ヴィオッティ国際音楽コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴィオッティ国際音楽コンクール(The Gian Battista Viotti International Music Competition, Concorso Internazionale di Musica Gian Battista Viotti)は、イタリアヴェルチェッリで開催される音楽コンクール

概要[編集]

1950年ヴァイオリニストヨゼフ・ロッボーネ[1]提唱し、イタリアの作曲家・ヴァイオリニストであるジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィオッティの名にちなんで開催された。1957年国際音楽コンクール連盟に加盟[2]した。開催部門は常時変動し、ピアノ声楽ヴァイオリン室内楽オーボエギターダンス作曲など多岐に渡った。作曲部門は1990年を最後に長期間開催されないままであったが、2006年から三年間だけ再開された。

2009年以降はピアノ、声楽(オペラ・アリア)が交代で審査される。クラウディオ・アバドルチアーノ・パヴァロッティミレッラ・フレーニサルヴァトーレ・アッカルドダニエル・バレンボイムレナート・ブルゾンソフィア・ソロヴィースミ・ジョーなどのスターを輩出した。かつてはファイナリストにも金銀銅のメダルを与えていたが、現在は与えられず、代わりになんらかの特別賞と副賞が与えられる。かつては複数部門を同一年度に行うことも出来たが、予算難等の為に一年に一部門を行う制度に変更され、2010年度以降審査の軽減を図るためDVDの提出が義務付けられている。

最年少優勝は、ピアノソン・ヨルム(2002年)。最年少受賞は、「特別大賞」を審査員の好意で与えられたピアノのダニエル・バレンボイム。国際音楽コンクール史上、最も早い段階で「参加年齢下限なし」を定めたコンクールとして名高かったが、声楽部門は18-35歳のように上限と下限が設けられた。ピアノ部門は、いまだ31歳未満の上限のみである。

審査[編集]

声楽部門は、決められたアリアを6曲用意するという単純明快な審査に基づいている。受賞者は、若手芸術家のための「パヴァロッティ・奨学金」を受けることも可能。ピアノ部門は、20世紀の音楽とベートーヴェンの選定されたピアノ・ソナタの全楽章[3]が必修課題曲である。

脚注[編集]

  1. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.com 4 Mar 2017 21:50:23 UTC閲覧。
  2. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.com 4 Mar 2017 21:58:08 UTC閲覧。
  3. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.com 4 Mar 2017 22:06:38 UTC閲覧。

外部リンク[編集]