コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンクール: concours)は、特定のテーマを指定して参加者を募り、作品のできばえや技能・演技などの優劣を競う催し[1]。競技会。競演会。英語系の表現: contest コンテストとほぼ同義。

テーマを決めて、参加者の技能や作品の優劣などを競う競技会、競演会を指すフランス語表現。ジャンルはさまざま。たとえば芸術分野における音楽作品の優劣、演奏の優劣、絵画作品、映画作品、弁論の優劣を競うコンクールもある。建築設計、都市デザインなど(ランドスケープ(景観)の優れた地区、施設など)等を対象にしたものもあるし、ワインやチーズのコンクールも開催されており、つまり、様々な分野でさまざまなコンクールが開催されており限定は特には無い。

参加者は、たとえば作家画家演奏家作曲家ダンサー振付師建築家写真家・ワイン醸造家・チーズ製造者 等々や、その若手、学生 等々等々となる。

小さなコンクールはいたるところで開催されており、さして有名ではない、特定地域のものもある。有名どころでは、アマチュアの最高峰を決する大会、プロの登竜門などとして全国レベルや世界レベルで行われるものもある。

コンクール (concours) はフランス語であるが、コンクールの性格によっては英訳される際にコンペティション (competition) もしくはコンテスト (contest) とされるものもある。

また、コンクールの一種とも言える文学賞については、日本では芥川賞直木賞などをはじめとして様々な賞があり、学術の分野においては、ノーベル賞などが世界的にも知られているが、これらについてはそれぞれの項目に詳しい。

なおフランス語で自動車の品評会の事を『Concours d'élégance』(コンクール・デレガンス)と言い、英語や日本語では単純に音訳され使われている。明らかに自動車の話をしているときは「コンクール」と呼ばれる。

コンクールの例[編集]

国際コンクール[編集]

音楽コンクール[編集]

国際音楽コンクール世界連盟に加盟しているコンクールを中心に挙げる。クラシック音楽のコンクールは「クラシック音楽の音楽コンクール一覧」参照。

演奏

バレエ・コンクール[編集]

ワイン・コンクール[編集]


チーズ・コンクール[編集]

各国の国内コンクール[編集]

日本[編集]

音楽コンクール[編集]
演奏・作曲

声楽

全部門

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 精選版 日本国語大辞典

関連項目[編集]