テント (漫談家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大空テントから転送)
移動先: 案内検索
テント
本名 三浦 得生(みうら とくお)[1][2]
生年月日 (1951-05-16) 1951年5月16日[3][4]
没年月日 (2016-09-27) 2016年9月27日(65歳没)[1][2]
出身地 日本の旗 日本 大阪府八尾市
師匠 川上のぼる
上岡龍太郎
事務所 吉本興業
活動時期 1974年 - 2016年
弟子 八男
受賞歴
1981年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
(「大空テント・幸つくる」として)

テント1951年5月16日[3][4] - 2016年9月27日[1][2])は、日本漫談家タレント。本名:三浦 得生(みうら とくお)[1][2]

吉本興業所属[4]。放送メディアにめったに出演しない姿勢から、未確認生物になぞらえ、「お笑い界のツチノコ[5]」または「ツチノコ芸人[2]」と評されたほか、先鋭的な芸風から、師匠の上岡龍太郎に「出てくるのが10年早かった[2]」と言わしめたり、「21世紀型芸人」と形容されたりした。

来歴[編集]

大阪府八尾市出身。生家はテント商を営む。近畿大学附属高等学校卒業後の1970年川上のぼるに入門[6]。その後1973年松竹芸能の漫才教室に入る[6]1974年11月11日11時11分、新世界新花月で初舞台[7]。旧芸名は大空 テント(おおぞら テント)。

その後家業の手伝いなどを経て、上岡龍太郎に弟子入り[6]。漫才コンビ星空まあちと「テント・シート」を結成するも解散。その後の1981年、幸つくると「大空テント・幸つくる」を結成。同年の第12回NHK上方漫才コンテストで優秀賞を受賞[1][2]し、一躍脚光を浴びたが、数年後にテント・つくるは解散。ヤマトと「ざっと31」を結成も解散、その後ピン芸人として活動を始めた。

テントの漫談は1990年代の終わりごろから口コミで話題になり、「テントさんの芸が面白い」というよりも「テントさんが芸をしているところが面白い」という、カルトな人気を持つに至った。中島らもみうらじゅんらから高く評価され、彼らの主催のライブに出演したほか、一時期、小ホールなどで行なう彼のライヴのチケットは即完売し、手に入りにくいという状況にまでなった。また、このころから、回数は少ないながらテレビ番組に出演し、芸を披露するようになった。

晩年は東京・新宿にある吉本興業の劇場「ルミネtheよしもと」に出演し、ネタコーナー「7じ9じ」のトリを務めたり、ワッハホールにて「得別奇角」と題するイベントを定期的に開催したりした。

2016年9月27日19時50分頃、大阪市天王寺区の地下鉄谷町九丁目駅上の横断歩道を横断中に乗用車に撥ねられ、心肺停止の状態で病院に搬送されたが、同日22時50分頃、死亡が確認された。65歳没[1][2][8]

通夜は9月29日告別式9月30日に、八尾市の葬儀場で営まれ、師匠の上岡をはじめ、弟弟子のぜんじろうや、オール巨人板東英二二代目桂ざこばら芸人仲間も参列し、早すぎる死を悼んだ。

芸風[編集]

とぼけた淡々とした調子で、合間にギャグをはさむ漫談を行い、最後に「人間パチンコ」のような珍芸を披露した。テントの漫談は短いネタを唐突に次々と繰り出す形式であり、決まって下記のようなボヤキを入れて落とした。

年末には決まって、忠臣蔵を題材にした長編漫談を演じた。

語録[編集]

  • 「ハァ!」
冒頭に必ず言う奇声。平板に言う。
  • 「カマキリの落とし子、テント」
自身の容姿を形容したもの。自身がサインを書く際、名の横に添えていた。
  • 「ギョ」
  • 「ヌ」
  • 「ギャシャリンベン、ドッハー!」
  • 「わからん人放っときますよ。いちいち説明しませんよ。義務教育やないんやからね」
  • 「言っておきますけど、僕の話、バラバラですよ。分解して家に持って帰って、組み立てて考えてください。時々部品足らん事がありますけど」
  • 「このネタ、取らんといてな」
  • 「面白ないでしょ? さっき考えたところやからね。(左肩だけ上げて)キュー……やもん」
  • 「今笑わんとね、これからずっと面白ないよ、ここが僕の漫談の、山場やからね。……低い山場やなぁ」
  • 「僕の笑いね、意外と奥深いよ。幅狭いけどね」
  • 「そんなんでね、どんなんや、そんなんですよ、どんなんや、そんなんですよ」
  • 「あ、今ね、話変わりましたよ。ぼさーっとしてたらね、時代に取り残されるよ」
  • 「吉良の首とった、ゆうてもね、頭も一緒にとるんですよ。首だけやったら誰のか分からんからね」
  • 「吉良の首とった、ゆうてもね、頭も一緒にとるんですよ。首だけやったら2回切らなあかんからね」

主なギャグ[編集]

  • 大股開き歩き
テントが登場・退場する際の動き。登場の時はマイクの前を通り過ぎたり、そのまま舞台から一度退場したりする。
  • 「ウィッ、ウィッ、ウィッ」
ネタ間のブリッジ。両肩を激しくすくめながら言う。
  • 歌ネタ
初めに「この歌は、○○に、そして、△△に、そして、トロピカルに歌いたい。よろしく」と言い、「たんたんたんたん」と四打音を口で言って歌に入る。歌のレパートリーは多いが、どの歌のイントロも同じであった。
歌の合間に手足を互いにクロスさせながら「たんたんちーん、たんたんちーん」と言う。
  • 人間パチンコ[2]
全身で打ち出されたパチンコ玉や回るスロットを表現し、クロスした両腕を交互に回転させながら「グルグルグル……7、7」と指を立てて数字を出していく。客に数字が揃うところを期待させ、一度7を出した両手を傾けて「斜め!」と言ったり、5と見せかけて「手のひら!……なんのこっちゃ」などと言って落とす。
本人いわく「いつフィーバーになるかわからない」が、まれに数字が揃うときがあり、その際は「ジャラジャラ」と叫びながら大きく飛び跳ね、大当たりを表現する。
落語家の露の新治の発案といい、新治は「人間パチンコをやる時はかならずそのことを言うように」と念を押したが一度も言ったことがなかったという。
  • 蜘蛛の決闘[3]
手を蜘蛛に見立てて左右の手で闘わせる。テント本人いわく、「どちらの手が勝つかわからない」位、熱中してしまうらしく、「上岡が左手に千円賭ける、と言った時に左手の蜘蛛が勝ってしまった」などと語っている。上岡にとっては千円でもテントにとっては大金であると推測される為、賭け金が支払われたかどうかは定かでは無い。
  • 蜘蛛の歩き方
  • みのむし[3]
風に吹かれて揺れている所の形態模写。
  • 尺取虫
  • 蟹の動き
メガネを取り、それを両手で掴んで指を足に見立てる。
  • 横山ノックのものまね
「元大阪府知事の横山ノックです!」と言うもの。

人物・エピソード[編集]

  • 本人はあまり積極的に営業をかけるほうではなかった。一時期は週休6日の状態(週に1日だけ働いて、残りの6日はオフ)だったこともあるという。上岡が語ったところによると、テントが確定申告をしに税務署へ行ったところ、収入が48万円しかなかったため、係員に「ここに来るよりも民生委員のところに行きなさい」と言われたという[9]
  • 昔の寄席芸人についてかなり深い知識を持つ。師匠・上岡龍太郎が長年DJを務めていた『歌って笑ってドンドコドン』にゲスト出演したときには、芸歴でははるかに長い上岡自身でも覚えていないような芸人の名や、その芸人の持つエピソードを語った。
  • 1990年ごろに一般女性と結婚をしたが、別居を経て、2014年に離婚した[6]。結婚のきっかけは、テントが東京での仕事の際に共通の知人を通じて一般女性の家に宿泊させてもらい、御礼の手紙を書いたことから、文通による交際が始まったのがきっかけである。当時テントが書いて送っていたラブレターの内容は、ところどころに自分の持ちギャグを入れたり、意味なく色を塗るなど、おおよそ普通の大人が書くものとは思えない内容のものであった。結婚当時の夫婦生活に密着した映像が『鶴瓶&なるみのほんまか』(関西テレビ)などで紹介されたが、その実態は「1日中家で遊び呆けている夫を、妻がアクセサリー加工の内職をしながら世話をすることに終始する」というものであり、取材VTRを見た番組の出演者に「一度も家の外に出ない密着取材VTRを観たのは初めてだ」と言わしめるほどの内容であった。
  • 単独ライブ「テントひとりぼっち」で引退直前の上岡龍太郎がゲストで登場した時、2代目上岡龍太郎として芸名を譲ると言われたが、「サインで書きにくい」という理由で丁重に断った。その舞台では、師匠と弟子が並んで「大股開き歩き」で退場という、二度と見られない貴重なシーンが展開された。
  • 中学時代、自分の自慰行為に悩む姿を書き連ねた日記をつけており、後年パペポシアター(『鶴瓶上岡パペポTV』のイベント企画)で師匠の上岡龍太郎にその内容を暴露された。この様子は後日カセットテープで発売された「パペポTV カセットBOOK」に収録されている。
  • 明石家さんまが好んでモノマネをする。

メディア出演[編集]

テレビ番組[編集]

1990年3月の企画で、笑福亭鶴瓶と上岡龍太郎が大阪市東住吉区長居公園の相撲場において相撲の五番勝負「嵐の春場所」を行なうこととなったが、当日都合のためドタキャンした上岡龍太郎が、彼を自身の代わりに「剛の者」として送りこんだ。結果は5戦全敗。また、翌週の収録の前説にも、締め込みに化粧廻しという姿で5分ほど登場し、歌「わらびもち」(後述)を披露した(この回の「パペポTV」は「嵐の春場所」においてけが人が出たことを踏まえ、事情説明のために、本編の前に割り込む形で笑福亭鶴瓶の行う前説が20分ほどON AIRされた)。
吉本制作の年末恒例の特番。2007年末に出演し、オープニングで「人間パチンコ」を披露した。

映画[編集]

赤井英和と共演。阪神・淡路大震災の被災者の一人として出演。
謎の漢方薬屋として出演。自作の「行き先は若者」がテーマ曲として使用されている。この映画の監督は師匠・上岡龍太郎の実子・小林聖太郎である。
小林聖太郎監督の実写映画。子どもが見ている架空の幼児向けテレビ番組に登場。
小林聖太郎監督の実写映画。

CM[編集]

フレッツADSLサービスの宣伝にあわせ、持ちネタの一つ「人間パチンコ」をアレンジして披露した。

レコード・CD[編集]

[4]

  • わらびもち(1990年発売、2000年にCD化、プロデュースは山本精一
  • デカメロン(2003年発売)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 吉本芸人のテントさん死亡 大阪、車にはねられる - 共同通信 2016年9月28日(同日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g h i 吉本興業の芸人テントさん、車にはねられ死亡65歳 - 日刊スポーツ 2016年9月28日(同日閲覧)
  3. ^ a b c d e f g テントとは コトバンク - 典拠はタレントデータバンク
  4. ^ a b c d e f テント(キャッシュ) 吉本興業株式会社
  5. ^ 「お笑いタイフーンJAPAN vol.11」
  6. ^ a b c d ““つちのこ芸人”テント、離婚していた!別れてヒマで本格活動宣言”. サンスポ. (2015年4月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150418/div15041805040001-n2.html 2015年8月20日閲覧。 
  7. ^ ナンバ壱番館」再現VTRより[要高次出典]。舞台袖で腕時計を見ながら、この時間になるのを待って舞台に出たという話である。
  8. ^ 漫談家のテントさんが死去 65歳 交差点で車にはねられ - ORICON STYLE 2016年9月28日(同日閲覧)
  9. ^ 実際のところは芸能人はどんなに収入が少なくても収入の10%が所得税として源泉徴収されており、還付申告ができるため、税務署側から「確定申告は不要である」との指導を受けることはあり得ない。

外部リンク[編集]