イム・ドンヒョク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イム・ドンヒョク
生誕 (1984-07-25) 1984年7月25日
出身地 大韓民国の旗 韓国
学歴 韓国国立音楽院ハノーファー音楽演劇大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

イム・ドンヒョク朝鮮語: 임동혁; 漢字:林東赫[1] ラテン文字表記: Lim Dong-Hyek、1984年7月25日 - )は韓国クラシック音楽ピアニスト

来歴[編集]

ソウルに生まれる[2]。5歳からピアノを始める。韓国国内のコンクールにおいて、12歳でショパンの協奏曲第2番を演奏、衝撃を与える[3]

韓国国立音楽院で学んだのち、1994年モスクワ中央音楽学校へ移る。その後飛び級1998年に最年少でモスクワ音楽院に入学し、レフ・ナウモフに師事して修了。19歳での修了は最年少記録である。

その後ハノーファー音楽演劇大学へ移り、アリエ・ヴァルディのコースを修了[4]

主な受賞歴[編集]

共演歴[編集]

作品[編集]

サウンドトラック[編集]

韓国版リメイク「白い巨塔」の音楽のピアノパートを担当し、絶賛を博した。

ディスク[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ピアニストの林東赫君、国際大会で3等受賞を拒否”. 中央日報 (2003年6月10日). 2019年12月2日閲覧。
  2. ^ 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、149ページ、ISBN 4-7872-7208-X
  3. ^ この時の順位は兄のドンミンに負けて2位。その曲は後日、ショパンコンクールでも演奏している。
  4. ^ Dong Hyek Lim, Warner Classics”. www.warnerclassics.com. 2019年1月16日閲覧。
  5. ^ KAJIMOTO | アーティスト | ドンヒョク・イム