忠臣蔵 (1958年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
忠臣蔵
監督 渡辺邦男
脚本 渡辺邦男
八尋不二
民門敏雄
松村正温
製作 永田雅一
出演者 長谷川一夫
市川雷蔵
鶴田浩二
勝新太郎
京マチ子
山本富士子
木暮実千代
淡島千景
若尾文子
滝沢修
音楽 斎藤一郎
撮影 渡辺孝
編集 宮田味津三
製作会社 大映京都撮影所
配給 日本の旗 大映
公開 日本の旗 1958年4月1日
上映時間 166分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億1033万円[1]
テンプレートを表示

忠臣蔵』(ちゅうしんぐら)は、1958年日本時代劇映画。大映創立18年を記念して製作され[2][3]長谷川一夫市川雷蔵勝新太郎京マチ子山本富士子若尾文子中村玉緒ら当時の大映の俳優が総出演したオールスターキャストの作品であった。監督は渡辺邦男。カラー、大映スコープ。

概要[編集]

大石内蔵助には大映の大看板スター長谷川一夫が初めて演じ、浅野内匠頭に若手の二枚目スター市川雷蔵のほか鶴田浩二勝新太郎という豪華絢爛たる顔ぶれに加え女優陣にも京マチ子山本富士子木暮実千代淡島千景若尾文子といった当時のトップスターを起用した。吉良上野介には、民藝の名優滝沢修を起用し、1964年にNHK大河ドラマ赤穂浪士』で再び長谷川一夫とタッグを組むことになる。

戦後映画化された『忠臣蔵』の中で最も浪花節的かつ講談調で娯楽性が高く、人気の高い作品でリアリティよりも虚構の伝説性を重んじる風潮がまだ残っていて『忠臣蔵』の初心者が大枠を掴むのに適していると言われている[4]

「早撮りの名人」と言われた渡辺邦男監督は初めて大映でメガホンを取り、35日間で完成させた[5]。またこの作品は、6年後の1964年12月9日に大河ドラマ『赤穂浪士』が高い視聴率で大評判であった時期にリバイバル公開されている[6]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  • 『戦後忠臣蔵映画の全貌』谷川健司 著 集英社 2013年11月発行

出典[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)148頁
  2. ^ 忠臣蔵(1958)”. KINENOTE. 2013年12月12日閲覧。
  3. ^ 『戦後忠臣蔵映画の全貌』谷川健司 著 125P参照 
  4. ^ 忠臣蔵 [DVD]”. amazon.co.jp. 2013年12月12日閲覧。
  5. ^ 『戦後忠臣蔵映画の全貌』谷川健司 著 125P参照 
  6. ^ 『戦後忠臣蔵映画の全貌』谷川健司 著 177P参照 

外部リンク[編集]