重役候補生No.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
重役候補生No.1
監督 古澤憲吾
脚本 吉田精弥
製作 安達英三朗
出演者 高島忠夫
白川由美
浜美枝
中島そのみ
田村奈巳
音楽 神津善行
撮影 太田幸男
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年7月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

重役候補生No.1』(じゅうやくこうほせいナンバーワン)は、1962年7月7日東宝系で公開された日本映画である。モノクロ。東宝スコープ

概要[編集]

日本お伽話桃太郎』をモチーフとした、サラリーマン喜劇。

上映は1週間の短期で終わり、名作『ニッポン無責任時代』の1つ前の古澤作品という事もあってか、映像ソフト化は全くされていない、古澤作品の中ではかなりのマイナー作品である。

なお古澤監督のモノクロ作品は、本作が最後。

ストーリー[編集]

シューズメーカー「日の丸ゴム」の地方支店に勤めていた大川桃太郎は、自分がアイデアを出した新製品「ロケット・シューズ」の売れ行きの好評が認められ、東京本社の宣伝係長に栄転、そこでも桃太郎は、全国の各球場に看板を作り、日本シリーズ中その看板にホームランを当てた選手には百万円の賞金を贈る等、様々な宣伝をし、一つ一つ実行に移し始めた。おかげでロケット・シューズは飛ぶ様に売れ、東西デパートとの契約や、ロケット・シューズ専門の新工場建設と、好調の波に乗っていた。そして桃太郎は、会社のOLである猿田と雉野、そして会社に出入りする「ワールド日報」記者の犬山に人気者となるが、桃太郎には家の隣に住む、京子という女性にモーションをかけている。イヌサルキジトリオは毎日お団子のやけ食いだ。

ところが起こった大事件!!ロケット・シューズの底が抜け、販売店やデパートからキャンセルが殺到、更に新工場建設にも横槍が入った。これはもしや、商売敵の「鬼ヶ島ゴム」の仕業に違いない。イヌサルキジトリオは事の真相を調べている内、京子が鬼ヶ島ゴムの本社に入っていくのを目撃、スパイではないかと睨む。そして犬山は芸者に変装し、宴会場に潜入、そこで犬山は、日の丸ゴムの山下宣伝課長が情報を売った事をつきとめた。これに怒った桃太郎は、単身鬼ヶ島ゴムに乗り込み、鬼島社長に猛抗議、そこへ飛び出して来たのは京子だった。実は京子は鬼島社長の娘で、頑固な父に反発して家出していたのだ。桃太郎の根性に惚れた鬼島は、「欲しい物が有ったら言え」と言う。そこで桃太郎は、「お嫁さんを下さい」と答えた。かくて京子は、桃太郎と結婚する事となった。

それから数日後、今日は日の丸ゴムの創立80周年祝賀会。その席上、桃太郎は宣伝部長に昇格し、「重役候補生No.1」となった。そしてイヌサルキジトリオにも「社長賞」が贈られた。そして次の日、桃太郎は素敵な宝物・京子を見せるために、祖父母の待つ山へ出発した……。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

高校生と女教師 非情の青春

補足[編集]

前述の通り、本作は映像ソフト化はされていないが、テイチクエンタテインメントから発売されたCD「古澤憲吾ミュージックアンソロジー 日本一のサントラ大作戦」には、本作のオープニング音楽が収録されている。

参考文献[編集]

「キネマ旬報」312号(1962年刊)

関連項目[編集]

  • 桃太郎
  • スーダラ節 - 劇中、坂下が歌っている。
  • 若い季節 - 本作と同じ古澤作品で、同じく「産業スパイ調査」を軸にしている。本作の浜・田村・清水・平田が出演。