どてらい男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

どてらい男』(どてらいやつ)は、花登筺小説。『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)に連載された。山善を興した山本猛夫をモデルとした立志伝である。第一部が全6巻、第二部が全5巻の二部構成、全11巻からなる。原作者の花登が脚本を担当してテレビドラマ化されたのが好評を博し、角川文庫角川書店)から文庫化、また、映画、舞台、漫画にもなった。その舞台は近年では、2006年10月に京都の南座で29年ぶりに再演されている。

題名にある「どてらい」とは、紀州弁で「凄い」の意。近代以降の大阪をステレオタイプ化した作品の1つである[1]

ストーリー[編集]

故郷の福井から大阪に出て来た主人公・山下猛造(やました もうぞう)が、大阪立売堀の機械工具問屋「前戸文治商店」に丁稚奉公に入り、親友・尾坂と共に働き、“将軍”大石らに鍛えられ、主人や番頭からいじめられながらも商人(あきんど)として成長、戦争時代を経て、戦後は自分の店「天守産業」を持ち、大成してゆく物語。

テレビドラマ[編集]

どてらい男(ヤツ)
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ放送
原作 花登筺
脚本 同上
出演者 西郷輝彦
どてらい男
放送時間 火曜22:00 - 22:55(55分)
放送期間 1973年10月2日 - 1975年3月25日
オープニング 西郷輝彦「どてらい男」
どてらい男 戦後篇・激動篇・死闘篇・総決算篇
放送時間 日曜21:00 - 21:55→21:00 - 21:54(55→54分)
放送期間 1975年4月6日 - 1977年3月27日
オープニング 西郷輝彦「どてらい男」
テンプレートを表示

1973年から1977年まで関西テレビの企画・制作によりフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ。全181回。

もともと関西テレビ放送の開局15周年を記念して制作された。3年半に渡るヒットシリーズとなり、歌手だった西郷輝彦が俳優としての地位を確立したドラマとなった。

放送開始当初のオープニング映像では、猛造と運転手役の西川きよしが乗るクラシックカー(当時のタクシー)背後に南海電気鉄道(現在の阪堺電気軌道)の車両(モ161等)が映っており、そのシーンは堺市内で撮影されていた。

収録は大阪市北区西天満の関西テレビ本社(当時)スタジオで行われた。

2013年、TBSのドラマ『半沢直樹』がヒットした際に本作を思い出させるとインターネット上で話題となり、DVD化が検討された。しかし、ビデオテープが高価かつ貴重で使い回しが当たり前だった時代の作品であり、関西テレビには第1話と最終話のビデオテープしか現存していなかった。その後、舞台になった山善でこのうち第7話から129話までの121回分を録画したUマチック方式のテープが発見され、東京のレトロエンタープライズの手によって修復・デジタル化が行われた。関西テレビでは残る2 - 6話および130 - 180話の録画テープの提供を呼びかけた結果、埼玉県から第3話のベータマックステープが見つかった[2][3][4][5]。録画テープの提供呼びかけは続行されており、媒体不問、音声のみのカセットテープ等も対象である[6]

放送時間[編集]

1973年10月2日 - 1977年3月27日

  • どてらい男:1973年10月2日 - 1975年3月25日:火曜日22:00 -
  • どてらい男(戦後篇):1975年4月6日 - 9月28日:日曜日21:00 -
  • どてらい男(激動篇):1975年10月5日 - 1976年3月28日:日曜日21:00 -
  • どてらい男(死闘篇):1976年4月4日 - 9月26日:日曜日21:00 -
  • どてらい男(総決算篇):1976年10月3日 - 1977年3月27日:日曜日21:00 -

スタッフ[編集]

どてらい男(ヤツ)
西郷輝彦シングル
B面 祇園花見小路
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲 花登筐(作詞)
神津善行(作曲)
西郷輝彦 シングル 年表
かもめ
(1973年)
どてらい男
(1973年)
なにかが起きる
1974年
テンプレートを表示
  • 原作・脚本:花登筺(戦後編のみ脚本を田坂啓と共作)
  • 制作:関西テレビ
  • (丁稚・独立篇)1973年10月2日 -
    • プロデューサー:野添泰男、演出:内海佑治、三輪弘
  • (戦争編) - 1975年3月25日
    • プロデューサー:野添泰男、演出:山像信夫、柏原幹、岡林可典
  • (戦後篇)1975年4月6日 - 1975年9月28日
    • プロデューサー:山像信夫、演出:柏原幹、林宏樹、岡林可典
  • (激動篇)1975年10月5日 - 1976年3月28日
    • プロデューサー:山像信夫、演出:林宏樹、岡林可典、坂上勇
  • (死闘篇)第130回 - 第155回 1976年4月4日 - 1976年9月26日
    • プロデューサー:山像信夫、演出:林宏樹、岡林可典、坂上勇
  • (総決算篇)第156回 - 第181回(最終回)1976年10月3日 - 1977年3月27日
    • プロデューサー:山像信夫、演出:柏原幹、岡林可典、坂上勇
  • 主題歌: 「どてらい男」(作詞: 花登筐、作曲: 神津善行、編曲: 佐々永治、歌: 西郷輝彦)

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

丁稚・独立篇、戦争篇[編集]

サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
1 (サブタイトル無し) 1973年
10月2日
2 (サブタイトル無し) 10月9日
3 にぎりめし 10月16日
4 みち潮ひき潮 10月23日
5 見たぞ!秘密を 10月30日
6 やられたら、やりかえせ! 11月6日
7 酒と女と学校 11月13日
8 朝がえり 11月20日
9 対決!番頭対丁稚 11月27日
10 食うか食われるか 12月4日
11 渦の中の弥生 12月11日
12 売ったるで! 12月18日
13 走れ!コッテ牛 12月25日
14 人を使う方法 1974年
1月1日
15 虫けらの意地 1月8日
16 毒には毒を! 1月15日 原保美
17 竹田、敗れたり! 1月22日
18 目を開け!モーやん 1月29日
19 恋ごころ 2月5日
20 嬢はんさいなら 2月12日 加賀ちかこ
21 男が先か女が先か 2月19日 丸山みどり
22 恋と親友 2月26日
23 東京進出 3月5日 森明子、丸山みどり
24 二つの再会 3月12日 立原博石沢健青柳三枝子
25 陸軍が味方だ 3月19日 中村鴈治郎澤村宗之助
26 独立戦争! 3月19日
27 旦那の作戦 4月2日 入江若葉山本一郎
28 のるかそるか 4月9日 入江若葉、山本一郎、森明子
29 敵か味方か 4月16日 入江若葉、森明子
30 どてらい店発進! 4月23日 弓恵子花沢徳衛
31 妨害 4月30日 森明子、丸山みどり
32 商人の道 5月7日
33 お目見得泥棒 5月14日
34 赤紙きたる 5月21日
35 嫁というほうび 5月28日
36 すれちがい 6月4日
37 かえらぬ花婿 6月11日
38 さらば立売堀 6月18日 中村歌右衛門
39 まぼろしの花嫁 6月25日 角梨枝子木内みどり
サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
40 出征前夜 7月2日 中村翫右衛門
41 一夜妻 7月9日 中村翫右衛門
42 契約結婚 7月16日
43 男と女の賭け 7月23日
44 猛やん、危機一髪 7月30日
45 茂子にのびる魔手 8月6日
46 アシのある幽霊 8月13日
47 愛の巣づくり 8月20日 臼間香世
48 おけら大作戦 8月27日
49 見せ金 9月3日
50 執念 9月10日 野川由美子
51 9月17日 野川由美子、花沢徳衛
52 密告 9月24日
53 捨て身の一策 10月1日 西川きよし、原保美
54 一か八か 10月8日 西川きよし
55 三枚の召集令状 10月15日
56 商人の基本 10月22日 織本順吉
57 最後の新婚旅行 10月29日
58 東京無宿 11月5日
59 江戸っ子 11月12日 殿山泰司太宰久雄陶隆佐々木すみ江藤江リカ三角八郎
60 将軍の死 11月19日
61 猛やん故郷に帰る 11月26日
62 死んだらいやや! 12月3日
63 あゝ兵隊 12月10日
64 しごき地獄 12月17日
65 地獄の沙汰も 12月24日
66 総集編 12月31日 ※22:00 - 23:45の枠で放送。
67 兵隊商人 1975年
1月7日
68 地獄で仏 1月14日
69 殺意の銃口 1月21日
70 どいつだ!?裏切者は 1月28日
71 裏のまた裏 2月4日
72 弱みをさがせ 2月11日
73 あゝ!面会 2月18日
74 軍人の世界 2月25日
75 脱走 3月4日
76 あゝ輸送船 3月11日
77 自爆分隊 3月18日 梢ひとみ
78 日本負けた… 3月25日 梢ひとみ

戦後篇[編集]

サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
79 戦いすんで… 1975年4月6日 三波春夫三益愛子
80 故郷の夜 4月13日
81 望郷 4月20日
82 大隊長の花道 4月27日
83 晴れて大将 5月4日
84 山河遥かなり 5月11日
85 商魂 5月18日
86 あんま大作戦 5月25日
87 売り込みのテクニック 6月1日
88 ウソも方便 6月8日
89 実験人間モーヤン 6月15日 マーガレット・スプリンガー
90 モーヤン抹殺!! 6月22日
91 希望にジ・エンド 6月29日
サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
92 猛やん、アメリカへ 7月6日 尾藤イサオ
93 ジェラシィ作戦! 7月13日
94 夫婦慕情 7月20日
95 さらば沖縄 7月27日
96 リンチ!私刑! 8月3日
97 あゝ日本 8月10日 桂福團治
98 故郷の土 8月17日 さくらと一郎
99 焦土は地獄 8月24日
100 めぐり逢い? 8月31日
101 すれちがい 9月7日
102 茂子の再婚… 9月14日
103 愛とは何ぞや? 9月21日 月丘夢路海原千里・万里
104 旅立ち 9月28日 月丘夢路、海原千里・万里、毛利菊枝

激動篇[編集]

サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
105 よみがえる猛造 1975年10月5日
106 生きていた悪役 10月12日
107 虚々実々 10月19日 平田昭彦
108 神さま出現 10月26日 平田昭彦
109 勝つか負けるか 11月2日
110 悪の算段 11月9日
111 猛造を愛した娘 11月16日
112 トゲある恋花 11月23日
113 独立への一歩 11月30日
114 あゝ立売堀 12月7日
115 さらば神様 12月14日
116 ここらが勝目 12月21日 石井富子三谷昇
117 窮余の一策 12月28日
サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
118 門出 1976年1月4日 三益愛子
119 あゝ、戦友 1月11日
120 悪のからくり 1月18日
121 銀シャリ大作戦 1月25日
122 通夜の客 2月1日 西村晃
123 立売堀の商人たち 2月8日 西村晃
124 ケンカ買います 2月15日
125 強敵出現! 2月22日
126 怪物に挑戦 2月29日
127 暴力商人 3月7日
128 ありがとうの心 3月14日
129 どうでる…黒幕! 3月21日
130 いのちの代償 3月28日

死闘篇[編集]

サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
131 男たちの出発 1976年4月4日
132 “半タク”とは何か? 4月11日
133 ワンマンの才覚! 4月18日
134 名参謀復活! 4月25日 田端義夫
135 悲報!! 5月2日 田端義夫
136 ワンマンの遺志 5月9日 堀越陽子
137 裏切者たち 5月16日 堀越陽子
138 決戦の場 5月23日 堀越陽子、井上孝雄
139 金貸しと商人 5月30日 堀越陽子
140 走るか!?半タク 6月6日 井上孝雄
141 賭け! 6月13日
142 運をよべ!! 6月20日 片岡あや子
143 人生すべて仕入 6月27日
サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
144 キビシーイ!!もんや 7月4日
145 陰謀!? 7月11日
146 内輪の恥 7月18日
147 こころの家族 7月25日
148 敵か?味方か? 8月1日
149 将軍再来! 8月8日 柳永二郎
150 傷痕 8月15日 柳永二郎
151 茂子社長!! 8月22日 柳永二郎
152 倒産の危機 8月29日
153 マル金作戦!! 9月5日
154 かけひきの裏 9月12日
155 生き金死に金 9月19日 天草四郎久富惟晴
156 総決算! 9月26日 久富惟晴、梶川武利

総決算篇[編集]

サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
157 あまーいどてらい男 1976年10月3日
158 意外な再会 10月10日 三浦徳子
159 一から出直し 10月17日
160 地震!? 10月24日
161 予感適中!! 10月31日
162 死ぬな!!茂子 11月7日
163 日本一の嫁はん 11月14日
164 妻よ、永遠に 11月21日
165 葬式て何じゃい! 11月28日
166 挑戦!! 12月5日
167 黒い祝花 12月12日
168 死の商人 12月19日
169 茂子が残した豚マン 12月26日
サブタイトル 放送日 ゲスト出演者
170 悲しみの中から 1977年1月2日
171 吠えろ!!負け犬 1月9日
172 迷惑な訪問者 1月16日 伊藤雄之助
173 刃には刃を!! 1月23日 伊藤雄之助
174 心で勝負 1月30日
175 奇妙な再会 2月6日
176 2月13日
177 ここらが勝負!! 2月20日 ジェリー伊藤
178 卑怯な策略 2月27日
179 モウ!逢イタカッタ… 3月6日
180 二人のモーやん 3月13日 鈴木ヤスシヤン・エリック
181 ほんまもんの商売 3月20日
182 世界に馳ける!! 3月27日

映画[編集]

どてらい男
監督 古澤憲吾
脚本 田坂啓
原作 花登筺
製作 高畠久
出演者 西郷輝彦
音楽 山本直純
撮影 逢沢譲
編集 諏訪三千男
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗1975年2月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1975年2月1日に東京映画の製作、東宝の配給で公開された。カラー、シネマスコープ、上映時間87分。

かつてクレージー映画を筆頭に、『若い季節』2部作や『若大将シリーズ』を手掛けた古澤憲吾が『ユートピア』以来2年振り、東宝では『日本一のヤクザ男』以来5年振りに監督となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

告訴せず

コミカライズ版[編集]

本作のコミカライズ版が、1970年代後期に『週刊漫画TIMES』(芳文社)に連載された。作画は横山まさみちで単行本は全6巻。

関連項目[編集]

  • 山本猛夫 (実業家) - 山下のモデルになった人物。
  • 山善 - 山本が興した会社。山下が戦後に立ち上げる「天守産業」のモデル。
  • TONE (企業) - 旧・前田軍治商店。山本が実際に丁稚に入っていた店で「前戸文治商店」のモデル。
  • 三輪タクシー - 田村亮演じる尾坂昭吉の運送会社のトラック及びタクシー(半タク)として登場。

脚注[編集]

  1. ^ 札埜和男『大阪弁「ほんまもん」講座』2006年、新潮社、p32
  2. ^ レトロエンタープライズ「古いビデオ方式からのデジタル化・アーカイブ作業」(「今までの実績」を参照)、2014年8月20日閲覧。
  3. ^ 『どてらい男(やつ)』テープ捜索プロジェクトに協賛します / 株式会社山善」、2014年8月20日閲覧。
  4. ^ 関西テレビ「試写会 YAMAZEN presents どてらい男「第1話」上映会&トークショー」、2014年8月20日閲覧。
  5. ^ 「「どてらい男」録画テープ有りませんか」読売新聞大阪夕刊、2014年8月20日p.8。
  6. ^ YAMAZEN presents どてらい男(ヤツ)捜索プロジェクト 関西テレビ

外部リンク[編集]

フジテレビ 火曜22時台(関西テレビ制作枠。一部地域を除く。1973.10-1975.3)
前番組 番組名 次番組
どてらい男
フジテレビ系 日曜21時台(関西テレビ制作枠。一部地域を除く。1975.4-1977.3)
どてらい男・戦後編
激動編
死闘編
総決算編
さわやかな男・太陽編
フジテレビ 日曜21:54-21:55枠(ここまで関西テレビ制作枠および全国ネット枠。1975.4-9)
白雪劇場
池田大助捕物日記
※21:00-21:55
どてらい男・戦後編
渡辺文雄
くいしん坊!万才
※21:54-22:00
【1分拡大して継続】
【ここからCX制作および関東ローカル枠】