小林仁 (ピアニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 仁
出身地 日本の旗 日本
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

小林 仁(こばやし ひとし、1936年2月14日[1] - )は、日本ピアニスト

略歴[編集]

現在、東京藝術大学名誉教授。日本ショパン協会会長、日本ピアノ教育連盟会長、日本演奏家連盟常任理事、名古屋音楽大学客員教授札幌大谷大学教授などを務める。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.508
  2. ^ 『作曲の20世紀』 (音楽芸術別冊) p61 (音楽之友社、1999年7月) (佐野光司執筆)

著作[編集]

  • バッハ平均律の研究1(ムジカノーヴァ叢書2、音楽之友社)、矢代秋雄との共著
  • バッハ平均律の研究2(ムジカノーヴァ叢書19、音楽之友社)、伊達純との共著
  • ソナタアルバム 第1巻(春秋社)、校訂
  • ソナタアルバム 第2巻(春秋社)
  • ピアノの練習室(春秋社)