ディアボロ (ジョジョの奇妙な冒険)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョジョの奇妙な冒険 > 黄金の風 > ディアボロ (ジョジョの奇妙な冒険)

ディアボロDiavolo)は、荒木飛呂彦漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』のParte5(第5部)『黄金の風』に登場する架空の人物。

ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風』における声優宮本充。ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』における声優は森川智之

人物[編集]

ギャング組織「パッショーネ」のボス。幾つもの偽名を持っており、作中でも本名は明かされていないが、その正体を知るものにはディアボロと呼ばれている。「帝王」を自称し、自身の永遠の絶頂を脅かすものを許さない。二重人格者で、「ドッピオ」という名の気弱な少年の人格が内在している。

自身の過去が自身の地位や栄光を揺るがす原因となると考え、それに関するあらゆる情報や事物、およびそれらに辿り着く手段をことごとく隠蔽・抹消してきたため、その正体や経歴、人物像を知る人物は「パッショーネ」幹部にも誰一人として存在しない。その一方で、彼の正体を知ってしまった者や探ろうとする者、反逆者に対しては決して容赦せず、狂気すら感じられる凄惨な方法で始末したり、その死体を組織内の他のメンバーへの見せしめに利用することもある。必要とあらば、幹部クラスの部下の自決命令や命令を終えた部下の抹殺さえも決断する。実の娘であるトリッシュに対してさえ、「他者にとっては自分の過去を知るために必要なもの、自分にとっては自らの手で始末せねばならないもの」としか考えておらず、その存在に憎悪の感情さえ抱いている。

与えられた仕事をしっかり遂行したり、目的や誇りのために命懸けの行動を取った人物に対しては敬意を払う一面もあるが、基本的にはその名の示す通りの、恐ろしく冷酷で残虐な「悪魔」のような性格を示す。これはギャングのボスとしての地位や手腕、強力過ぎるスタンド能力などに基づいた絶対的な自信やプライドと、自分の正体や過去を他人に知られる事や自身の栄光が失われる事、『運命』につまづいて失敗を犯す事などに対するこの上無い恐怖心に基づいている。 しかし、自身の正体や過去に関する事物は自らの手で徹底的に始末していかなければ気が済まない、戦闘中でさえ自身の姿を見られない事に神経を使う余り止めを刺せる絶好の機会をみすみす見逃したりする、自身のスタンド能力を過信して相手の行動の真意を読み違えたりする、など、このような歪んだ性格や信条が仇となって致命的なミスを犯すことも少なくなく、結果的にはそうした行動のために破滅へと追い込まれている。 また、トリッシュにも「あたしは『運命』を乗り越える。あんたみたいに『運命』にビクついたり逃げたりしない」と自身の信念を否定されている。

1967年生まれ。母親は刑務所に服役していた女囚で父親は不明(母親は妊娠当時女性のみの刑務所で既に2年間服役しており、妊娠できる状況ではなかったから)。刑務所では育てられないためサルディニア島の神父の養子となり、19歳になるまでそこで暮らしていた。

当時は「臆病でどんくさいがさっぱりした性格」と周りから思われており、また育て親の神父との関係も良好で将来は船乗りになりたいと語っていた。しかし、1986年に神父がディアボロのために部屋を拡張しようと彼の部屋を掘ったところ、神父は部屋の床下に生き埋めにされているディアボロの母親を見つけてしまった。その後何があったかは語られていないが、その日の夜に彼の故郷の村は炎に包まれ、ディアボロは死亡者の一人として処理された。

また、同年にディアボロはエジプトの遺跡発掘隊に金目当てでアルバイトとして参加しており、その時に偶然遺跡からスタンド才能を開花させる「矢」を6本発見した。その後、その「矢」を盗んで発掘隊から逃走し、盗んだ「矢」の内5本はエンヤ婆に高値で売り、残りの1本を組織拡大に利用した。

「パッショーネ」を創立しボスになってからは、「裏社会の浄化」の名の元で多くの組織を潰し、大勢の人間を支配下に置いたが、組織基盤が確立したと同時に「禁じ手」としてきた麻薬(ノベライズ「恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-」で、部下の1人がスタンド能力で製造した特殊なものであることがわかる)の密売を行うようになり、イタリアの街を荒廃させる原因を作った。結果として1986年からイタリアの犯罪統計が急速に伸び、さらには欧州の麻薬犯罪率が20倍に増大した。このことから、1990年代から「弓と矢」の行方を追っていたジャン=ピエール・ポルナレフは麻薬を蔓延させているパッショーネが「矢」を所有していることを突き止め、さらにディアボロの正体を知ることにも成功するが、ディアボロはパッショーネの強固な組織力と自身のスタンド能力「キング・クリムゾン」を武器に、ポルナレフを徹底的に追い詰めた上でこれを返り討ちにし、右目と下半身を失う重体を負わせる。

ジョルノが入団して、ブチャラティが幹部に昇進すると、自分の過去に繋がっている実の娘のトリッシュを裏切り者の暗殺チームの手に渡る前に自らの手で殺害するため、ブチャラティチームに命じて自らの下に送り届けさせるべく命令する。しかし、トリッシュの護衛が成功してディアボロへのトリッシュの引き渡しが行われた時、ブチャラティがディアボロの思惑を察してことを決意し、捨て身で抵抗してきたためにトリッシュを殺害出来ず、2人を取り逃してしまう。このため、自身を裏切り、「キング・クリムゾン」の能力を知ったブチャラティをチームとトリッシュ諸共抹殺しようと画策する。なお、ブチャラティはディアボロを裏切る直前、ディアボロを「吐き気を催す邪悪」と呼んで罵倒した。

その後、自らの親衛隊を刺客としてブチャラティチームに送り込む一方で、自らは第二人格のドッピオと入れ替わって故郷のサルディニア島に向かう。そこでブチャラティチームとは別にボスの正体を探っていた暗殺チームのリーダー・リゾットと交戦してこれを殺害、その後スタンド能力「ムーディー・ブルース」で自らの過去を再現しようとしていたアバッキオに奇襲を掛けて殺害した。しかし、アバッキオは殺害される直前にディアボロの過去の姿の再現に成功しており、死ぬ間際に側にあった石碑に「ムーディー・ブルース」の顔面と手を叩きつけていたため、後から来た他のメンバーに自身の素顔と指紋が割り出されてしまった。 その後、自らの過去をブチャラティチームに知られた事と自らを打倒するべくブチャラティチームの協力を申し出る者の存在を確認し、自身の切り札であるチョコラータとセッコに追撃を命じてブチャラティチームを追うようにローマコロッセオに向かった。

その後、ドッピオの姿でローマに辿り着くと、セッコとの戦闘で満身創痍になったブチャラティと遭遇したため、トリッシュのフリをしてコロッセオにいる協力者の元へ案内させる。すると、その協力者の正体がかつて殺害したと思っていたジャン=ピエール・ポルナレフであることに気づき、またポルナレフが持って来た「矢」を使って何かをするつもりであることに勘付いたためため、正体を現して彼に襲い掛かり、殺害する。しかし、ディアボロに止めを刺される直前にポルナレフが「矢」で自身のスタンド「シルバー・チャリオッツ」を貫き、「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」に進化させたことで「矢」を「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」に奪われたため、「矢」の入手には失敗する。

その後、「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」の能力によって魂と肉体の入れ替わりが起こったのだが、この時に二重人格という特異精神によってディアボロのみ入れ替わりに不規則が起き、ドッピオの魂が宿ったブチャラティの肉体ではなくトリッシュの魂が宿ったミスタの肉体に潜むこととなった。その後、他のメンバーが混乱している隙を突いて「キング・クリムゾン」の能力を発動し、ナランチャを殺害した。 その後、「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」の能力の全容をいち早く理解し、他のメンバーを出し抜いて「矢」を手に入れようと企んでいたが、あと少しの所で自身の魂がチーム内の誰かの肉体に潜んでいる事をジョルノに気づかれる。そこで「キング・クリムゾン」の射程に入ったジョルノの腕を切断し、それに気づいて咄嗟にトリッシュが出した「スパイス・ガール」を「キング・クリムゾン」で気絶させることで一時的に肉体の主導権を握った。そして、他のメンバーからの妨害を受けながらも、「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」にダメージを与えたことで「矢」を手に入れる一歩手前まで辿り着く。だがそれよりも先にブチャラティが「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」を完全に攻略した事で魂が元の肉体に引き寄せられ、「矢」をジョルノに奪われてしまう。そのため一時は撤退も考えたが、己のプライドを賭けて戦うことを選ぶ。そして「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」にスタンドを進化させる事に成功したジョルノに挑むものの、「G・E・レクイエム」の「動作や意思の力をゼロにする」能力により、時の消し飛ばしはおろか意思や行動まで巻き戻されて無効化され、その直後に打ち込まれたラッシュによりティベレ川に叩き落され敗北。その後、「G・E・レクイエム」の能力により「死んだという真実」にさえ到達できなくなってしまい、様々な形で永遠に死に続け、死ぬことに怯え続ける地獄を味わうこととなった。


ヴィネガー・ドッピオ[編集]

声 - 宮本充(黄金の旋風版) / 石田彰(ASB版)

「ボス」の第二人格で表向きはギャング組織「パッショーネ」の参謀。普段は気弱で優柔不断な少年であるが、他人が正体(ディアボロ)に繋がるようなものに触れる行動を取ろうとすると人が変ったような凶暴な性格へと変貌し、ディアボロの人格の片鱗を見せる。本体であるディアボロの意思によって人格の入れ替えは行われ、その際には体格まで変化する(ただし、アバッキオ殺害時のようにドッピオの容姿のまま人格のみを入れ替えた例もあり、人格と体格の変化は必ずしも連動するものではないと思われる)。ドッピオ自身は自分のことをボスの忠実な部下と信じている。第一人格のディアボロとは「電話」によって交信し、その前兆に電話のベル音を口走る。交信に使う「電話」は動物だろうと玩具だろうと食べ物だろうと、耳に当てられさえすれば何でもいい。

ボスと同一人物のため「キング・クリムゾン」の能力の一部を操る事ができるが、本人は「ボス」から借りたものだと思っており、またその力は『エピタフ』による予知と「キング・クリムゾン」の「両腕」による打撃といった断片しか使えない。そのため「この世の時間を消し去る」能力は使うことが出来ず、この姿だと本来のような「無敵」と言える性能は発揮できない。

組織の裏切り者となったブチャラティチームを追跡し、故郷のサルディニア島でボスへの手掛かりを探っていたリゾットをディアボロとの連携により殺害し、続けてアバッキオも亡き者にする。その後は彼らを追ってローマのコロッセオに向かうが、コロッセオで発動した「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」の能力により瀕死のブチャラティの肉体と魂が入れ替わってしまい、さらにその状態でミスタの銃撃を受けて動けなくなり、そのまま彼の肉体の死に巻き込まれる形で死亡した。

キング・クリムゾン[編集]

【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - E / 持続力 - E / 精密動作性 - ? / 成長性 - ?】

人型のスタンド。射程距離は約2メートル。体表部にベルギーワッフルのような凹凸がある。本体曰く「この世の頂点に選ばれたスタンド」。

この世の時間を消し去る主能力「キング・クリムゾン(深紅の王)」と、頭部に付いたもう一つの顔で未来を100%の確率で予知する補助能力「エピタフ(墓碑銘)」(正確には、時間を十数秒飛ばした未来の動きを見る事が出来る能力)を持つ。「エピタフ」を単体で本体の額に出現させる事も可能。

時が消し飛ぶと、物事の「過程」は消し飛び「結果」だけが残る。具体的には「食べようとしていたチョコを知らないうちに口に含んでいる」などである。これは「消し飛んだ時間」の中で行われた行動の結果であり、過程を認識出来ないという事である(この例の場合、チョコを食べようとしてからチョコを口に含むまでの「過程」が消し飛び(無意識の間に経過し)、チョコを口に含んだという「結果」のみが残ったため、食べようとしたチョコがいつの間にか口に含まれていたように感じられる)。そしてディアボロのみが消し飛んだ時の中で意思を持ったまま自由に行動することが出来る。ただし何かに触れることは出来ず、また他の何かに触れられることも無い完全な「傍観者」となる。劇中で「空の雲は千切れ飛んだことに気付かず、消えた炎は消えた瞬間を炎自身さえ認識しない」という喩えで説明がされているように、消し去った時間内での事象は本体以外には生物だろうと無機物だろうと認識することは適わず、時間の経過を意識できないために消し飛ばされた「過程」の間の記憶も残らない。

消し去れる時間の範囲は最大で十数秒であり、MAX以下でなら指定出来る。「エピタフ」により予知できる未来も同じく十数秒先までである。

「エピタフ」の予知で見られる映像は必ずしも未来に於いて「自分の目が見ている映像」ではなく、自分を中心にあらゆる角度から客観的に見る事もでき、自分の背後の空間から見た場合「自分」+「前方」を見渡すといった事も可能である。

この能力の真価は「エピタフ」による100%の未来予知と併用する事により、自分に都合の悪い未来の運命を察知した上で、それを無かった事にできる事である[1]。対峙する者が「いつ」「どこから」「どんな攻撃」を加えようと、奇襲や不意打ちやどんなに高度な罠を張ろうとも、「攻撃を受けたという未来」を「エピタフ」で先読みし、「キング・クリムゾン」で時間を消し去る事により「攻撃を受けている過程」を無かったことにして回避する事が出来るため、この能力を正攻法で攻略する事はまず不可能である。[2]

その特性から自他共に「無敵」と称する程強力な能力だが、いくつか弱点もある。

  • 第一に、時間を停止させる「スタープラチナ」や「ザ・ワールド」と違って能力使用中にはいかなる物体にも触れられないため攻撃が出来ない。そのため攻撃するには能力を解除しなければならない。ただし、消し去った時間内で肉体の一部を本体から切り離した場合、切り離した肉体の一部は本体とはみなされないので時が消し飛び、消し飛んだ時の中の物に触れることが出来る。よって本体から流れ出た「血」を相手に飛ばし、目に付着させて目潰しにするといった事は出来る。
  • 第二に、他人が認識出来ないだけで時間自体は消費されている為、ポルナレフが一定のスピードで血を地面に落として時間を計る事で攻撃のタイミングを見切ったように、その能力を知る者であれば時間を計測する事でスタンド能力の使用を知る事ができ、時が消し飛んだ次の瞬間に来る攻撃に対し回避または反撃をされてしまう可能性がある。
  • 第三に、「エピタフ」はあくまでも数秒後の未来に起こる出来事を「投影」する能力でしかなく、その出来事の内容を「具体的に示す」能力ではない。このため、投影された出来事がどのような未来を示すのか、どのような過程を経て起こるのかは自分で推測するしかなく、正確に理解することはできない(例:リゾット戦において、ドッピオは「ハサミで右足が切断される」未来を見て「リゾットの能力によって自分の右足が切断される」と思い込んでいたが、実際には「リゾットの能力を悟ったドッピオが投げたハサミによってリゾットの右足が切断される」未来であった、等)。
  • 第四に、持続力が非常に低いため、一度能力を使うと次に使用するまでに何呼吸かの間が必要であり、連続して時間を消し去ることが出来ない(「エピタフ」は連続使用&消し去った時間内での併用可能)。ただし、能力を連続使用出来ない点を突いたとしても、常時「エピタフ」で未来を見ながら行動し、多少のダメージを覚悟した上で「致命傷」を受ける瞬間だけを狙い撃って能力を使用された場合、勝つことはより困難となる。[3]
  • 第五に、射程距離が2メートル程と非常に短く、攻撃方法も強烈な破壊力を持つ拳による急所への打撃や切断が中心となるため、相手を攻撃しようとする場合にはかなり近づかなければならない。さらに、「戦っている最中であっても相手に正体を晒したくない」ディアボロにとって、接近することは相手に正体を晒す危険が伴うため、自分の正体を知らない相手と戦う場合は、姿を見られることがない暗闇下で戦う、ドッピオの姿になった状態で戦うなど、直接姿を見せないように細心の注意を払いながら戦う事を強いられる(なお、自分の正体を知る相手と戦う場合に限っては、姿を見せて戦う模様)。

ただし、本来の能力を使用して戦う場合には時間を消し飛ばす能力も発動できるため、この能力によって相手に警戒されることなく距離を詰めたり、相手の死角に回り込むことができる。

このように、攻撃に関しては近距離パワー型のスタンドと同じようなことしか出来ないが、こと防御に関しては比類なき強さを誇っており、事実このスタンドを攻略することに成功したのは「矢」でスタンドの先へ進化した「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」だけである。

スタンド名の由来はイギリスのロックバンド「King Crimson」。能力の一つである「エピタフ」の名前の由来はKing Crimsonの楽曲「Epitaph」。なお、『オールスターバトル』の北米版では、"Emperor Crimson"(エンペラー・クリムゾン)と改名されている。

備考[編集]

  • 名前のディアボロ(Diavolo)はイタリア語で「悪魔」を意味する。また、イタリア料理の鶏肉の調理法に「ディアボロ風(あるいはディアボラ風)」というものが存在する。
  • 第二人格「ヴィネガー・ドッピオ」のヴィネガー(Vinegar)は英語で「」のことで、イタリア語で酢は「アチェート(Aceto)」となるため、イタリア語版では名前が「Aceto Doppio」に変更されている。ドッピオ(Doppio)はイタリア語で「二重」を意味する。

脚注[編集]

  1. ^ 59巻10P、50P、51P
  2. ^ 59巻144P
  3. ^ 59巻80P