NHK上方漫才コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHK上方漫才コンテスト
受賞対象お笑い芸人
開催日毎年2月最終、ないしは3月の第1・2金曜日
会場NHK大阪ホール[注 1]
日本の旗 日本
主催NHK大阪放送局(NHK)
司会司会者の項を参照
報酬優勝トロフィー、賞金50万円
初回1971年
最新回2021年
最新受賞者ビスケットブラザーズ

NHK上方漫才コンテスト(エヌエイチケイかみがたまんざいコンテスト)は、NHK大阪放送局主催で毎年春に開催される若手上方漫才家のための演芸コンクール。1971年に設立。現在は年度によるが、2月最終金曜日[注 2]、または3月の第1・2金曜日のいずれか(概ねNHKのど自慢チャンピオン大会の前日)にNHK大阪ホールで生放送している[注 3]

若手漫才家のコンクールには「M-1グランプリTHE MANZAI)(吉本興業主催、前者は朝日放送テレビ、後者はフジテレビジョンが共催)」や「MBS漫才アワード」(毎日放送主催)、「ABCお笑い新人グランプリ」→「ABCお笑いグランプリ」(朝日放送テレビ主催)、そして「NHK新人演芸大賞」などが挙げられるが、この大会は特に上方の若手漫才家にとってはステータスといえるものであり、最優秀賞をとった漫才師としてはこれまでにも太平サブロー・シロートミーズますだおかだフットボールアワー笑い飯などで、最優秀賞を逃した漫才師の中にも、ダウンタウンハイヒールチュートリアル麒麟などがいる。

出場資格は、結成10年未満のプロの芸人である事。

審査[編集]

2009年の第39回までは、一般的なコンクールと同様に出場コンビがそれぞれ漫才ネタを1本ずつ披露し、全部の演目終了後に審査員の厳正な審査のうえ、最優秀賞(初期は優秀話術賞)1組、優秀賞2組(当初は優秀努力賞と優秀敢闘賞をそれぞれ1組ずつ)を決定していた。大会名は「上方漫才コンテスト」となっているがジャンルは制限されておらず、コントや漫談なども参加できるフリースタイルな大会である。2017年度の優勝(最優秀賞)に選ばれたゆりやんレトリィバァもピン芸人だった[6]

2010年の第40回からはそれまでの方式を見直し、以下の方式となった。

  • 全応募コンビの中からまず予選大会を行い、その中で上位6組(第48回は8組)が決勝大会に進出する。
  • 出場6組は本番前に組み合わせ抽選会を行って、3組ずつ(第48回は4組ずつ)2つのブロックに分けて1次審査を行い、その1次審査を勝ち上がった各ブロック1組ずつ(2組)の対戦による決勝審査を行うトーナメント方式。
  • ネタの披露時間は1次審査は4分/組、決勝審査は8分/組(第48回は4分/組)。近年の演芸コンテストにおいてはショートネタが多くなったことから、より出場者の実力を試すという点で決勝審査では寄席などで行う時間に近い長時間のネタを披露できるようになった。
  • 演目終了後、審査員の投票(2010年から2013年は7人、2014年以降は6人)により、最多得票を得たコンビの勝ち抜けとなる。第44回以降は、審査員に加えて、前述の審査員1枠削減の代わりとして、各ブロックおよび決勝審査終了後に行われたデータ放送による視聴者の投票で最も多く得票数を集めたコンビに視聴者票として1票が加わった。
  • 実質的に優勝者が「最優秀賞」、準優勝者が「優秀賞」で、優秀賞相当の入賞が1枠減である。優勝者(最優秀賞受賞者)にはトロフィーと賞金50万円が贈られる[7]
  • 第40回から第43回までの優勝(最優秀賞)コンビは、近畿2府4県で撮影された「関西、たっぷり(NHK関西のキャッチフレーズ)」のアイキャッチ(関西地区限定)にも出演していた。

受賞者[編集]

優秀話術賞 優秀努力賞 優秀敢闘賞
1[* 1] 1971年 コメディNo.1 若井小づえ・みどり レツゴー三匹
2[* 2] 1972年 中田カウス・ボタン 船仁のるか・喜和そるか 浮世亭三吾・十吾
3[* 3] 1973年 はな寛太・いま寛大 横山たかし・ひろし 海原千里・万里
4 1974年 B&B(二代目) マスコミQ・P 若井チック・ヤング
5[* 4] 1975年 チグハグコンビ 森啓二・喜多洋司 ザ・ぼんち
6 1976年 オール阪神・巨人 B&B(三代目) 鳳キング・ポーカー
7 1977年 浮世亭ジョージケンジ 青芝まさお・あきら 酒井くにお・とおる
8[* 5] 1978年 大木こだま・ひかり ヤングにっぽんず 島田紳助・松本竜介
9[* 6] 1979年 中田伸江・伸児 中田ブラック・ホワイト 青芝金太・紋太
10[* 7] 1980年 古都からん・ころん 宮川大助・花子 前田一球・写楽
  最優秀賞 優秀賞
11 1981年 太平サブロー・シロー 前田犬千代・竹千代 海原さおり・しおり
12[* 8] 1982年 ミヤ蝶美・蝶子 大阪笑ルーム 大空テント幸つくる
13[* 9] 1983年 じゃんけんぽん 中田新作・優作 やすえ・やすよ
14[* 10] 1984年 トミーズ ダウンタウン ザ・バッテリー
15[* 11] 1985年 ちゃらんぽらん ハイヒール 西田タカミ・キヨミ
16[* 12] 1986年 非常階段 まるむし商店 立山センター・オーバー
17[* 13] 1987年 どんきほ〜て 岡けん太・ゆう太 ポテトフライ
18[* 14] 1988年 オールディーズ ビッグブラザーズ 和光亭幸助・福助
19[* 15] 1989年 ミモ・ファルス シンデレラエキスプレス 中田はじめ・圭祐
20[* 16] 1990年 ティーアップ ベイブルース 平川タロー・ジロー
21[* 17] 1991年 犬丸兄弟 ぴのっきお 未来世紀0102
22[* 18] 1992年 大阪キッズ ラッキースター ダックスープ
23[* 19] 1993年 水玉れっぷう隊 矢野・兵動 オミーズ
24[* 20] 1994年 ますだおかだ トクトミトコナミ 横山まさみ松島ひでお
25[* 21] 1995年 電車道 海原やすよ・ともこ I少年D
26[* 22] 1996年 シンクタンク 立花あさり・土佐かつお 幹てつや
27[* 23] 1997年 ハリガネロック Over Drive 2丁拳銃
28[* 24] 1998年 アメリカザリガニ ビリジアン ストリーク
29[* 25] 1999年 スクラッチ オーケイ ライセンス
30[* 26] 2000年 キングコング レギュラー りあるキッズ
31[* 27] 2001年 ランディーズ フットボールアワー ビッキーズ
32[* 28] 2002年 フットボールアワー オジンオズボーン ビッキーズ
33[* 29] 2003年 ビッキーズ チュートリアル 友近
34[* 30] 2004年 笑い飯 麒麟 ザ・プラン9
35[* 31] 2005年 レギュラー 千鳥 つばさ・きよし
36[* 32] 2006年 チョップリン アジアン なすなかにし
37[* 33] 2007年 プラスマイナス アジアン 千鳥
38[* 34] 2008年 とろサーモン アジアン モンスターエンジン
39[* 35] 2009年 ギャロップ 銀シャリ スーパーマラドーナ
  優勝
(最優秀賞)
準優勝
(優秀賞)
 
40[* 36] 2010年 銀シャリ モンスターエンジン
41[* 37] 2011年 スーパーマラドーナ さらば青春の光
42[* 38] 2012年 かまいたち 学天即
43[* 39] 2013年 ウーマンラッシュアワー 和牛
44[* 40] 2014年 和牛 タナからイケダ
45[* 41] 2015年 アキナ インディアンス
46[* 42] 2016年 ミキ トット
47[* 43] 2017年 ゆりやんレトリィバァ プリマ旦那
48[* 44] 2018年 アインシュタイン インディアンス
49[* 45] 2019年 さや香 丸亀じゃんご
50[* 46] 2020年 ネイビーズアフロ きんめ鯛
51[* 47] 2021年 ビスケットブラザーズ ニッポンの社長

司会者[編集]

放送される時期[編集]

近畿地方では基本的には2月最終金曜日、または3月の第1か第2金曜(概ね「NHKのど自慢チャンピオン大会」の前日に開催されることが多い)19時30分から20時45分(2007年 - 2012年は「かんさい特集」の時間枠相当)に公開生放送され、その他の地方では4月中旬ごろにミッドナイトチャンネルの枠で再放送される[注 3]。第51回(2021年)からはNHKプラス・ご当地プラスによる見逃し配信も行われる[8]

関連番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

ノミネート・本選進出者[編集]

  1. ^ ノミネート:コメディNo.1、若井小づえ・みどり、レツゴー三匹、横山たかし・ひろし、その他は不明。
  2. ^ ノミネート:中田カウス・ボタン、船仁のるか・喜和そるか、浮世亭三吾・十吾、海原はるか・かなた、その他は不明。
  3. ^ ノミネート:はな寛太・いま寛大、横山たかし・ひろし、海原千里・万里、海原はるか・かなた北京一・京二若井けいじ・えいじ、その他は不明。
  4. ^ ノミネート:チグハグコンビ、森啓二・喜多洋司、ザ・ぼんち、海原はるか・かなた大木こだま・ひかり酒井くにお・とおる青芝幸之助・福之助ガッツジョージ・アーボー浮世亭ケンケン・てるてる(棄権)。
  5. ^ ノミネート:大木こだま・ひかり、ヤングにっぽんず、島田紳助・松本竜介、松みのる・杉ゆたか青芝金太・紋太太平サブロー・シロー
  6. ^ ノミネート:中田伸江・伸児、中田ブラック・ホワイト、青芝金太・紋太、古都からん・ころん海原さおり・しおり青芝一世・八世松みのる・杉ゆたか団トリオ
  7. ^ ノミネート:古都からん・ころん、宮川大助・花子、前田一球・写楽、松みのる・杉ゆたか海原さおり・しおりじゃんけんぽん前田犬千代・竹千代春やすこ・けいこ立川センタ・ライン
  8. ^ ノミネート:ミヤ蝶美・蝶子、大阪笑ルーム、大空テント・幸つくる、ミヤ鈴丸・花丸うきうき・どきどき、その他は不明。
  9. ^ ノミネート:じゃんけんぽん、中田新作・優作、やすえ・やすよ、トミーズ銀次・政二まさと・ひとし歌メリ・マリ北乃笑斗・南乃勝斗
  10. ^ ノミネート:トミーズ、ダウンタウン、ザ・バッテリー、まるむし商店ハイヒール、その他は不明。
  11. ^ ノミネート:ちゃらんぽらん、ハイヒール、西田タカミ・キヨミ、まるむし商店中田八作草井毛平ざっと31ひろみ・ゆか岡けん太・ゆう太
  12. ^ ノミネート:非常階段、まるむし商店、立山センター・オーバー、ピンナップブレイクザ・ポテト和光亭幸助・福助ソフィア
  13. ^ ノミネート:どんきほ〜て、岡けん太・ゆう太、ポテトフライ、ピンクダック和光亭幸助・福助やっちゃん&ゆうちゃんソフィア小川あたる・たまる
  14. ^ ノミネート:オールディーズ、ビッグブラザーズ、和光亭幸助・福助、キャラメルランドベジタブルミモ・ファルスやっちゃん&なお君ライム・ライト
  15. ^ ノミネート:ミモ・ファルス、中田はじめ・圭祐、シンデレラエキスプレス、大前銀平・なつ紀高山・河本パールピアス130Rリットン調査団
  16. ^ ノミネート:ティーアップ、平川タロー・ジロー、ベイブルース、ぴのっきお未来世紀0102トゥナイトメキシコ台風BANG BANG
  17. ^ ノミネート:犬丸兄弟、未来世紀01・02、ぴのっきお、オミーズサムソンズ新撰組中田尚希裕士BANG BANG
  18. ^ ノミネート:大阪キッズ、ラッキースター、ダックスープ、オミーズ、その他は不明。
  19. ^ ノミネート:水玉れっぷう隊、矢野・兵動、オミーズ、ダックスープちゃいまんねんずテイクオフブラッシュ-4℃
  20. ^ ノミネート:ますだおかだ、トクトミトコナミ、横山まさみ・松島ひでお、WINNER'S(特別賞を受賞する)、AZAS海原やすよ・ともこお笑い番長ブラッシュ電車道まりみわ
  21. ^ ノミネート:電車道、海原やすよ・ともこ、I少年D、楠野太田SNOBちゃいまんねんずブラッシュ技ありーず
  22. ^ ノミネート:シンクタンク、あさり・かつお、幹てつや、いつお・かずおこん松・せんべいシンドバットT/D-4℃やぶからボー技ありーず
  23. ^ ノミネート:ハリガネロック、Over Drive、2丁拳銃、騎兵隊SNOBT/D技ありーず
  24. ^ ノミネート:アメリカザリガニ、ビリジアン、ストリーク、カチコチキューピーデモしかし南の風(風力3)シンドバット
  25. ^ ノミネート:スクラッチ、オーケイ、ライセンス、市川塾やおじゃがルート33カチコチキューピーりあるキッズ
  26. ^ ノミネート:キングコング、レギュラー、りあるキッズ、青空ダブルコセガレランディーズ騎兵隊ハイパント
  27. ^ ノミネート:ランディーズ、フットボールアワー、ビッキーズ、オジンオズボーンシャンプーハット$10君と僕ストリーク
  28. ^ ノミネート:フットボールアワー、オジンオズボーン、ビッキーズ、チュートリアルババリアロザンチョップリンりあるキッズ
  29. ^ ノミネート:ビッキーズ、チュートリアル、友近、オーケイチョップリンNON STYLE$10ジャンクション
  30. ^ ノミネート:笑い飯、麒麟、ザ・プラン9、天津NON STYLEレギュラー$10安田大サーカスロザン
  31. ^ ノミネート:レギュラー、千鳥、つばさ・きよし、イシバシハザマ天津なすなかにし南海キャンディーズNON STYLE
  32. ^ ノミネート:チョップリン、アジアン、なすなかにし、ダイアン天津とろサーモンNON STYLEプラスマイナス
  33. ^ ノミネート:アジアン、スマイル、千鳥、天津トライアングル藤崎マーケットプラスマイナスボールボーイ
  34. ^ ノミネート:アジアン、女と男スマイルつるせんねん天津、とろサーモン、のろし、モンスターエンジン。
  35. ^ ノミネート:ダイアンさらば青春の光span!、銀シャリ、スーパーマラドーナ、スマイル、ギャロップ。
  36. ^ 本選出場者:銀シャリ、ウーマンラッシュアワーspan!ソーセージダイアン、モンスターエンジン。
  37. ^ 本選出場者:かまいたち、スーパーマラドーナ、ソーセージGAG少年楽団、さらば青春の光、トット
  38. ^ 本選出場者:ウーマンラッシュアワー藤崎マーケット、かまいたち、学天即、天竺鼠span!
  39. ^ 本選出場者:ウーマンラッシュアワー、インディアンス学天即モンスターエンジン、和牛、タナからイケダ
  40. ^ 本選出場者:インディアンス藤崎マーケット、タナからイケダ、プリマ旦那ビーフケーキ、和牛。
  41. ^ 本選出場者:インディアンス、タナからイケダプリマ旦那ゆりやんレトリィバァバンビーノ、アキナ。
  42. ^ 本選出場者:プリマ旦那、ミキ、バンビーノ、トット、アインシュタインゆりやんレトリィバァ
  43. ^ 本選出場者:祇園インディアンス、プリマ旦那、ZAZY、ゆりやんレトリィバァ、アインシュタイン
  44. ^ 本選出場者:アインシュタイン、インディアンス、コマンダンテ霜降り明星なにわスワンキーズヒガシ逢ウサカラニーノーズロングコートダディ
  45. ^ 本選進出者:からし蓮根、さや香、たくろうラニーノーズジュリエッタネイビーズアフロ、丸亀じゃんご。
  46. ^ 本選進出者:からし蓮根プードル、きんめ鯛、パーティーパーティー隣人ニッポンの社長、ネイビーズアフロ、たくろう
  47. ^ 本選進出者:爛々、ニッポンの社長、カベポスター丸亀じゃんごエンペラー、ビスケットブラザーズ、チェリー大作戦からし蓮根

注釈[編集]

  1. ^ 第48回はNHK大阪放送局 T-2スタジオで開催。
  2. ^ 2016年の第46回は東日本大震災5周年、及びリオデジャネイロオリンピック女子サッカーアジア最終予選中継の都合により2月最終金曜(2月26日)に開催。2017年も、金曜日20時台が全国放送の定時番組『歴史秘話ヒストリア』を基本的に編成(最終週は地域別に差し替える場合、または左記番組のアンコールを放送する)しているため、その都合上2月最終金曜の2月25日開催予定。
  3. ^ a b 2021年の第51回は新型コロナウイルスの感染拡大および緊急事態宣言の発令を受け、予選含めての延期となり[1]、本戦は8月30日の開催(収録)、放送は9月16日19時30分からに決定した[2][3]。しかし、放送当日、直前に石川県で震度5弱を観測する地震が発生し、『NHKニュース7』が20時まで延長したため、放送が急遽延期された[4]。放送日時が再度設定され、同月23日22時から放送された[5]
  4. ^ 当初は松井玲奈も司会者の予定であったが、新型コロナウイルス感染症に伴い開催が延期となり、千原兄弟のみが司会を務めることになった。

出典[編集]

  1. ^ “「第51回NHK上方漫才コンテスト」が開催延期に”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2021年1月26日). https://natalie.mu/owarai/news/413851 2021年9月16日閲覧。 
  2. ^ 第51回NHK上方漫才コンテスト 開催決定”. NHK関西ブログ (2021年8月6日). 2021年9月19日閲覧。
  3. ^ “「第51回NHK上方漫才コンテスト」放送日時が決定”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2021年8月20日). https://natalie.mu/owarai/news/441737 2021年9月16日閲覧。 
  4. ^ “NHK上方漫才コンテスト、放送を急きょ延期 石川県で最大震度5弱を観測した地震の影響で”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年9月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/16/kiji/20210916s00041000502000c.html 2021年9月16日閲覧。 
  5. ^ “NHK延期の「上方漫才コンテスト」放送決定 優勝はビスケットブラザーズ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年9月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202109170001189.html 2021年9月18日閲覧。 
  6. ^ ゆりやんレトリィバァ『NHK上方漫才コンテスト』優勝 女性ピン芸人初の快挙”. ORICON NEWS (2017年2月24日). 2017年2月25日閲覧。
  7. ^ ウーマンラッシュアワー、東京進出に弾み『NHK上方漫才コンテスト』優勝”. ORICON STYLE (2013年3月2日). 2013年3月14日閲覧。
  8. ^ 「NHK上方漫才コンテスト」9月23日に放送決定、地震ニュースで休止になっていた”. お笑いナタリー (2021年9月17日). 2021年9月19日閲覧。
  9. ^ 2008年6月23日放送『クイズ!紳助くん』(朝日放送)での島田紳助の発言に、ビートたけし著『浅草キッド』、206頁の記述を補足。

外部リンク[編集]