レフ・オボーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レフ ニコラーエヴィチ オボーリン
Lew Oborin.jpg
基本情報
生誕 (1907-11-11) 1907年11月11日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
死没 (1974-01-05) 1974年1月5日(66歳没)
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

レフ・ニコラーエヴィチ・オボーリンロシア語: Лев Николаевич Оборинラテン文字転写の例:Lev Nikolayevich Oborin, 1907年11月11日 モスクワ - 1974年1月5日)はソビエト連邦ピアニストである。教育者としても著名な存在であり、ウラディーミル・アシュケナージなど多くの優秀な弟子を世に送り出した。

経歴[編集]

モスクワのグネーシン音楽学校に学び、ミハイル・グネーシンの姉でフェルッチョ・ブゾーニの高弟エレーナ・グネーシナピアノを、アレクサンドル・グレチャニノフ作曲を師事し、かなりの優等生となる。

1921年に許されてモスクワ音楽院に入学。ピアノ科と作曲科に籍を置き、コンスタンチン・イグームノフの薫陶を受ける。1926年にピアノ科を修了。1927年の第1回ショパン国際ピアノコンクールに出場して優勝した。イグームノフの推挙でワルシャワに行き、ショパン・コンクールの第1位を獲得。その後ポーランドドイツで演奏旅行を行う。1945年までロシア国内で積極的な演奏活動を行うのと併行して、1948年より母校モスクワ音楽院で教鞭を執った。主要な門人にウラディーミル・アシュケナージエカチェリーナ・ノヴィツカヤ、ディミトリー・サハロフ、アレクサンドル・バフチエフ、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、アンドレイ・エゴロフ、ペーター・レーゼル野島稔などがいる。

盟友ダヴィッド・オイストラフとは1935年に初めて演奏会で共演し、その後も終生さまざまなかたちで協力関係を保った。なかでもオイストラフと組んでフィリップスに録音したベートーヴェンヴァイオリンソナタの演奏は歴史的名盤に数えられている。1941年にオイストラフのヴァイオリンスヴャトスラフ・クヌシェヴィツキーチェロとによってオイストラフ三重奏団を結成し、国際的な名声を得たものの、クヌシェヴィツキーが1963年に他界したため解散を余儀なくされた。

ミャスコフスキープロコフィエフハチャトゥリアンシェバリーンショスタコーヴィチなど、同時代の作曲家の作品のいくつかを初演している。

第4回および第5回ショパン国際ピアノコンクールリーズ国際ピアノコンクールで審査員を務めたほか、モスクワリスボンパリツヴィッカウのコンクールでも審査員に名を連ねた。

脚注[編集]