ステファン・アスケナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ステファン・アスケナーゼStefan Askenase, 1896年7月10日 - 1985年10月18日)はポーランド生まれのベルギーユダヤ系ピアニストマルタ・アルゲリッチ内田光子の師。

生涯[編集]

ガリツィア(現ウクライナ領)のレンベルク(現リヴィウ)に生まれる。カロル・ミクリの弟子だった母に5歳からピアノの手ほどきを受ける。フランツ・クサーヴァー・モーツァルトW・A・モーツァルトの息子)の弟子のクサヴェラ・ザハリャシェヴィチに7歳から師事。次いで、レンベルクのルドヴィク・マレク音楽院の教授にして院長であるテオドール・ポラックに師事。1913年ウィーンへ移住し、1914年から1915年にかけてフランツ・リストの高弟エミール・フォン・ザウアーに師事。

第一次世界大戦に従軍した後、1919年にウィーンでデビュー。1920年には、ワルシャワの国立フィルハーモニー(Filharmonii Narodowa)でシューマンブラームスショパンピアノ協奏曲を弾いてデビューを飾る。批評家のフランツィシェク・ブジェジィンスキは「完璧なテクニック、的確な暗譜力、驚くべきピアノ・トーンの感覚、華麗な打鍵、そして何よりも並外れた才能と心を打つ解釈──これら全ての要素が、この若きピアニストを従来のヴィルトゥオーゾたちと肩を並べる地位へ一気に押し上げた。将来が極めて有望である」と評した。

ウィーンとワルシャワでの成功の後、オーストリアドイツフランスで演奏旅行をおこなう。1922年から1925年までカイロの音楽院の教授。1927年ブリュッセルへ移住し、1967年までブリュッセル王立音楽院で教鞭を取る。教育活動の傍ら、全欧や北米アフリカなど世界各地へ演奏旅行を行う。

D・スカルラッティバッハショパンモーツァルトハイドンベートーヴェンシューマンシューベルトブラームスアルベニスの作品に対する解釈で名高い。

1965年には芸術音楽協会を設立して、ライン河畔ローラントゼックの古い駅舎を改装し、ピエール・フルニエヘンリク・シェリングサルバドール・ダリ、そしてアスケナーゼ自身といった芸術家たちのスタジオ会場として使用した。ケルンボンでは、ピアニストたちのために夏のマスタークラスで教鞭を取る。1955年から1960年まで、ワルシャワのショパン国際コンクールで審査員を務める。1981年には85歳の誕生日を祝し、全欧で85回の演奏会を開いた。西ドイツで死去。