ギャリック・オールソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ギャリック・オールソンGarrick Ohlsson, 1948年4月3日 - )は、アメリカ・ニューヨーク出身のピアニスト。 ジュリアード音楽院でサッシャ・ゴロドニツキとロジーナ・レヴィーンに師事。晩年のクラウディオ・アラウにも師事した。

1966年、18歳でブゾーニ国際ピアノコンクールに優勝(2位:リチャード・グーデ)。1968年モントリオール国際コンクール、そして1970年に第8回ショパン国際ピアノコンクールで優勝(2位:内田光子、3位:ピオトル・パレチニ)。マズルカ賞も受賞した。

バッハから後期ロマン派に至る正統的なレパートリーに加え、リストラフマニノフスクリャービンブゾーニなど超絶技巧を要する楽曲、ショスタコーヴィチヴェーベルンなどの20世紀作品も得意としている。

大柄な体格と強靭な指を生かして豪快なフォルティッシモを轟かせるが、決して荒々しくならず、独特の柔らかみと温かみのある音色の持ち主。 繊細で軽やかな弱音も特筆に値する。

近年はブゾーニコンクールやショパンコンクールで審査員も務めている。

日本では、アメリカ人であることや録音契約がマイナーレーベルであることなどが影響してか、キャリアと実力の割に知名度が低いが、欧米では絶大な人気を誇る。

1972, 75, 81, 88年に来日公演。2012年、24年ぶりに来日しNHK交響楽団とも共演した。2016年にも再来日し全国で公演し、評価を新たにした。

レコード・CDは、ショパンコンクール優勝後に英EMIと契約しショパン(協奏曲、ポロネーズ全曲、ノクターン全曲など)を録音したのち、米マイナーレーベルのアラベスク(Arabesque)やテラーク(Telarc)、英ハイペリオン(Hyperion)と契約。独奏曲から協奏作品、室内楽、歌曲まで含めたショパンの全作品集やベートーヴェンのソナタ全集(第3集が米グラミー賞を受賞)、ウェーバーのピアノ作品集(ソナタ全曲ほか)、ブラームス(変奏曲全集)、ブゾーニ(協奏曲)、ドビュッシー(12の練習曲)、ムソルグスキー(展覧会の絵)、スクリャービン (ソナタ全曲、練習曲全曲、詩曲全曲)、ラフマニノフ(ソナタ等)、ファリャ、シマノフスキ、ガーシュウィン、グリフィスなどを録音している。 ショパン全集では、主にベーゼンドルファー製のピアノを使用。鍵盤のアクションが重く一般的にはショパンに不向きとされてきた同器をあえて使い、奥行きと陰影ある表現を聴かせている。

なお、アラベスクのCDは現在、日本では入手困難。ただし、ショパン録音は全てハイペリオンから2008年に再発売されており、こちらは入手が比較的容易である。

外部リンク[編集]