まで関西テレビC.A.Lの制作により、関西テレビ・フジテレビ系列で放送されていたテレビドラマ。放送時間は毎週火曜日22:00〜22:55

概要[編集]

主人公・西条五郎は元警官で、警察を辞めた後は東京新宿有線放送「山手第二有線放送」を経営し、金銭面、精神面ではちょっと自由人のような暮らしをしているが、時には“事件屋”として金のためにどんな依頼も引き受け、またある時には自分の意思で動き、殺人・麻薬・女体密輸など様々な事件に向き合い、その中の悪や日常の中にある矛盾に対決し、独自で解決していく。そんな西条は過去に悪事を働いた連中からは「真夜中の警視」と呼ばれ恐れられている[1]

劇中には当時の世相、風俗などをふんだんに取り入れ、登場人物にはドライな考えの者を多く出し、これを反面として無味乾燥と言われた当時の社会への風刺としていたという[2]


キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • A・ケーシー『真夜中は青いバラ』
    • 挿入歌:A・ケーシー『嘘の中のほんと』

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1973年4月3日 ダイヤモンドは豚の餌に 橋本忍 小野田嘉幹 吉野佳子園まり工藤明子
2 1973年4月10日 美女と鯰と暴力と 新藤兼人 松尾昭典 山城鉄矢:清水紘治、船宿の親父:藤岡重慶緑魔子三津田健、萩生田千津子
3 1973年4月17日 史上最低のビッグ・レース 池田一朗 長谷部安春 太地喜和子片桐夕子、山上伸:松崎信
4 1973年4月24日 群衆の中の孤独な男 小野田嘉幹 吉村文太:ハナ肇、バーのマダム愛子:新橋耐子、大津組組長:森塚敏
5 1973年5月1日 俺に会いたきゃ口笛を吹きな 石森史郎 長谷部安春 水谷:長谷川明男、英子:八木昌子
6 1973年5月8日 赤ちゃんの言い分 井上昭 ますみ:加賀まりこ、岡田平吉:今井健二、川岸:住吉正博
7 1973年5月15日 スラムの英雄日記 白坂依志夫 長谷部安春 庄司永建森下哲夫服部妙子

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞京都新聞 各縮刷版
  2. ^ 読売新聞 1973年4月3日テレビ欄での本作の紹介記事より。
フジテレビ系(関西テレビ製作) 火曜22時台
前番組 番組名 次番組
真夜中の警視