ケヴィン・ケナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ケヴィン・ケナー(Kevin Kenner、1963年 - )は、アメリカ合衆国出身のピアニスト

経歴[編集]

1963年アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。1989年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール1988年ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクールに入賞。1990年チャイコフスキー国際コンクール第3位に入賞、同年にショパン国際ピアノコンクールワルシャワ)で最高位の第2位(併せて聴衆賞、ポロネーズ賞の受賞)入賞と、入賞を重ねる。ポーランドクラクフと、イギリスロンドンに住居を持ち、ロンドン王立音楽大学で教鞭もとる。ヤマハのマスタークラスの公開レッスンに招聘されたりと、世界各地で演奏活動や指導を行っている[1]

ショパンコンクール、チャイコフスキーコンクールでの舞台裏に関し[編集]

中村紘子氏の著作によれば著者が審査員として参加した1990年のショパン国際ピアノコンクールにおいて、一次審査で圧倒的に美しい音色と叙情性で審査員と聴衆を虜にし「これですでに1位はもう決まりだ」と思わずつぶやいた審査員もいたほどで2次審査では会場が期待と熱気で溢れ返っていたが、期待に十分応える演奏ではなく、さらにセミファイナル、ファイナルと回を重ねるごとに演奏に精彩を欠いていき、傍目にもドラキュラに血を抜かれたようで真っ青で痩せ細り明らかにコンディションが悪い状態であった。聞くところによると彼は胃腸が弱く、この時食物もうけつけない状態であったとのこと。結果として1位を取る事ができなかった。 チャイコフスキー国際コンクールでは3位入賞であったが、この時は激しい下痢に襲われやっとの思いで弾きとおしたとのこと。 中村氏は体力にさえ恵まれていたなら演奏家としてもっと大きな活躍ができたかもしれないのに本当に残念と慨嘆する。

出典[編集]

中村紘子著「コンクールでお会いしましょう」

リンク[編集]

  1. ^ ヤマハ公式サイト