国際音楽コンクール世界連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際音楽コンクール世界連盟: The World Federation of International Music Competitions; WFIMC、: La Fédération Mondiale de Concours Internationaux de Musique; FMCIM)とは、1957年に世界各地の国際音楽コンクールによって結成された連盟。スイスジュネーヴに本部がある。

概要[編集]

2021年2月現在115のコンクールが加盟している。当初は11のコンクールのみが加盟した小規模な集まりであった。国際コンクールの世界的なネットワークを構築することを目的とする。ユネスコ国際音楽評議会のメンバーである。1996年ブダペストにおいて、加盟メンバーに対する勧告書を発行した。国際音楽コンクールの水準を維持するために、公募方法・審査規定・運営組織としての条件・賞・顕彰・上位のコンクールへの出場権など、コンクール主催者への最低限の要求事項などを明文化した。もしもコンテスタントが自己の経歴詐称を行った場合は、直ちにこの連盟に報告される。

近年は連盟を脱退する国際音楽コンクールも見られる[1]

特徴[編集]

規約を満たさない国際コンクールは、即座に連盟から除名される。賞金の支払いを怠ると休会扱いにされる事がある。この点は大変に厳しく、1957年から一定の評価を受けている要因である。連盟への登録料を払い込むことのできないコンクールは、加盟できない。

そのため、登録されているコンクールはピアノヴァイオリンなどの楽器に著しく偏っている。逆を言えば審査員を著名にして登録料さえ支払えばすぐ加盟できるといった側面も否定できず、2010年代に入ると歴史の浅いコンクールの加盟が殺到している。

休会中のコンクールは連盟への維持費を捻出さえしていれば、連盟脱退は免れる。2019年度Year Bookに長らく行われていないコンクールの名がみられるのは、このためである。2010年代以降は、Berio国際のように一回開催しただけで即世界連盟申請といったケースも珍しくない。

2021年に加盟中の有力なコンクール[編集]

ヨーロッパで開催される国際コンクール[編集]

北アメリカで開催される国際コンクール[編集]

日本で開催される国際コンクール[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]