内田光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
内田光子
生誕 (1948-12-20) 1948年12月20日(69歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県熱海市
学歴 ウィーン音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
レーベル ユニバーサルミュージック
公式サイト Mitsuko Uchida

内田 光子(うちだ みつこ、Dame Mitsuko Uchida DBE、1948年12月20日 - )は、静岡県熱海市生まれ、英国籍のピアニストユニバーサルミュージック所属。

略歴[編集]

早年期[編集]

お茶の水女子大学附属小学校在学中、桐朋学園の「子供のための音楽教室」にて、松岡貞子に学ぶ[1]。父内田藤雄外交官であったため、12歳で渡欧。1961年からオーストリアウィーン音楽院リヒャルト・ハウザーに師事する。同時期に、留学中の寺田悦子が同音楽院に在籍し、互いに切磋琢磨したという。その後も、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリヴィルヘルム・ケンプステファン・アスケナーゼニキタ・マガロフ[2]らの薫陶を受ける。 その後、一時帰国するが、再び渡欧。 ロンドンでは一時、マリア・クルチオなどにも師事する[3]

ロンドンから世界へ[編集]

1971年、英国ウィグモア・ホールでの演奏会にて、ロンドン・デビュー。1972年に拠点をロンドンに移す。ヨーロッパを中心に活動するが、1970年代は不遇の時代であった。東芝EMIなどで細々と録音していたが、大手レコード会社からのオファーは全くなかった。日本では、演奏会を開くことすらままならず、両親がチケットを売りさばくことに苦心していた。本人は「私は日本の音楽大学を出ていなかったから…」と当時を振り返っていた。自主開催や労音などの地方公演、恩師である松岡貞子の配慮で開催していた科学技術館・サイエンスホールにおける公開レッスンなど、金銭面では有難かったが非常に不本意な時代だったと回想している。

1982年東京文化会館小ホール、そしてロンドンのウィグモア・ホールでのモーツァルト「ピアノ・ソナタ連続演奏会」は「ウチダの火曜日」とロンドンの批評家から絶賛を浴び、一躍、楽壇の寵児となる。続いて1984年に、イギリス室内管弦楽団を自ら指揮しつつ演奏したモーツァルトピアノ協奏曲の全曲演奏会を契機に、フィリップスにモーツァルトのピアノ・ソナタとピアノ協奏曲を全曲録音。これら一連のチクルスは空前の大成功を収め、これを契機に長い不遇の時代を経て名実ともに国際的な名声を不動のものとする。それまでの彼女はバルトークのピアノ協奏曲第3番を演奏[4]するなどレパートリーの照準が定まらなかったが、この名声を経て前期ロマン派以前にレパートリーを絞り込む。1983年エリザベート王妃国際音楽コンクールの審査員を務めた。

世界のUchidaとして[編集]

1984年小澤征爾の指揮するベルリン・フィル定期演奏会にバッハピアノ協奏曲メシアン異国の鳥たちを弾いてデビュー。それ以降、国際メジャー・オーケストラの定期演奏会、そしてザルツブルク音楽祭プロムスタングルウッド音楽祭ルツェルン音楽祭などの世界的音楽祭の常連となった。 1991年、満を持して殿堂カーネギー・ホールにてデビューリサイタル。1999年にGreat Pianists of 20th Centuryシリーズに日本人で唯一の選出。最近では、子どものための演奏会、室内楽、マスタークラス、そして若手音楽家への支援に力を注いでいる。ボルレッティ=ブイトーニ財団の評議員をつとめ、リチャード・グードと共同でマールボロ音楽祭のディレクターもつとめている[5]

受賞歴[編集]

プライベート[編集]

1972年以来、ロンドンに居住。私生活上でのパートナーは、「世界最高の知性100人」にも選ばれた、EU理事会対外・政治軍事総局長であるロバート・クーパー[17]。美学的理由につき、現在は一切の国際コンクール審査員を断り続けている。

脚注[編集]

  1. ^ 松岡貞子さん死去 桐朋学園大名誉教授”. 共同通信 (2010年12月20日). 2013年7月21日閲覧。
  2. ^ 彼らはショパン国際ピアノコンクールほかの国際コンクールの審査員の常連である。
  3. ^ Maria Curcio”. The Telegraph (2009年4月7日). 2013年7月21日閲覧。
  4. ^ フィリップス社のモーツァルトピアノソナタ集に内田が寄せたコメントから。日本盤のみ冊子封入。
  5. ^ a b BIOGRAPHY - 内田光子”. Universal Music Japan. 2013年7月21日閲覧。
  6. ^ 1位なし
  7. ^ a b c d ピアニスト内田光子さんに大英帝国勲章”. 朝日新聞DIGITAL (2009年6月13日). 2013年7月21日閲覧。
  8. ^ この年はジェフリー・スワンが本選に進めなかったばかりかDistinctionsももらえないということで、聴衆が暴動を起こした。
  9. ^ 1位なし本選会5人同列2位
  10. ^ 過去の受賞者 サントリー音楽賞”. SUNTORY. 2013年7月21日閲覧。
  11. ^ 森光子さんらに文化勲章 文化功労者には長嶋さんら”. asahi.com (2005年10月28日). 2013年7月21日閲覧。
  12. ^ Oxford announces honorary degrees for 2009” (2009年2月5日). 2009年7月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月21日閲覧。
  13. ^ Past Winners Search”. Grammy.com. 2013年7月21日閲覧。
  14. ^ Pianist Mitsuko Uchida given classical honour”. BBC (2012年5月4日). 2013年7月21日閲覧。
  15. ^ ドロテア・レシュマンのアルバム『シューマン リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク 初期の7つの歌』でピアノ伴奏
  16. ^ “内田光子さんにグラミー賞=世界的ピアニスト、2度目の栄誉”. 時事ドットコム (時事通信社). (2017年2月13日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021300227&g=soc 2017年2月13日閲覧。 
  17. ^ Matthew Bell: The IoS Diary”. The Independent (2009年6月14日). 2013年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]