ショパン国際ピアノコンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ショパン国際ピアノ・コンクール(ショパンこくさいピアノコンクール、:Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina)は、ポーランドで現存する国際音楽コンクールの一つ。国際音楽コンクール世界連盟メンバー[1]。日本語表記による正式名称はフレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール[2]

概要[編集]

第一次世界大戦の終結を経てポーランドが一国家として独立してから9年後にあたる1927年に第1回大会を開催、以後は第2次世界大戦に伴う中断などを除いて5年おきに開催されてきている、現存する国際音楽コンクールの中では世界最古とされている。現在はポーランド国立ショパン研究所がコンクールを主催している[3][4][5][6]

ベルギーエリザベート王妃国際音楽コンクールフランスロン=ティボー国際コンクール等と共に、1957年に発足した国際音楽コンクール世界連盟(ユネスコ国際音楽評議会メンバー)の設立メンバーの一員となっている[1]

ポーランド生まれの作曲家兼ピアニストで「ピアノの詩人」の異名でも知られるフレデリック・ショパンの真の解釈者を発掘することを開催理念として掲げており、また大会名に”ピアノコンクール”の文言が入っていることもあってか、コンクール自体はピアノ部門のみの開催で、且つ課題曲は全てショパン作品で占めていることが特徴[2][7][8]

ロシアチャイコフスキー国際コンクールと共に「音楽コンクールの最高峰」と目されているほか、チャイコフスキー国際コンクールとエリザベート王妃国際音楽コンクールと共に「世界三大コンクール」の一つに数え称されることもある[4][9]

コンクール略歴[編集]

ワルシャワのショパン像

第一次世界大戦ポーランド人は、ショパンの名を冠した国際ピアノコンクールを、ショパンの命日を中心とした期間に開催することにした。ポーランド首都ワルシャワにおいて、ショパンの命日である10月17日の前後3週間が開催期間となる。

第二次世界大戦中には開催の中断があったが、旧東欧(現在の中東欧)で開催される国際コンクールが、21世紀を迎えても続いているのは稀な例[10]である。チャイコフスキー国際音楽コンクールエリザベート王妃国際音楽コンクールと並び、老舗の国際コンクールとなっている。

共産主義ポーランド人民共和国時代、1955年の第5回コンクールまでの優勝者は、ポーランドソ連の出身者によって占められていた。しかし1960年の第6回コンクールで西側諸国出身者1名、イタリア人のマウリツィオ・ポリーニが優勝し、西側諸国出身者の優勝者が出るようになったのはこれ以降の事である。1990年の第12回と1995年の第13回では2回続いて第1位優勝者が輩出されないという状況となったが、2000年の第14回に優勝者が15年ぶりに選出された(中国ユンディ・リ)。

2005年の第15回コンクール以降はインターネットで映像がリアルタイム配信されている。

ルール[編集]

課題曲は、すべてショパンの作品となっている。コンクール出場資格は16歳以上30歳以下の年齢制限がある。これも2005年に27歳以下であった制限が、2010年に緩和されて今に至る。

より好ましい審査のために、毎回根本的な見直しが図られている[11]。例えば、かつて24の前奏曲は抜粋演奏にならざるを得なかったが、この頃はこれを全曲通奏できるように変わってきた。第一次にノクターン、第二次にワルツ、第三次にマズルカを課すルールを2005年にやめたことがあり、批判を受けて元に戻した。

近年の審査は下記の段階を踏まれる。1と2は募集締め切り後の早期に終えられ、通過した者だけが準備を進めることとなり、3~6は開催期間中に実施される。

  1. 予備審査:書類提出(国際的に著名な教授かピアニストの推薦状と音楽歴), DVD提出
  2. 予備予選:現地演奏(開催期間前)
  3. 一次予選
  4. 二次予選
  5. 三次予選(準本選)
  6. 本選:ピアノ協奏曲

公式ピアノ[編集]

ベーゼンドルファーは日本において、これまでスタインウェイと二大名器として一般に認知される位置にあったが、日本国外においてはメジャーな存在ではない。特にショパンのピアノ曲は、鍵盤の機械部(アクション)に関して非常に高い敏速性が要求されるため、重い鍵盤で歌わせるベーゼンドルファーは適していない。他の多くの国際コンクールのピアノ部門においても、公式ピアノにベーゼンドルファーが含まれることは非常に稀有である。

ファツィオリは近年、世界の数多くの国際コンクールにおいて公式ピアノとしての招聘が非常に増え、名門音楽院や由緒ある音楽ホールなどにも納入されることが多くなったが、いまだファツィオリの特色について知らない出場者が多いことから、コンクールにおいては身近なスタインウェイが選択されがちである。

受賞者と審査員[編集]

第1回 (1927年)[編集]

  • 第1位 レフ・オボーリン(ソ連)
  • 第2位 Stanisław Szpinalski(ポーランド)
  • 第3位 Róża Etkin-Moszkowska(ポーランド)
  • 第4位 グリゴリー・ギンズブルク(ソ連)
  • Distinctions - Yuri Briushkov (USSR)、Jakub Gimpel (Poland)、Guillaume Mombaerts (Belgium)、Leopold Münzer (Poland)、Théo van der Pas (Netherlands)、Edward Prażmowski (Poland)、Dmitry Shostakovich (USSR)、Bolesław Woytowicz (Poland)
  • Polish Radio Prize for the best performance of mazurkas – Henryk Sztompka (Poland)

審査員 - Zygmunt Butkiewicz (Poland), Zbigniew Drzewiecki (Poland), Alfred Höhn (Germany, final auditions), Witold Maliszewski (Poland, chair), Piotr Maszyński (Poland), Aleksander Michałowski (Poland; withdrew during Round I without judging the participants), Henryk Melcer (Poland), Zofia Rabcewicz (Poland), Adam Sołtys (Poland), Felicjan Szopski (Poland), Józef Śmidowicz (Poland), Józef Turczyński (Poland), Adam Wyleżyński (Poland), Jerzy Żurawlew (Poland)

第2回 (1932年)[編集]

審査員 - Zbigniew Drzewiecki (Poland), Artur de Greef (Belgium), Alfred Höhn (Germany), Juliusz Kaden-Bandrowski (Poland), Marguerite Long (France, fourth day), Joseph Marx (Austria), Eugeniusz Morawski (Poland, secretary), Stanisław Niewiadomski (Poland, deputy chair), Zofia Rabcewicz (Poland), Maurice Ravel (guest, France), Richard Rössler (Germany), Karol Szymanowski (guest, Poland), Józef Śmidowicz (Poland), Magda Tagliaferro (Brazil), Józef Turczyński (Poland), Paul Weingarten (Austria), Adam Wieniawski (Poland, chair), Carlo Zecchi (Italy), Jerzy Żurawlew (Poland)

第3回 (1937年)[編集]

審査員 - Guido Agosti (Italy), Wilhelm Backhaus (Germany, deputy chair), Attilo Brugnoli (Italy), Zofia Buckiewiczowa (Poland), Marian Dąbrowski (Poland), Zbigniew Drzewiecki (Poland), Emil Frey (Switzerland), Alfred Höhn (Germany), Imre Keéri-Szántó (Hungary), Lazare Lévy (France), Loris Margaritis (Greece), Eugeniusz Morawski (Poland), Harry Neuhaus (USSR), Marie Panthès (Switzerland), Isidor Philipp (France, deputy chair), Zofia Rabcewiczowa (Poland), Lucyna Robowska (Poland), Richard Rössler (Germany), Emil Sauer (Austria, deputy chair), Pauls Schuberts (Latvia), Imré Stefániai (Hungary), Andrey Stoyanov (Bulgaria), Stefan Śledziński (Poland), Józef Śmidowicz (Poland), Magda Tagliaferro (Brazil), Józef Turczyński (Poland), Adam Wieniawski (Poland, chair), Bolesław Woytowicz (Poland), Carlo Zecchi (Italy), Jerzy Żurawlew (Poland)

第4回 (1949年)[編集]

審査員 - Godfrid Boon (Sweden), Émile Bosquet (Belgium), Lucette Descaves (France, stood in for Marguerite Long until 1 October), Sem Dresden (Netherlands), Zbigniew Drzewiecki (Poland, chair), Jan Ekier (Poland), Blas Dimas Galindo (Mexico), Lélia Gousseau (France, stood in for temporary absentees), Arthur Hedley (UK, deputy chair), Lajos Hernádi (Hungary), Franz Josef Hirt (Switzerland), Jan Hoffman (Poland), Roman Jasiński (Poland), Marcelina Kimontt-Jacynowa (Poland, stood in for temporary absentees), Lazare Lévy (France), Marguerite Long (France, from 1 October, deputy chair), Joseph Marx (Austria), František Maxián (Czechoslovakia, deputy chair), Alfred Mendelsohn (Romania), Dimitar Nenov (Bulgaria), Lev Oborin (USSR, deputy chair), Pavel Serebryakov (USSR), Stanisław Szpinalski (Poland), Henryk Sztompka (Poland), Magda Tagliaferro (Brazil, deputy chair), Margerita Trombini-Kazuro (Poland), Bolesław Woytowicz (Poland), Carlo Zecchi (Italy), Jerzy Żurawlew (Poland)

第5回 (1955年)[編集]

審査員 - Guido Agosti (Italy), Stefan Askenase (Belgium), Arturo Benedetti-Michelangeli (Italy), Émile Bosquet (Belgium), Harold Craxton (United Kingdom, deputy chair), Zbigniew Drzewiecki (Poland, chair), Jacques Février (France), Floria Guerra (Chile), Emil Hájek (Czechoslovakia), Jan Hoffman (Poland), Louis Kentner (United Kingdom), Lazare Lévy (France), Witold Lutosławski (Poland), Joseph Marx (Austria), František Maxián (Czechoslovakia), Lev Oborin (USSR, deputy chair), Lubomir Pipkov (Bulgaria), Bruno Seidlhofer (Austria), Hugo Steurer (GDR), Ma Su-Cun (China), Stanisław Szpinalski (Poland, secretary), Henryk Sztompka (Poland), Józef Śmidowicz (Poland, stood in for temporary absentees), Magda Tagliaferro (Brazil, deputy chair), Erik Then-Bergh (FRG)Margerita Trombini-Kazuro (Poland), Imré Ungár (Hungary), Maria Wiłkomirska (Poland, stood in for temporary absentees), Yakov Zak (USSR), Carlo Zecchi (Italy), Jerzy Żurawlew (Poland)

第6回 (1960年)[編集]

審査員 - Guido Agosti (Italy), Stefan Askenase (Belgium), Nadia Boulanger (France, deputy chair), Sven Brandel (Sweden), Sequeira Costa (Portugal), Harold Craxton (United Kingdom), Halina Czerny-Stefańska (Poland), Shande Ding (Tin Sen-De, China), Zbigniew Drzewiecki (Poland, chair), Jan Ekier (Poland), Armand de Gontaut Biron (France), Emil Hajek (Yugoslavia), Arthur Hedley (United Kingdom, deputy chair), Lajos Hernádi (Hungary), Jan Hoffman (Poland), Mieczysław Horszowski (USA), Dmitry Kabalevsky (USSR, deputy chair), Witold Małcużyński (Poland), Timo Mikkilä (Finland), Florica Musicescu (Romania), Harry Neuhaus (USSR), František Rauch (Czechoslovakia), Reimar Riefling (Norway), Arthur Rubinstein (United States, honorary chair), Heinz Schröter (FRG), Bruno Seidlhofer (Austria), Pavel Serebryakov (USSR), Andrey Stoyanov (Bulgaria), Henryk Sztompka (Poland, deputy chair), Magda Tagliaferro (Brazil), Margerita Trombini-Kazuro (Poland), Amadeus Webersinke (GDR), Beveridge Webster (USA), Bolesław Woytowicz (Poland, secretary), Yakov Zak (USSR), Jerzy Żurawlew (Poland)

第7回 (1965年)[編集]

審査員 - Zbigniew Drzewiecki (Poland, chair), Jan Ekier (Poland), Yakov Flier (USSR, deputy chair), Arthur Hedley (United Kingdom, deputy chair), Jan Hoffman (Poland, secretary), Pál Kadosa (Hungary), Eugene List (USA), Ivo Maček (Yugoslavia), Nikita Magaloff (Switzerland), Timo Mikkilä (Finland), Vlado Perlemuter (France), František Rauch (Czechoslovakia), Renzo Silvestri (Italy), Wesselin Stoyanov (Bulgaria), Magda Tagliaferro (Brazil), Sigismund Toduta (Romania), Margerita Trombini-Kazuro (Poland), Amadeus Webersinke (GDR), Maria Wiłkomirska (Poland), Bolesław Woytowicz (Poland), Jerzy Żurawlew (Poland)

第8回 (1970年)[編集]

審査員 - Raif J. Abillama (Lebanon), Guido Agosti (Italy, deputy chair), István Antal (Hungary), Jan Ekier (Poland), Monique Haas (France), Gheorghe Halmos (Romania), Jan Hoffman (Poland), Witold Małcużyński (Argentina), Susumu Nagai (Japan), Tatiana Nikolayeva (USSR, deputy chair), Stepanka Pelischek (Bulgaria), Eliane Richepin (France), Maria Teresa Rodriguez (Mexico), Annerose Schmidt (GDR), Kazimierz Sikorski (Poland, chair), Regina Smendzianka (Poland), Pavel Štěpán (Czechoslovakia), Zbigniew Szymonowicz (Poland, secretary), Bolesław Woytowicz (Poland)

第9回 (1975年)[編集]

審査員 - István Antal (Hungary), Olga Dąbrowska (Poland), Anton Dikov (Bulgaria), Jan Ekier (Poland), Orazio Frugoni (Italy), Gheorghe Halmos (Romania), Ludwig Hoffmann (FRG), Akiko Iguchi (Japan), Andrzej Jasiński (Poland), Alexander Jenner (Austria), Louis Kentner (United Kingdom), Eugene List (USA, deputy chair), Yevgeny Malinin (USSR, deputy chair), Witold Małcużyński (Argentina), André-François Marescotti (Switzerland), Federico Mompou (Spain), František Rauch (Czechoslovakia), Bernard Ringeissen (France), Kazimierz Sikorski (Poland, chair), Zbigniew Szymonowicz (Poland), Zbigniew Śliwiński (Poland), Amadeus Webersinke (GDR), Tadeusz Żmudziński (Poland)

第10回 (1980年)[編集]

審査員 - Martha Argerich (Argentina), Paul Badura-Skoda (Austria), Rodolfo Caporali (Italy), Joseph Colom (Spain), Halina Czerny-Stefańska (Poland), Sergei Dorensky (USSR), Jan Ekier (Poland), Lyuba Encheva (Bulgaria), Rudolf Fischer (GDR), Lidia Grychtołówna (Poland), Irving Heller (Canada), Rex Hobcroft (Australia), Ludwig Hoffmann (FRG), Andrzej Jasiński (Poland), Geneviève Joy (France), Louis Kentner (United Kingdom), Kazimierz Kord (Poland, chair), Eugene List (USA), Nikita Magaloff (Switzerland, deputy chair), František Rauch (Czechoslovakia, deputy chair), Regina Smendzianka (Poland), Péter Solymos (Hungary)Zbigniew Śliwiński (Poland), Kazuko Yasukawa (Japan), Tadeusz Żmudziński (Poland)

第11回 (1985年)[編集]

審査員 - Edward Auer (USA), Halina Czerny-Stefańska (Poland), Jan Ekier (Poland, chair), Konstantin Ganev (Bulgaria), Valentin Gheorghiu (Romania), Lidia Grychtołówna (Poland), Barbara Hesse-Bukowska (Poland), Andrzej Jasiński (Poland), Karl-Heinz Kämmerling (FRG), Viktor Merzhanov (USSR, deputy chair), Piotr Paleczny (Poland), Karl-Heinz Pick (GDR), František Rauch (Czechoslovakia), Bernard Ringeissen (France), Kazimierz Sikorski (honorary chair, did not judge the participants), Takahiro Sonoda (Japan), Eugène Traey (Belgium, deputy chair), Fou Ts’Ong (United Kingdom), Lev Vlasenko (USSR), Charles H. Webb (USA), Tadeusz Żmudziński (Poland)

第12回 (1990年)[編集]

審査員 - Vladimir Ashkenazy (Iceland, judged only the final), Ryszard Bakst (Poland), Halina Czerny-Stefańska (Poland), Anton Dikov (Bulgaria), Sergei Dorensky (Russia), Jan Ekier (Poland, chair), Leon Fleisher (USA, judged only the final), Lidia Grychtołówna (Poland), Barbara Hesse-Bukowska (Poland), Andrzej Jasiński (Poland, secretary), Cyprien Katsaris (Luxembourg, judged from Round 2), Ivan Klánský (Czechoslovakia), Hiroko Nakamura (Japan), Gerhard Opptiz (Germany), Piotr Paleczny (Poland), Bernard Ringeissen (France), Maria Tipo (Italy, judged from Round 2), Eugène Traey (Belgium, deputy chair), Lev Vlasenko (Russia, deputy chair), Kazuko Yasukawa (Japan), Tadeusz Żmudziński (Poland)

第13回 (1995年)[編集]

審査員 - Paul Badura-Skoda (Austria, deputy chair), Halina Czerny-Stefańska (Poland), Bella Davidovich (USA), Jean-Jacques Eigeldinger (Switzerland), Jan Ekier (Poland, chair), Lidia Grychtołówna (Poland), Adam Harasiewicz (Poland), Barbara Hesse-Bukowska (Poland), Andrzej Jasiński (Poland, secretary), Ivan Klánský (Czech Republic), Hitoshi Kobayashi (Japan), Lee Kum-Sing (Canada), Dominique Merlet (France), Victor Merzhanov (Russia), Li Min-Chan (China), Hiroko Nakamura (Japan), Piotr Paleczny (Poland, deputy chair), Sergio Perticaroli (Italy), Edith Picht-Axenfeld (Germany), Bernard Ringeissen (France), Harold C. Schönberg (USA), Regina Smendzianka (Poland, judged from Round 2), Zbigniew Śliwiński (Poland), Arie Vardi (Israel)

第14回 (2000年)[編集]

審査員 - Martha Argerich (Argentina, judged from Round 2), Edward Auer (USA), Paul Badura-Skoda (Austria), Arnaldo Cohen (Brazil), Sequeira Costa (Portugal), Halina Czerny-Stefańska (Poland), Jan Ekier (Poland, honorary chair, not judging the participants), Ikuko Endo (Japan), Kazimierz Gierżod (Poland), Lidia Grychtołówna (Poland), Adam Harasiewicz (Poland), Eugen Indjic (USA), Andrzej Jasiński (Poland, chair), Victor Merzhanov (Russia), Germaine Mounier (France), Hiroko Nakamura (Japan), Piotr Paleczny (Poland, deputy chair), Sergio Perticaroli (Italy), Bernard Ringeissen (France, deputy chair), Annerose Schmidt (Germany), Regina Smendzianka (Poland), Józef Stompel (Poland), Arie Vardi (Israel)

第15回 (2005年)[編集]

審査員 - Vera Gornostaeva (Russia), Lidia Grychtołówna (Poland), Adam Harasiewicz (Poland), Krzysztof Jabłoński (Poland), Andrzej Jasiński (Poland, chair), Choong-Mo Kang (South Korea), Vladimir Krainev (Russia), Hiroko Nakamura (Japan), John O’Conor (Ireland), Janusz Olejniczak (Poland), Piotr Paleczny (Poland, deputy chair), John Perry (USA), Sergio Perticaroli (Italy), Ewa Pobłocka (Poland), Bernard Ringeissen (France), Józef Stompel (Poland), Dang Thai Son (Vietnam), Arie Vardi (Israel), Fanny Waterman (United Kingdom)

第16回 (2010年)[編集]

審査員 - Martha Argerich (Argentina), Dang Thai Son (Vietnam), Bella Davidovich (Russia), Jan Ekier (Poland, honorary chair, not judging the participants), Philippe Entremont (France), Nelson Freire (Brazil), Adam Harasiewicz (Poland), Andrzej Jasiński (Poland, chair), Kevin Kenner (USA), Michie Koyama (Japan), Piotr Paleczny (Poland, deputy chair), Katarzyna Popowa-Zydroń (Poland), Fou Ts’Ong (China)

第17回 (2015年)[編集]

審査員 - Dmitri Alexeev, Martha Argerich, Akiko Ebi, Philippe Entremont, Nelson Goerner, Adam Harasiewicz, Andrzej Jasiński, Yundi Li, Garrick Ohlsson, Janusz Olejniczak, Piotr Paleczny, Ewa Pobłocka, Katarzyna Popowa-Zydroń, John Rink, Wojciech Świtała, Dang Thai Son, Dina Yoffe[12][13][14][15][16]

日本との関わり[編集]

原智恵子が聴衆の抗議で入賞してから日本での知名度が急速に上がり、このコンクールを目指す日本人は多い。

日本人の入賞者[編集]

日本人の審査員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 菅野恵理子(音楽ジャーナリスト) (2011年5月6日). “【国際コンクールの今】1.国際コンクールの歴史を振り返る”. ピティナ・ピアノホームページ. 海外の音楽教育ライブリポート/菅野恵理子. 全日本ピアノ指導者協会. 2018年10月25日閲覧。
  2. ^ a b おすすめ図書 2017年”. 本の紹介. 杉並区立図書館 (2017年). 2018年10月25日閲覧。 “当該ページ後半に掲載の「4月」欄”ショパンコンクール(青柳いづみこ著 中央公論新社)”より”
  3. ^ 森岡葉(音楽ジャーナリスト). “ショパン国際ピアノコンクールの歴史”. Pianist Lounge. ヤマハ. 2018年10月25日閲覧。
  4. ^ a b 第17回フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール”. コンクール. 東京国際芸術協会. 2018年10月25日閲覧。
  5. ^ ショパン国際ピアノコンクール”. 桐朋学園音楽部門. 2018年10月25日閲覧。
  6. ^ 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール”. イベント. ポーランド広報文化センター (2018年9月). 2018年10月25日閲覧。
  7. ^ ピティナ編集部 (2010年10月1日). “第16回ショパン国際ピアノコンクール、間もなく開幕!”. ピティナ・ピアノホームページ. 2010ショパンコンクールレポート. 全日本ピアノ指導者協会. 2018年10月25日閲覧。
  8. ^ 世界最高峰のコンクール! (PDF) 」 、『Info Mart(インフォ・マート)』第70号、所沢市民文化センター「ミューズ」、2014年3月10日、 2頁、2018年10月25日閲覧。
  9. ^ 田中泰(日本クラシックソムリエ協会代表理事) (2016年3月3日). “「ピアノ界のフェラーリ」を知っていますか”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2018年10月25日閲覧。 “全3頁構成(→2頁目3頁目)”
  10. ^ ほとんどの東欧のコンクールは、タンスマン国際音楽コンクールのように経済難で中止に追い込まれることは珍しくない。
  11. ^ ドキュメント ショパン・コンクール―その変遷とミステリーに詳しい。
  12. ^ 外部リンク
  13. ^ 外部リンク
  14. ^ 外部リンク
  15. ^ 外部リンク
  16. ^ 外部リンク
  17. ^ 外部リンク

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ピアノの森 - ショパン国際ピアノコンクールを舞台に描かれている漫画。
  • いつまでもショパン - ショパン国際ピアノコンクールを舞台に描かれている小説。具体的に2010年という時代設定なので、第16回ということになる。

外部リンク[編集]